サポートセンターホーム


自動タスク統合

概要

LogicMonitorアカウントは、自動タスクと統合するように事前構成されています。 すぐに使用できる統合により、LogicMonitorは、LogicMonitorアラートに基づいて自動タスクチケットを開いたり、更新したり、閉じたりすることができます。

次のセクションで説明するように、自動タスク統合を構成するには、次の主要な手順を実行する必要があります。

  1. LogicMonitorがAutotaskでチケットを作成、更新、および閉じるために使用するAutotaskAPIのみのユーザーアカウントを作成します
  2. LogicMonitor内から自動タスク統合を構成します
  3. アラートルールとエスカレーションチェーンを作成して、アラートデータを自動タスクにルーティングします

自動タスクユーザーアカウントを作成する

Autotaskでチケットを作成、更新、および閉じるには、LogicMonitorが承認されたユーザーアカウントでAutotaskにアクセスできる必要があります。 自動タスクでは、このユーザーがAPIのみのセキュリティレベルが割り当てられたAPIユーザーである必要があります.

ベストプラクティスとして、LogicMonitor APIユーザーアカウントに割り当てるために、Autotaskの組み込みの「APIユーザー(システム)(APIのみ)」セキュリティレベルのコピーを作成することをお勧めします。 これにより、アカウントの権限を、自動タスク統合が適切に機能するために必要な権限だけに大幅にスリム化できます。

重要: ユーザーにAPI追跡識別子を与えないでください。 LogicMonitorの統合コードは現在これをサポートしていません。

最小権限

「APIユーザー(システム)(APIのみ)」セキュリティレベルのより制限的なコピーを作成する場合は、「LogicMonitor APIユーザー」のような名前を付け、次の最小限の権限をそのままにします。

  • セクション:CRM
    • アカウントと連絡先へのアクセス
      • [権限]列のすべてのドロップダウンで[すべて]を選択します。
    • オブジェクトのアクセス許可
      • COVID-XNUMX 構成アイテムとサブスクリプション、[表示]列のドロップダウンから[すべて]を選択します。 他のすべての領域と許可レベルの値は「なし」である必要があります。
    • その他の権限
      • チェック アカウント選択リストとデータセレクターにすべてのアカウントを表示する オプションを選択します。
    • ダッシュボードの表示
      • ドロップダウンから「すべて」を選択します。
  • セクション:サービスデスク
    • オブジェクトのアクセス許可
      • COVID-XNUMX チケット、[列の表示と削除]ドロップダウンから[すべて]を選択します。 [列の追加と編集]ドロップダウンから[はい]を選択します。
      • COVID-XNUMX チケットノート、[編集]列と[削除]列のドロップダウンから[すべて]を選択します。
    • その他の権限
      • この見出しの下にあるすべてのオプションを確認してください。 ディスパッチカレンダーにアクセスできます オプションを選択します。
  • セクション:管理者
    • 機能へのアクセス–次のオプションを確認してください。
      • アプリケーション全体(共有)機能(フルアクセス)
      • あなたの組織
      • アカウントと連絡先
      • サービスデスク(チケット)
    • セクション:WEB SERVICES API
      • チェック WebサービスAPIにログインできます オプション

注意: 上記にリストされているものを除いて、他のすべてのアクセス許可を禁止することをお勧めします。

AutotaskのAPIのみのセキュリティレベルの詳細については、 システムセキュリティレベル のドキュメントで詳しく説明されています)。

自動タスク統合を構成する

自動タスク統合を構成するには、 設定| 統合| 追加| 自動タスク。 表示される[自動タスク統合の追加]ダイアログから、次のセクションで説明するXNUMXつのカテゴリの設定を構成します。

自動タスク認証設定

ダイアログの[自動タスク認証]領域に表示される情報により、LogicMonitorは自動タスクにアクセスできます。 承認情報を入力したら、構成を続行するために承認を検証する必要があります。

注意: 既存の統合構成の資格情報を更新する場合、認証プロセスによって、ペイロードを含む一部の構成がデフォルト値にリセットされることを理解することが重要です。 このため、新しい資格情報を認証する前に後で参照できるように、統合のクローンを作成することを強くお勧めします(特にペイロードをカスタマイズしている場合)。

