サポートセンターホーム


OpsNotesを更新する

LogicMonitorのRESTAPIを使用して、アカウントのOpsNotesを更新できます。

すべてのAPI呼び出しと同様に、 認証が必要です.

 

HTTPメソッド:PUT

URI:/ settings / opsnotes / {id}

リクエストパラメータ:

プロパティ

商品の説明

必須?

種類

注意 メモメッセージ あり 文字列 「注」:「1.0.0から1.2.4へのソフトウェアアップデート」
起こったOnInSec ノートに関連付けられた日付と時刻(エポック秒形式) いいえ。デフォルトは現在の時刻です。 整数 「happenOnInSec」:1488826440
スコープ メモに関連付けられているスコープ。 スコープのないメモは、アカウント内のすべてに表示されます。 各スコープオブジェクトには、タイプ(device、service、deviceGroup、serviceGroup)が必要です。 グループスコープの場合、groupIdを指定する必要があります。 デバイス/サービススコープの場合、deviceId / serviceIdを指定する必要があり、オプションでgroupIdを含めることができます。 いいえ。デフォルトはスコープなしです。 JSONオブジェクト “ scopes”:[{“ type”:” device”、” deviceId”:56}、{“ type”:” service”、” serviceId”:87、” groupId”:74}]
タグ メモに関連付ける必要のあるタグ。 各タグには一意のIDと名前があります。新しいタグまたは既存のタグの名前、または既存のタグのIDを含めることができます。 いいえ。デフォルトはタグなしです。 JSONオブジェクト “ tags”:[{“ name”:” release”}、{“ name”:” upgrade”}]