General DeploymentCollector-24.0

GD Collector 24.0は、19年2017月XNUMX日に利用可能になります。このバージョンは、次の必須のCollectorバージョンの基盤となり、 GD 23.0 と同様 EA 23.026, EA 23.076, EA 23.102, EA 23.200、およびXNUMXつのマイナーなバグ修正:

  • Linux Collectorのインストールは、EA23.200でプロキシが使用されたときにタイムアウトしていました。 

GD 23.0と比較して、GD24.0のハイライトは次のとおりです。

新機能:

  • 今すぐ投票 [生データ]タブの機能。 このボタンを選択すると、コレクターはすぐに新しいデータをポーリングします。 トラブルシューティング時には、完全なポーリングサイクルを待ってデータポイントを検証するのではなく、これを使用できます。 「PollNow」はアラート評価に影響を与えず、データはグラフに表示されないことに注意してください。
  • 世界 更新履歴 タブ。 これにより、スケジュールされたコレクターのアップグレードの結果をより詳細に把握できます。 アップグレードに関連する問題の修正が大幅に簡単になります。
  • サポート テストスクリプト v88の機能。
  • このコレクターは最初にサポートします コレクターのダウングレード、つまり、将来のアップグレード(GD 24.0からより高いバージョンへ)は元に戻すことができます。 これは、より多くの初期リリースバージョンを試すための素晴らしい言い訳です。 この機能の詳細は、v90でリリースされます。

改善点:

  • サポート QoSNetflow 改善。
  • AWSSDKをバージョン1.11.93にアップグレードしました。
  • コレクターとLMプラットフォーム間のリモートセッション接続は、以前使用されていたポート443ではなく、ポート5566を介したTLSベースの暗号化を使用するようになりました。
  • ESX接続の改善。
  • 応答時間を短縮し、内部サービスチェックの信頼性を高めるためのいくつかの改善。
  • XenAPIを使用するようにXenサーバーの検出を改善しました。
  • データソースでのインスタンスレベルプロパティ(ILP)によるグループ化では、大文字と小文字が区別されなくなりました。
  • へのサポート PowerShellスクリプトの単一引用符と二重引用符の両方。
  • 最適なパフォーマンスを得るために、collector.script.threadpoolのデフォルト値を増やしました。 

含まれているものの詳細については、個々のEAリリースノート(上記のリンク)を参照してください。