v.170リリースノート

LogicMonitor v.170は、23月8日からXNUMX月XNUMX日までカスタマーポータルに展開される予定です。

June 1、2022で更新されました

    バグ修正:
  • パーセント()関数を使用して仮想データポイントを計算すると、SNMP_Network_InterfacesDataSourcesのインスタンスグラフに「内部エラー」というメッセージが表示される問題を修正しました。

5月に更新30、2022

  • LogicMonitor EA Collector 32.200には、別個のコレクタータイプとしてのMONGOがなくなります。 他のコレクタータイプを使用して、MongoDBリソースを引き続き監視できます。 これが多くのお客様に影響を与えるとは思われません。 詳細については、を参照してください。 MongoDBコレクタータイプの削除に関する通知.

特徴

  • 一般的な更新: CSVでログ検索の結果をダウンロードする機能を追加し、AWS Backup Vaultと保護されたリソースを監視する機能を追加し、ウェブサイトオブジェクトのクォータ制限を追加し、アラートの問題を修正しました。
  • 更新された監視: Cisco UCCX、Google Analytics、Kubernetes、Zoomなどを監視するための新しいLogicModuleが追加されました。

一般的な更新

AI Ops

機能強化

  • 動的しきい値を使用してアラートを定義するための最小および最大境界を指定できるようになりました。

アーガス

機能強化

  • PersistentVolumeClaimsとEndpointsを監視するための新しいダッシュボードが追加されました。

LMクラウド

機能強化

  • AWS FSxリソースを更新して、ARNの代わりにnameプロパティを使用するようにしました。 これは表示名にのみ影響し、実際のホスト名には影響しません。 たとえば、AWS FSxデバイスの名前を設定すると、デフォルトの「region-deviceId」の代わりにその名前が表示されます。 加えられた変更は、適切な名前を設定するためにCloudCollectorで行われました。
  • AWSBackupVaultとAWSBackupProtectedResourcesの両方を監視できるようになりました。 これらの項目を監視すると、バックアップが失敗したときに、どのリソースに対して警告が表示されます。 さらに、TopologySourcesを使用して、リソース、バックアップで保護されたリソース、およびボールト間の接続を視覚化できるようになりました。

LMログ

機能強化

  • LogSourceのクローンを作成して、既存のLogicSourceと同様の機能を持つ新しいLogSourceを作成できるようになりました。
  • ログ検索の結果をCSV形式でダウンロードできるようになりました。 ダウンロードに含まれるデフォルトの最大ログ数は300メッセージです。

プッシュメトリック

機能強化

  • データポイント値で科学的記数法を送信するためのサポートが追加されました。

分散トレース

機能強化

  • ベアラートークンがユーザーポータルでマスクされるようになりました。 ユーザーは、ベアラートークンを安全なボールトまたはパスワードマネージャーに保存する必要があります。

ユーザーインターフェース

バグの修正

  • アクティブとクリアの両方が表示されたときにアラートが正しく並べ替えられないというアラートページの問題を修正しました
  • アラートグラフが正しく表示されない問題を修正しました。
  • アラートフィールドをフィルタリングするために特殊文字を使用できなかった問題を修正しました。

ウェブサイト

機能強化

  • Webサイトグループのクォータ制限に達したときの警告を追加しました。 あなたはあなたの限界を見ることができます 設定>アカウント情報 のページをご覧ください。

バグの修正

  • Webサイトのチェックで間違ったステータスが表示される問題を修正しました。 

LogicModuleリリース

新規および更新されたLogicModuleは、LogicMonitorパブリックリポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除されるLogicModuleを一覧表示します。 LogicModule機能に関連する変更は、一般的な更新の下に一覧表示されます。 

新しいLogicModules

LogicModule名お問い合わせ内容
(7つのデータソース)
Cisco_UCCX_AgentStats
Cisco_UCCX_DailyQueueStatistics
Cisco_UCCX_DatabaseFileStorage
Cisco_UCCX_LatestBackup
Cisco_UCCX_MemoryUsage
Cisco_UCCX_Partitions
Cisco_UCCX_PurgeConfig

(1つのPropertySource)
addCategory_Cisco_UCCX
SSH、API、およびCTIプロトコルを使用してさまざまなUCCXシステム情報とエージェントコール統計を監視するCiscoUCCXの新しい監視。
(2つのデータソース)
Kubernetes_KSM_EndPoints
Kubernetes_KSM_PersistentVolumeClaims
エンドポイントと永続的なボリュームクレームを監視する新しいKubernetes。
(1データソース)
SaaS_Zoom_UserStats
SaaS統合を使用してZoomアカウントの一般的なユーザー統計を報告します。
(1データソース)
Google_Analytics_PageViews
APIを介した新しいGoogleAnalyticsモニタリング。

