サポートセンターホーム


EAコレクター-23.076

03.23.17に公開

EA Collector 23.026は24年2017月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

改善点:

  • v87およびEA23.076では、コレクターとLMプラットフォーム間のリモートセッション接続は、以前に使用されていたポート443ではなく、ポート5566を介したTLSベースの暗号化を使用します。
  • 世界 Cコレクター アップグレードする前に、wrapper.confで構成の重複や乱れがないかチェックするようになりました。
  • の頻度を減らしました Cコレクターの 8時間ごとから24時間ごとに定期的に再起動します。 これにより、 Cコレクター キャッシュ期間中に再起動し、データを失います。
  • 手動でトリガーされたアクティブディスカバリーは、ルーチンのLogicModuleADよりも優先されるようになりました。
  • !aplist debugコマンドは、APが手動でトリガーされたか(「即時」)、自動的にトリガーされたか(「定期的」)を表示するようになりました。
  • AWSSDKをバージョン1.11.93にアップグレードしました。
  • EA22.276では、内部スクリプトサービスにプロキシを使用できるようにしました。 そのプロキシのユーザー名とパスワードを設定する機能を追加しました。
  • 世界 Cコレクター ホストのオペレーティングシステムがCentos5の場合、このOSはサポートされなくなったため、インストールまたはアップグレードをブロックするようになりました。
  • キャッシュ方法を最適化 Cコレクター 多数のインスタンスについてデータが収集された場合、データが報告されます。
  • XNUMXつ追加しました Cコレクター agent.confへの設定のバッファリング:
    • reporter.persistent.queue.consumer:バッファリングに割り当てるスレッドの数を決定します
    • reporter.persistent.queue.consume.rate:一度にレポートするデータエントリの数を決定します

バグ修正:

  • を引き起こすバグを修正しました Cコレクター SNMPの問題により、プロセスの再起動に通常より時間がかかる場合があります。
  • ある場合には、 Cコレクター デバイスは次のように検出されませんでした Cコレクター デバイス。 これは修正されました。
  • 接続タイムアウト後にESX接続の問題を引き起こすバグを修正しました。
  • 内部サービスチェックがハングし、CPUのスパイクが発生するバグを修正しました。
  • 「/」文字は、内部サービスチェックで適切にエスケープされませんでした。 これは修正されました。