ゾーン

メディア ゾーン フィールドに、自動タスクWSDLゾーンを入力します(通常、自動タスクURLにあります)。 これは数値でなければなりません。

ユーザー名とパスワード

メディア ユーザー名 影響により パスワード フィールドに、前に作成したAutotaskAPIのみのユーザーに対応するユーザー名とパスワードを入力します 自動タスクユーザーアカウントを作成する このサポート記事のセクション。

ブランド

ストリーミングを停止する場合は上部の ブランド 提供されたゾーン、ユーザー名、およびパスワードを使用して自動タスクへのアクセスを認証するためのボタン。 認証が成功すると、次に説明する[自動タスク設定]セクションが動的に表示されます。

自動タスク設定

ダイアログの[自動タスク設定]領域に表示される情報によって、LogicMonitorが自動タスクでチケットを作成、更新、および閉じる方法が決まります。

アカウント

ノーザンダイバー社の アカウント フィールドのドロップダウンメニューで、チケットを作成する自動タスクアカウントを選択します。

複数のAutotaskアカウント間でチケットを作成、更新、および削除する場合は、 autotask.accountid アラートが別のアカウントでの自動タスクインシデントの作成(または編集)をトリガーする必要があるリソースのプロパティ。 このプロパティの値は、会社名ではなく、アカウントに関連付けられた数値IDである必要があります。

アラートがトリガーされて自動タスク統合にルーティングされると、LogicMonitorは最初に、アラートに関連付けられたリソースにこのプロパティが存在するかどうかを確認します。 存在する場合は、このダイアログで設定された値の代わりにその値が使用されます。

期日

メディア 期日 フィールドに、自動タスクチケットの期日を自動的に設定する必要があるLogicMonitorアラート開始時刻からの日数を表す整数を入力します。

キューID

ノーザンダイバー社の キューID フィールドのドロップダウンメニューで、新しいチケットを作成する自動タスクキューを選択します。

自動タスクの優先順位

[自動タスクの優先度]領域で、LogicMonitorのアラート重大度レベルを自動タスクのチケット優先度レベルにマップして、作成時にどの優先度の自動タスクチケットが割り当てられるかを決定します。 LogicMonitorにはXNUMXつのアラート重大度レベルがありますが、AutotaskにはXNUMXつの優先度レベルがあります。 デフォルトでは、自動タスクの「高」優先度レベルはマッピングから除外されますが、必要に応じてこれをオーバーライドできます。

自動タスクステータス

[自動タスクステータス]領域で、LogicMonitorのアラートステータスを自動タスクのチケットステータスにマップします。 LogicMonitorは、このマッピングを使用して、新しいLogicMonitorアラートに基づいて新しいAutotaskチケットが作成されたときに割り当てられるステータスAutotaskチケットと、LogicMonitorアラートが確認応答、エスカレーション/エスカレーション解除、またはエスカレーション解除されたときにステータスがどのように変化するかを決定します。クリアされました。

配信オプションの生成

[自動タスク設定]セクションで構成を完了したら、[ 配信オプションの生成 ボタンをクリックして、自動タスクチケットの作成と更新を担当するHTTPリクエストのデフォルトセットを生成します。 次に説明するように、HTTP配信セクションが動的に表示されます。

HTTP配信設定

ダイアログの「HTTP配信」領域に表示される情報によって、LogicMonitorが自動タスクでチケットを作成、更新、および閉じる方法が決まります。

リクエストは別のURLに送信されますか?