更新されたLogicModules

LogicModule名お問い合わせ内容
(4つのConfigSources)
PaloAlto_FW_GlobalProtectGateway_ConfigXML
PaloAlto_FW_RunningConfigXML
PaloAlto_FW_VPNGateway_ConfigXML
PaloAlto_FW_VPNTunnel_ConfigXML

(35つのデータソース)
PaloAlto_FW_BGP
PaloAlto_FW_証明書
PaloAlto_FW_DataplaneCores
PaloAlto_FW_Disk
PaloAlto_FW_DroppedPackets
PaloAlto_FW_Fans
PaloAlto_FW_FilterActions
PaloAlto_FW_GlobalPerformance
PaloAlto_FW_HA_Interface
PaloAlto_FW_IPSecTunnelOverview
PaloAlto_FW_IPSecTunnelStats
PaloAlto_FW_Licenses
PaloAlto_FW_Logical_Interface
PaloAlto_FW_OSPF
PaloAlto_FW_Power
PaloAlto_FW_QoS
PaloAlto_FW_QoS_V8 +
PaloAlto_FW_QoS_V9 +
PaloAlto_FW_Reports_TopApplicationCategories
PaloAlto_FW_Reports_TopApplications
PaloAlto_FW_Reports_TopAttackers
PaloAlto_FW_Reports_TopDestinationCountries
PaloAlto_FW_Reports_TopDestinations
PaloAlto_FW_Reports_TopEgressZones
PaloAlto_FW_Reports_TopHTTPApplications
PaloAlto_FW_Reports_TopIngressZones
PaloAlto_FW_Reports_TopRules
PaloAlto_FW_Reports_TopSourceCountries
PaloAlto_FW_Reports_TopSources
PaloAlto_FW_Reports_TopTechnologyCategories
PaloAlto_FW_Reports_TopVictims
PaloAlto_FW_Spec_Interface
PaloAlto_FW_SystemResources
PaloAlto_FW_温度
PaloAlto_FW_ThreatAnalysis
エラーメッセージがAPIキーを明らかにするのを防ぐためのセキュリティの改善。 CertificatesDataSourceでPanorama管理デバイスのサポートが追加されました。
(1データソース)
Cisco_FRU_電源
インスタンスレベルのプロパティSNMPgetクエリを移動してSNMPExceptionをキャッチし、OIDがクエリされていないデバイスで確実に実行できるようにします。 誤って削除されたCiscoバグ修正プロパティを追加し直しました(詳細については、テクニカルノートを参照してください)。
注意: インスタンスプロパティの解析を妨げるSSEのバグのため、CollectorGroovyスクリプトランナーをエージェントに設定する必要があります。
(1データソース)
AWS_Elasticsearch_DataNodes
収集が失敗する原因となったデータポイントのタイプミスを修正しました。
(3つのデータソース)
EMC_SPCache_NaviSecCli
EMC_SPPerformance_NaviSecCli
EMC_SPStatus_NaviSecCli
一部のWindowsデバイスのデータ収集を中断するバグを修正しました。
(1データソース)
Jenkins_BuildStatistics
トラブルシューティングに役立つヌルチェックとより良いデバッグメッセージを追加しました。
(1データソース)
Microsoft_Azure_BackupJobStatus
Azureバックアップジョブの命名規則が改善されました。
(9つのデータソース)
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityGroups
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityReplicas
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseReplicaCluster
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseReplicas
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnDatabaseStatus
Microsoft_SQLServer_データベース
Microsoft_SQLServer_FailoverClusterNodeStatus
Microsoft_SQLServer_GlobalPerformance
Microsoft_SQLServer_Troubleshooter

(2つのPropertySources)
Microsoft_SQLServer_Connections
addCategory_WindowsFailoverCluster
一部のインスタンスがデータを検出および収集するのを妨げていたインスタンス名およびワイルド値の不正な文字を適切に処理するように更新されました。 Microsoft_SQLServer_DatabasesとMicrosoft_SQLServer_GlobalPerformanceにもappliesToの更新があり、以前は監視とアラートの重複を引き起こしていたSQLNodeサーバーを除外していました。
(1データソース)
Microsoft_SQLServer_SystemJobs
二重のレポート/アラート*を防ぐためにSQLノードを除外するようにappliesToを更新しました。 一部のエージェントジョブはSQLテーブルmsdb.dbo.sysjobactivityに書き込みません。これにより、これらのジョブのデータがスキップされました。

