サポートセンターホーム


General DeploymentCollector-23.0

02.07.17に公開

GD Collector 23.0は、8年2017月22.005日に利用可能になります。このバージョンは、次の必須バージョンの基盤となり、MGDXNUMXのすべてと EA 22.050, EA 22.084, EA 22.110, EA 22.142, EA 22.180, EA 22.181, EA 22.227, EA 22.228, EA 22.253, EA 22.276、およびEA 22.276以降のXNUMXつのバグ修正:

  • HTTP HEAD要求を行うように構成されたサービスは、EA22.276で常に正しく機能するとは限りませんでした。

MGD 22.005と比較して、GD23.0のハイライトは次のとおりです。

新機能:

  • LogicMonitorのサポート 内部サービスチェック.
  • コレクターキャッシング –これにより、コレクターがLogicMonitorアカウントにデータを配信できない期間に、コレクターがデータを環境に保存できるようになります。 デフォルトでは、コレクターキャッシュが有効になっており、最大30分のデータをキャッシュするように構成されています。 詳細については、ドキュメントを参照してください。
  • インスタンスレベルのプロパティ –データソースインスタンスレベルでプロパティを設定したり、ActiveDiscoveryを介してプロパティを検出したりできます。
  • コレクターサイズ –異なるサイズは異なるJVM最大メモリサイズに対応し、コレクターが意図した監視負荷を処理するように構成されていることを確認しやすくします。
  • スクリプト出力ログ – debugおよびtraceのcollector.scriptログレベルについて、スクリプトデータ収集とアクティブディスカバリーstdoutおよびstderrをagent / logsディレクトリーに記録するようになりました。
  • EC2インスタンスのAWSタグを見つける –Netscanを介したモニタリングに追加されたEC2インスタンスのAWSタグ値を検出および更新するためのコレクターサポートを追加しました。 プロパティが通常更新される方法と一致して、自動プロパティサブシステムは、これらのプロパティを定期的に自動的に実行および更新します。

アップグレードされた外部ライブラリ:

  • httpclient-4.5.2.jar
  • commons-logging-1.2.jar
  • httpcore-4.4.4.jar
  • コモンズ-コーデック-1.9.jar
  • httpcore-nio-4.4.4.jar
  • httpasyncclient-4.1.1.jar
  • vijavaからyavijava6.0
  • Windows NTPQ.exe
  • AWSSDKからバージョン1.11.56
  • ジャクソンジャーはバージョン2.6.6に
  • MariaJDBCドライバーからバージョン1.4.5

改善点:

  • 場合によっては、HTTP応答時間が不正確に報告され、実際よりも速い応答時間が示されることがありました。 これは、HttpClientとCookieが非同期HTTP収集タスク間で共有されていたためです。 CookieはHTTPタスクごとに保存されるようになり、問題が解決します。
  • 場合によっては、大量のメッセージがログに記録されるようにログレベルを上げると、コレクターが頻繁に再起動していました。 これを修正するために、コレクターがこのような大量のログメッセージを処理する方法を最適化しました。
  • 署名アルゴリズムとしてSHA256withDSAを使用している証明書を持つサイトでは、Webページのデータ収集が機能していませんでした。 これは、JDK8の既知の問題が原因でした。コレクターをにアップグレードしました。 JDK 8u102、問題の修正が含まれています。
  • OpenSSLが1.0.1tにアップグレードされたサーバーでは、ESXデータ収集が機能していませんでした。 これは、JDK 8で使用され、OpenSSL1.0.1tで無効にされた暗号スイートが原因でした。 ESX収集メカニズムに対してのみ、コレクターで関連する暗号スイートを無効にするオプションを追加することで、問題を修正しました。 このオプションはデフォルトで有効になっています。
  • メタスペースのメモリ制限を削除し、Groovyスクリプトでの## WILDVALUE ##構文の処理方法を改善して、必要なメモリ量を減らしました。
  • メモリ不足の例外が原因でコレクタがクラッシュしたときに以前に発生したmdmpファイルの作成を無効にしました。
  • 大量のNetflowトラフィックに対するNetflowの改善。
  • JMX、WMI、HTTP、およびPerfmonのデータ収集が改善され、 コレクター容量 これらのプロトコル用。

このコレクターはCentOS5をサポートしなくなったことに注意してください。

含まれているものの詳細については、個々のEAリリースノート(上記のリンク)を参照してください。