サポートセンターホーム


ダッシュボードレポート

概要

ダッシュボードレポートを使用すると、ダッシュボードスナップショットを(XNUMX回限り、または選択したスケジュールを使用して定期的に)関係者に送信できます。 これは、LogicMonitorプラットフォーム内のダッシュボードにアクセスできないユーザーに、環境の状態の瞬間的なメトリックを配布する場合に特に役立ちます。

ダッシュボードレポートは、WebページのURLとして配布されます。 これらのURLは、ダッシュボードへの読み取り専用アクセスを提供し、XNUMX日後に期限切れになります(これは、LogicMonitorがこれらのURLを生成するために使用するAWS認証テクノロジーの制限です)。

注意: で説明されているように、開いているダッシュボードから直接ダッシュボードスナップショット共有を構成することもできます。 ダッシュボードの共有とエクスポート/インポート.

ダッシュボードレポートの作成

新しいダッシュボードレポートを作成するには、に移動します レポート| 追加| レポート| ダッシュボードレポート。 [新しいレポートの開始]ダイアログから、次の設定を構成します。

  • ダッシュボードの選択: ドロップダウンメニューから、レポートとして共有するダッシュボードを選択します。
  • タイトル: 受信者に表示されるレポートのタイトル。 このフィールドは、デフォルトで、選択したダッシュボードの名前になります。 必要に応じて、タイトルを変更できます。
  • 説明: ダッシュボードレポートの簡単な説明。 ベストプラクティスとして、説明にはレポートの範囲、内容、およびスケジュールの概要を含める必要があります。
  • グループ: ダッシュボードレポートを割り当てるレポートグループを選択します。 関連する環境(つまり、特定のオフィス/データセンターの場所、関連する受信者など)に基づいてレポートを整理すると便利です。 新しいレポートグループを作成する場合は、「グループ」フィールドの右側にある「追加」アイコンを選択します。
  • 時間範囲: このレポートがダッシュボードからデータを取得する時間範囲。 ダッシュボードの各ウィジェットは、このフィールドで指定された時間範囲を反映するように構成されます。
  • レポートスケジュール: [このレポートをスケジュールに従って生成する]チェックボックスをオンにすると、このレポートが生成されて受信者に送信される定期的な日時を指定するように求められます。 このレポートを手動で生成する場合は、このボックスをオフのままにします。
  • メールの受信者: このフィールドは、[このレポートをスケジュールに従って生成する]チェックボックスを選択した場合にのみ表示されます。 LMアカウントのユーザーに関連付けられているすべての電子メールは、自動提案として表示されます。 外部メールを手動で追加することもできます。 このレポートを定期的に生成しない場合は、レポートを実行して、レポートのURLを介してユーザーに送信する必要があることに注意してください。

これらの各フィールドを構成したら、[ 。 レポートを実行するように求められます。 そうすると、自動保存されます。

ダッシュボードレポートの作成

ダッシュボードレポートの受信

生成されると、指定された受信者は、次の図のような電子メールを受信します。

注意: 添付ファイルを直接クリックすると、ほとんどのWebメールクライアントで表示が歪んでしまいます。 正確に表示するには、「ここをクリック」の埋め込みリンクをクリックするか、添付ファイルをダウンロードしてください。

注意: ダッシュボードレポートのURLはXNUMX日後に期限切れになります。 これは、LogicMonitorがこれらのURLを生成するために使用するAWS認証テクノロジーの制限です。

記事上で