注意: これにより、以前にこのモジュールでデータを収集していたSQLノードは適用されなくなるため、履歴が壊れます。
(1データソース)
SilverPeak_System_Status
デフォルト、パススルー、およびパススルーの形状がないトンネルを不良トンネルとしてカウントから除外
(1データソース)
SNMP_Host_Uptime
最近の変更をUptimeAlertクリア間隔に24回の連続ポーリングから即時に戻しました。 これらのアラートの拡張された可視性を確認したいお客様は、アラートルーティングを使用して、再起動について通知されるようにする必要があります。
(1データソース)
Ubiquiti_UniFi_AccessPoints
HTTP処理で問題が発生したときに、適切なスクリプトルーティングを確保するためのキャッチを追加しました。
(4つのデータソース)
VMware_VeloCloud_EdgeHealth
VMware_VeloCloud_EdgeLinkEventQuality
VMware_VeloCloud_EdgeLinkHealth
VMware_VeloCloud_EdgeLinkMetrics

(1 PropertSource)
addCategory_VeloCloudAPI

(1 TopologySource)
VMware_VeloCloud_Topology
キャッシュされたセッションを上書きしていたバグを修正しました。
(2つのPropertySources)
addERI_Cisco_ISIS
addERI_ISIS

(2つのTopologySources)
Cisco_ISIS_Topology
ISIS_Topology
CiscoISISおよびISISトポロジのERI調整は標準形式ではありません
(1つのPropertySource)
addERI_Cisco_UCS

(1 TopologySource)
Cisco_UCS_トポロジー
スクリプトにログアウトを追加しました。
(1つのPropertySource)
addERI_Linux
SSH証明書を使用するデバイスで「VirtualMachineResource」ERTを妨げていたバグを修正しました。
(1つのPropertySource)
addERI_Windows
VirtualMachineResourceERTのバグを修正しました。
(1 SysOIDマップ)
QNAP
QNAPデバイスのsysOIDマップを更新して、sysOID1.3.6.1.4.1.55062のリソースを含めました。
(1 TopologySource)
Networking_L2_snmpSwitch
VLAN処理のトポロジの改善。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

LogicModule名
非推奨/交換
お問い合わせ内容サポートの終了
日付
非推奨:
WinAD

置換:
Microsoft_Windows_AD
WMIクラスをWin32_PerfRawData_NTDS_NTDSからWin32_PerfRawData_DirectoryServices_DirectoryServicesに更新しました。05 / 16 / 2022

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関する発表、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報を確認できます。

MongoDBコレクタータイプの削除に関する通知

将来のLogicMonitorEACollector 32.200リリースでは、別個のコレクタータイプとしてMONGOは使用されなくなります。 このリリースにアップグレードすると、agent.confからすべての「mongo」設定が削除されます。 SCRIPTやDataSourcesなどの他のコレクタータイプを引き続き使用して、MongoDBインスタンスをモニターできます。 詳細については、を参照してください。 MongoDBモニタリング.

CUPAPI非推奨の通知

CUP(顧客、ユーザー、パスワード)APIベースのダッシュボードのサポートは、6月XNUMX日に暫定的に終了して無効になります。 この非推奨は、ダッシュボードの認証と共有にCUPAPIリンクを使用するダッシュボードにのみ影響します。 他のLogicMonitorダッシュボードは引き続き機能します。 CUP APIベースのダッシュボードを使用している場合は、CSMと連携して、RESTAPIまたはSSOベースのダッシュボードに移行します。

Azure China Regions Monitoring Beta

一部のユーザーは、オプトインしてAzureChinaCloudアカウントの監視を開始できます。 LogicMonitorサポートに連絡して、LogicMonitorポータルでこのベータ機能を有効にしてください。 機能を有効にした後:

  1. 新しいクラウドアカウントを追加して、中国がホストする地域に関連付けます。 クラウドアカウント(レガシー) オプションを選択します。
  2. メディア パーミッション タブを選択 中国のアカウント チェックボックスをオンにします。
  3. メディア サービス/製品 タブで、監視する中国の地域を選択します。

さらにサポートが必要な場合は、LogicMonitorサポートにお問い合わせください。 

古いアラートページの削除通知

古いアラートページのサポート(https://accountname.logicmonitor.com/santaba/uiv4/alert)は削除されました。 古いアラートページに関連する問題は解決されなくなり、ページへのアクセスは次のリリースで削除されます。 

最新のアラートページを使用していることを確認するには、をクリックします アラート LogicMonitorナビゲーションサイドバーで、またはLogicMonitorURLに「/uiv4/alerts」を追加します。

記事上で