アラートの確認応答、クリア、エスカレーション/デエスカレーションのHTTPリクエストを、新しいアラートのHTTPリクエストの送信先と同じURLに送信するか、リクエストに異なるアラートデータを使用して送信するかを選択します。 「同じURLとデータを使用してさまざまなアラートアクティビティを通知する」が選択されている場合、 HTTPリクエストは同じURLに送信され(HTTPリクエストを促すアラート更新を選択できます)、毎回同じアラートデータ形式が使用されます。 「異なるURLまたはデータ形式を使用してさまざまなアラートアクティビティを通知する」が選択されている場合、どのアラートステータスの更新がどのURLへのHTTPリクエストをトリガーするか、および各リクエストのアラートデータをどのようにフォーマットするかをマップできます。 各HTTPリクエストの設定フィールドは、両方のオプションで同じです。

デフォルトでは、LogicMonitorは、次の各イベントにXNUMXつずつ、合計XNUMXつの異なる要求を事前入力します。

  • 新しいアラート(アクティブ)
  • 確認済みアラート(確認済み)
  • クリアされたアラート(クリア済み)
  • エスカレーションされたアラート(エスカレートされた)

リクエストごとに、HTTPリクエストをトリガーするアラートステータスを選択できます。 リクエストは、新しいアラート(ステータス:アクティブ)に対して送信され、さらにアラートの確認応答(ステータス:確認済み)、クリア(ステータス:クリア済み)、およびエスカレーション/エスカレーション解除(ステータス:エスカレーション済み)に対して送信できます。 各アラートステータスは、XNUMXつのリクエストにのみ関連付けることができることに注意してください。 LogicMonitorはデフォルトでアラートステータスごとに異なるリクエストを自動入力するため、そのアラートステータスを別のリクエストに含めるオプションを表示するには、リクエストを削除する必要があります。

HTTPメソッド

自動タスク統合のHTTPメソッドはPOSTに制限されています。

URL

HTTPリクエストの送信先となるURL。 このフィールドは、提供した情報に基づいて自動入力されます。

アラートデータ

HTTP POSTリクエストで送信されるカスタムフォーマットのアラートデータ(自動タスクチケットの作成、更新、およびクローズに使用されます)。 このフィールドは自動的に入力され、XML生データに制限されます。 必要に応じて、を使用してアラートデータフィールドをカスタマイズできます トークン.

利用可能なトークン

次のトークンを使用できます。

  • 以下にリストされているLogicModule固有のアラートメッセージトークン LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン.
  • ## ADMIN ##。 アラートがエスカレーションされたユーザー。
  • ##メッセージ##。 アラートメッセージのレンダリングされたテキスト。 このトークンは、関連するすべての確認済み情報(アラートを確認したユーザー、確認済みコメントなど)も渡します。
  • ## ALERTTYPE ##。 アラートのタイプ(つまり、alert、eventAlert、batchJobAlert、hostClusterAlert、websiteAlert、agentDownAlert、agentFailoverAlert、agentFailBackAlert、alertThrottledAlert)。
  • ## EXTERNALTICKETID ##。 自動タスクチケットID。

アラートステータスを更新するときに、HTTP応答で提供されるIDを含めます

LogicMonitorで新しいアラートに関連付けられたHTTPリクエストへの応答で返された自動タスクチケットIDを見つけ、アラートの確認応答、クリア、エスカレーション/デエスカレーションの後続のリクエストでIDを使用する場合は、このオプションをオンにします。 デフォルトでは、このオプションが選択されています。

HTTP応答形式

LogicMonitorが応答で提供されたIDを使用する場合は、応答の形式を選択します。デフォルトでは、このオプションはXMLに設定され、自動タスクチケットIDのXpathが自動入力されます。

アラート配信のテスト

このオプションは、テストアラートを送信して応答を提供し、統合が正しく構成されているかどうかをテストできるようにします。

アラートルールとエスカレーションチェーンの作成

アラートルール 影響により エスカレーションチェーン Autotask統合にアラートデータを配信するために使用されます。 具体的には、トリガーされたアラートがアラートルールに一致し、自動タスク統合を使用してエスカレーションチェーンにルーティングされると、自動タスクアカウントにチケットが作成されます。 その後、アラートが確認、エスカレーション、デエスカレーション、および/またはクリアされたときに、チケットを更新および/または閉じることができます。

Autotask統合のアラートルールとエスカレーションチェーンを構成する場合、Autotask内でチケットが期待どおりに開かれ、更新され、閉じられるようにするために従うべきガイドラインがいくつかあります。 これらのガイドラインについては、 アラート統合の概要.

記事上で