サポートセンターホーム


デバイスグループの追加

概要

デバイスグループを使用すると、LogicMonitorでデバイスとクラウドリソースを整理して、管理を大幅に容易にし、アラートしきい値、ダッシュボード、レポート、アラートルーティング、およびデバイスプロパティを構成する時間を節約できます。 で説明したように デバイスグループの概要、LogicMonitorでデバイスとクラウドリソースを戦略的にグループ化する方法はたくさんあります。

デバイスグループの構成

新しいデバイスグループの作成を開始するには、 リソース| 追加| グループ| デバイスグループ。 開いた[デバイスグループの追加]ダイアログには、次に説明するように、提供する必要のあるいくつかの情報があります。

お名前

メディア お名前 フィールドに、新しいデバイスグループに名前を割り当てます。 この名前はリソースツリーに表示され、レポート、ダッシュボード、およびアラートの参照として使用されます。

注意: 同じグラフまたはレポートで参照する必要があると予想される同様の性質のグループがある場合は、後でLogicMonitorのglob式のサポートを利用できるように、同様のグループプレフィックスを使用することをお勧めします。 globサポートの詳細については、を参照してください。 アカウント全体でGlobを使用する.

注意: デバイスグループ名には、にリストされているように、データポイント式で使用される演算子と比較関数を含めることはできません。 複雑なデータポイント。 さらに、デバイスグループ名には、ベストプラクティスとして、次のフィルター予約文字列を含めないでください。 :::, :, !::, !~, ~, >:, <=, !:, >, <。 これらの文字列を使用すると、ダッシュボードウィジェット内のデバイスグループまたはデバイスグループに従ってフィルタリングするその他の機能でフィルタリングするときにエラーが発生する可能性があります。

製品説明

メディア 製品説明 フィールドに、詳細なグループの説明を入力します。 この説明は、リソースツリーのグループ名にカーソルを合わせると表示されます。

アラートを有効にする

デフォルトでは、 アラートを有効にする チェックボックスが選択されています。 アラートが有効になっている場合、グループ内のデバイスまたはクラウドリソースデータポイントがしきい値を超えた場合にアラートが生成されます。 アラートを無効にすると、アラートを生成せずにデータを収集できます。 アラートは、デバイス/クラウドリソース、データソース、およびデータポイントレベルで無効にすることもできます。

デバイスの自動割り当て

デバイスタイプ、デバイス名、またはLogicMonitorのAppliesToスクリプト言語を利用するカスタムクエリに基づいて、メンバーをこのグループに自動的に割り当てる。 現在アカウントにあるデバイスとクラウドリソース、および将来アカウントに追加されるものは、指定された基準を満たしている場合、この動的グループに割り当てられます。 リソースを動的グループに手動で追加することはできず、自動割り当て基準を満たさなくなると自動的に削除されます。 動的デバイスグループの詳細については、を参照してください。 デバイスグループの概要.

注意: 動的グループを作成するには、ルートレベルでの「管理」権限が必要です。

注意: データソースの関連付けを決定する場合とは異なり、動的グループに自動割り当てされるデバイスを動的に決定する基準(つまり、AppliesToスクリプト)は、ホスト自体のプロパティのみを評価でき、ホストがメンバーであるグループから継承されたプロパティは評価できません。 これは循環参照を避けるためです。 同様の理由で、 システム.グループ クエリ自体がクエリの結果を変更し、無限ループを引き起こす可能性があるため、プロパティは動的グループのAppliesToスクリプトでの使用からも除外されます。

このグループのネットワークフロー分析を有効にする

現在地に最も近い このグループのネットワークフロー分析を有効にする このグループに割り当てられたすべてのデバイスのネットワークトラフィックフローデータの収集を有効にするには、チェックボックスをオンにします。 LogicMonitorを介したネットワークトラフィックフローデータの収集の詳細については、を参照してください。 NetFlowのモニタリングの設定.

親グループ

ノーザンダイバー社の 親グループ フィールドで、新しいグループを親グループに割り当てます。 新しいグループは、以前に作成したグループのサブグループ、または最上位のルートアカウント(つまり、[アカウント名](ルート))のサブグループのいずれかになります。

デフォルトの優先コレクター

ノーザンダイバー社の デフォルトの優先コレクター フィールドに、グループ内のデバイスからデータを収集する責任があるプライマリコレクターを割り当てます。 優先コレクターがフェイルオーバーすると、バックアップコレクターが自動的に割り当てられます。

デバイスとコレクター

を選択していないと仮定します デバイスの自動割り当て 新しいグループを動的グループにするオプション。このセクションのこの機能を使用して、デバイスまたはクラウドリソースをグループに手動で割り当てます。 デバイスを監視しているコレクターも表示されます。

プロパティ

このセクションの機能を使用して、グループレベルでプロパティを割り当てます。 グループレベルで定義されたプロパティは、それらのプロパティがより深いレベル(つまり、サブグループまたはデバイスレベル)で追加で割り当てられていない限り、すべてのグループおよびサブグループメンバーに継承されます。その場合、ここで割り当てられたグループプロパティが上書きされます。 グループまたはデバイスレベルでプロパティを割り当てる方法とその理由の詳細については、を参照してください。 リソースとインスタンスのプロパティ.

既存のデバイスグループの管理

新しいデバイスグループを作成して保存したら、リソースツリーでそのグループに移動してクリックすることで、その構成を編集できます(たとえば、親グループの更新、デバイスの追加/削除、動的グループメンバーシップを決定するクエリの編集など)。 管理 次に示すように、ボタン。

記事上で