サポートセンターホーム


ConnectWiseモニタリング

概要

ConnectWiseは、ITソリューションプロバイダー向けのCRMソフトウェアです。 LogicMonitorのConnectWiseパッケージを使用すると、チケットメトリック(作成されたチケット、古いチケット、オープンチケット、クローズされたチケットなど)、販売機会メトリックなど、ConnectWiseの機能の多くの側面(クラウドまたはオンプレミス)を監視できます。請求データ。

注意: 包括的なConnectWise監視を提供することに加えて、LogicMonitorはConnectWiseとシームレスに統合して、監視対象デバイスからのアラートに基づいてチケットを自動的に作成することもできます。 ConnectWiseのすぐに使用できるアラート統合の詳細については、を参照してください。 ConnectWise統合.

互換性

LogicMonitorのConnectWiseパッケージは、次のバージョンのConnectWiseAPIと互換性があります。

  • REST API(v3)
  • SOAP API(v1.5、v2.0)

ConnectWiseがAPIの新しいバージョンをリリースすると、LogicMonitorは必要に応じてカバレッジをテストおよび拡張します。

セットアップ要件

LogicModulesをインポートする

LogicMonitorリポジトリから、にリストされているすべてのConnectWiseLogicModuleをインポートします。 パッケージ内のLogicModules このサポート記事のセクション。

監視にホストを追加

ConnectWiseホストを監視に追加します。 オンプレミスのConnectWiseホストがない場合(つまり、クラウドでホストされているバージョンを使用している場合)、カスタムプロパティの割り当てを介してLogicModuleを適用するデバイスを選択します(次のセクションで説明します)。 LogicMonitorはの値を使用します connectwise.companysite (REST API)または コネクトワイズ.カンパニー (SOAP API)APIリクエストの送信先を決定するプロパティ。

clientIdを生成します

2019年XNUMX月、ConnectWiseはclientIdsの要件を導入しました。 これらは、すべての統合でLogicMonitorに必要な一意のGUIDです。 ConnectWiseは通常、clientIdを共有しないことを義務付けていますが、LogicMonitorの統合は例外です。 ConnectWiseの開発者向けドキュメント.

clientIdを生成するときは、次のようにConnectWiseのGenerating aclientIdダイアログに入力します。

  • 統合名。 統合名として「LogicMonitor-LogicModules」と入力します。
  • 説明。 clientIdの目的を説明する詳細な説明を追加します。
  • 統合タイプ。 現在地に最も近い プライベート 統合タイプとしてのオプション。
  • 製品。 から「管理」を選択します 製品 フィールドのドロップダウンメニュー。

clientIdの生成の詳細については、 clientIDセクション ConnectWiseの開発者向けドキュメントの

LogicMonitorリソースのプロパティを設定する

ConnectWise APIに正常にアクセスするには、LogicMonitorが適切な資格情報と設定を提供する必要があります。 次のXNUMXつのセクションで強調表示されているように、これらの資格情報と設定は、RESTまたはSOAP APIのどちらにアクセスしているかによって異なり、LogicMonitor内のConnectWiseホストのプロパティとして入力する必要があります。 LogicMonitorでのプロパティ設定の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

ConnectWise RESTAPIに必要なプロパティ

ConnectWiseホストで次のプロパティを設定して、RESTAPIを介した監視を開始します。

プロパティ

system.categories 「ConnectWiseV3」を追加します(この値は、system.categoriesプロパティのカテゴリとして手動で追加する必要があります)
connectwise.companysite ConnectWise会社のサイト
connectwise.companyloginid 会社名
connectwise.clientid ConnectWiseがすべての統合に必要とする一意のGUID。 clientIdを作成する手順については、前のセクションを参照してください。
connectwise.public.key REST APIの公開鍵と秘密鍵(を参照) ConnectWiseのドキュメント 公開鍵と秘密鍵の生成についての情報)
connectwise.private.key

ConnectWise SOAPAPIに必要なプロパティ

ConnectWiseホストで次のプロパティを設定して、SOAPAPIを介した監視を開始します。

プロパティ

system.categories 「ConnectWise」を追加します(この値は、system.categoriesプロパティのカテゴリとして手動で追加する必要があります)
コネクトワイズ.カンパニー 会社名
connectwise.login ConnectWise SOAPAPIのユーザー名
コネクトワイズ.パス ConnectWise SOAPAPIのパスワード
コネクトワイズ.バージョン ConnectWise SOAP APIバージョン(「1.5」または「2.0」)

パッケージ内のLogicModules

ConnectWise用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 次にリストされているLogicModuleの大部分は、ConnectwiseのREST APIで使用するように設計されていますが、ConnectwiseのSOAP APIで引き続き使用できるレガシーデータソースがいくつかあります(下の表のAPI列を参照)。

表示名

種類

API

製品説明

ConnectWise製品情報 プロパティソース REST バージョン、クラウド、オンプレミス、サーバーのタイムゾーン情報など、さまざまなメタデータを収集します。
会社概要 データソース REST 会社の連絡先とサービスチケットのメトリックを監視します。
会社の営業活動 データソース REST すべてのConnectWise企業と営業活動の数を一覧表示します。
請求書 データソース REST 開いているすべてのConnectWise請求書を期日と値とともに一覧表示します。
セールスオペレーション データソース REST 販売機会の時間情報。
代表者による営業活動 データソース REST 各営業担当者のオポチュニティステータスの合計。
ステータス別の販売オペレーション データソース REST ステータスごとに販売機会の数を監視します。
サービスボードによる古いチケット データソース REST 開いているが過去5日間に更新されていない古いチケットの数を監視します。
会社別チケット概要 データソース REST すべてのアクティブなConnectWise企業と、オープン/クローズ/合計チケット数を、いくつかの平均時間メトリックとともに一覧表示します。
サービス委員会によるチケットの概要 データソース REST すべてのConnectWiseサービスボードとオープン/クローズ/合計チケット数を、いくつかの平均時間メトリックとともに一覧表示します。
サービス委員会によるチケットの概要(子供なし) データソース REST すべてのConnectWiseサービスボードとオープン/クローズ/合計チケット数を、いくつかの平均時間メトリックとともに一覧表示します。 子チケットはフィルタリングされます。
チケット所有者によるチケットの概要 データソース REST すべてのConnectWiseチケット所有者とオープン/クローズ/合計チケット数を一覧表示します。
サービスボード別のチケットステータス データソース REST サービスボードごとにConnectWiseチケットのステータスを監視します。
サービスボードによる応答時間のないチケット データソース REST 開いているが応答時間がないチケットの数を監視します。
サービスボード別のチケットタイプ データソース REST 各サービスボードのチケットタイプの数。
ConnectWise Service Board Stats(SOAP) データソース 石鹸 ConnectWiseサービスボードチケットの統計
担当者によるConnectWiseチケット解決統計(SOAP) データソース 石鹸 代表者ごとのチケット解決統計は、最近クローズされた10枚のチケットの平均です。
担当者別のConnectWiseチケット統計(SOAP) データソース 石鹸 アクティブなConnectWise担当者ごとのチケット統計。
ConnectWiseチケットステータス統計(SOAP) データソース 石鹸 さまざまなチケットステータスから収集された統計。

この統合パッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で