Jira Service Management 統合のセットアップ

最終更新日: 31 年 2023 月 XNUMX 日

Jira Service Management との統合には、LogicMonitor ポータルでの設定が含まれます。 これらの設定は、Jira Service Management Cloud REST API を使用して LogicMonitor と Jira インスタンス間の通信を確立し、LogicMonitor アラートに基づいて Jira インシデントの動作を構成できるようにします。

また、設定を使用して双方向通信を確立し、Jira が Jira Webhook を利用して LogicMonitor アラートを確認できるようにすることもできます。 これには、Jira Service Management インスタンスに追加する LogicMonitor からの API トークンの生成が含まれます。

統合がセットアップされたら、Jira Service Management 統合設定を使用して、LogicMonitor と Jira プロジェクト間のアラート配信をテストできます。

設定を構成すると、Jira Service Management 統合のインスタンスが XNUMX つ作成されます。 環境に必要な数のインスタンスを構成できます。

Jira Service Management と統合するための要件

LogicMonitor ポータルで Jira Service Management 統合を設定するには、Atlassian アカウントから次の情報が必要です。

重要: LogicMonitor が Jira プロジェクトのインシデントを管理 (作成、更新、クローズ) できるようにするには、デフォルトの Jira インシデント ステータスとワークフローを使用する必要があります。

LogicMonitor での Jira Service Management 統合のセットアップ

  1. LogicMonitorで、次の場所に移動します 設定 > 統合。
  2. 選択 Add.
  3. ノーザンダイバー社の 新しい統合を開始 ペイン、選択 Jiraサービス管理.
  1.  統合情報 設定で、Jira Service Management 統合の名前と説明を入力します。
    名前に入力した値は、統合のリストに表示されます。
  2.  Jira Service Management の認証 設定するには、次の手順を実行します。
    1.  サーバー フィールドに、Jira Service Management サーバーの URL を入力します。
    2.    フィールドに、Atlassian アカウントに関連付けられているメール アドレスを入力します。
    3.  パスワード  フィールドに、Atlassian アカウントで作成した API トークンの値を入力します。
    4. 選択 ブランド.

      また, Jira Service Management インシデントのデフォルト LogicMonitor が Jira に認証された後に設定が表示されます。
  3.  Jira Service Management インシデントのデフォルト 設定するには、次の手順を実行します。
    1.  プロジェクト名で、LogicMonitor アラートに基づいてインシデントを作成する Jira インスタンスのプロジェクトを選択します。
    2.  インシデントタイプで、LogicMonitor アラートに基づいて Jira プロジェクトで作成するインシデントのタイプを選択します。
    3.  JSMステータス 設定を使用して、LogicMonitor アラート ステータスにマップする Jira のステータスを選択します。
      たとえば、Jira ステータス「調査」を「承認」LogicMonitor アラート ステータスにマッピングできます。 これにより、インシデントが Jira プロジェクトで調査ステータスに移行したときに、LogicMonitor アラートが確認済みとして自動的にマークされます。
    4. 選択 配信オプションの生成.

      また, HTTP 配信設定 事前入力された設定として表示されます。
  4. 修正します HTTP配信 必要に応じて設定します。 詳細については、次を参照してください。 カスタムHTTP配信.

注: HTTP 配信設定は、さまざまなアラート アクティビティのデータで事前定義されています。

  1. 選択 アラートステータスを更新するときに、HTTP応答で提供されるIDを含めます 新しいアラートに関連付けられた HTTP リクエストに応答して、Jira インシデントの ID を返します。
  2. 選択 Save.

Jira Service Management を有効にして LogicMonitor アラートを確認する

Jira Webhook を利用して、Jira が LogicMonitor アラートを確認できるようにすることができます。 Jira インスタンスで Webhook を構成する前に、Webhook の登録に使用する LogicMonitor から API トークンを生成する必要があります。 詳細については、アトラシアンの Webhooks 開発者向けドキュメント。

  1. LogicMonitorで、次の場所に移動します 設定 > インテグレーション.
  2. 選択 管理  LogicMonitor アラート確認を有効にする Jira Service Management 統合用。
  3.  生成する APIトークン.
    Jira インスタンスに Webhook を登録するために使用できる API トークンの値を含むメッセージが表示されます。
  1. アトラシアンの API トークンを使用して Jira Service Management インスタンスに API トークンを追加します。 Webhooks Webhook を登録するための開発者向けドキュメント。

推奨事項: API トークンを安全に保存し、LogicMonitor ポータルから Jira Service Management インスタンスに転送してください。 メッセージを閉じると、生成された API トークンにアクセスできなくなります。

重要: Webhook を Jira に登録するときは、課題関連のイベントに対して次の JQL クエリを指定する必要があります。
issuetype = "System [Incident]" AND status = "Work in Progress"

Jira サービス管理のテスト

Jira Service Management アラート配信をテストすることで、LogicMonitor が Jira Service Management でインシデントを作成できることを確認します。

注: アラート配信をテストしても、Jira Service Management から LogicMonitor への通信はテストされません。

  1. LogicMonitorで、次の場所に移動します 設定 > 統合。
  2. 選択 管理  アラート配信をテストする Jira Service Management 統合の場合。
  3.  アラート配信のテスト.

応答が受信されたかどうかを示すメッセージが表示されます。 統合の構成によっては、Jira インシデントの ID を含む情報をメッセージに含めることができます。

記事上で