コレクターグループの概要

最終更新日: 27 年 2023 月 XNUMX 日

概要

コレクターを論理ユニットにグループ化すると、アカウント管理が合理化され、エンドユーザーのアクセス許可設定が簡素化され、効率が向上します。 LogicMonitorは、次のXNUMX種類のコレクターグループをサポートします。

  • 標準コレクターグループ
  • 自動バランスコレクターグループ

標準コレクターグループ

標準のコレクターグループは、主にコレクターの編成を支援します。 たとえば、次の共有特性のいずれかに基づいて、コレクターをグループに編成することを決定できます。

  • 物理的な位置。 複数のデータセンターまたはオフィスにまたがるインフラストラクチャがある場合、場所に基づいてコレクターをグループ化すると、アカウント全体でコレクターを簡単に割り当てることができます(デバイスが追加された場合など)。
  • お客様。 MSPの場合、コレクターを顧客ごとにグループ化すると、特定のコレクターをすばやく簡単に見つけることができ、アカウントに多数のコレクターがある場合のコレクターページの表示がさらに簡素化されます。
  • 環境。 コレクターを開発、QA、本番、またはその他の環境にあるかどうかに基づいてグループ化することをお勧めします。 これにより、グループごとにユーザーロールのアクセス許可を設定して、チームメンバーが適切なアクセス権を持つようにすることができます。

自動バランスコレクターグループ

Auto-Balanced Collector Groups(ABCG)は、組織を超えた機能を提供します。 ABCGのコレクターはデバイスの負荷を共有し、動的なデバイスバランシング、スケーリング、およびフェイルオーバーを可能にします。 自動バランスコレクタグループの詳細については、を参照してください。 自動バランスコレクターグループ.

コレクターグループの作成

コレクターグループを作成するには、に移動します 設定| コレクター| 追加| コレクターグループ。 次に示す(そして説明する)ように、新しいコレクターグループを構成するために確立する必要のあるいくつかの設定があります。

自動バランスコレクターグループ

トグル オートバランスコレクターグループ [コレクターグループの追加]ダイアログの最上部にあるスライダー。コレクターグループの自動バランシングを有効にします。 で説明したように 自動バランスコレクターグループ、自動バランシングを使用すると、コレクターのグループ間でデバイスの負荷を共有できます。

名前と説明

名前 および 説明 フィールドに、新しいコレクターグループの名前と説明を入力します。

カスタムプロパティ

[コレクターグループの追加]ダイアログの[カスタムプロパティ]領域から、コレクターにプロパティを手動で定義して、コレクター関連のアラートメッセージでトークン化することができます。 これは、外部チケットシステムを介してコレクターのダウン、フェイルオーバー、およびフェイルバックアラートをルーティングする場合に特に役立ちます。 たとえば、コレクターの特定のサブセットを担当するチームがオースティンにあると仮定します。 コレクターのXNUMXつがダウンした場合にオースティンチーム​​に適切に通知されるように、次に示すように、これらのコレクターにカスタムプロパティを割り当てることができます。

割り当てられると、プロパティをトークン化して(## team ##)、組織のチケットシステムを介してアラートを適切なチームにルーティングするために使用できます。 トークンは生成時にプロパティ値に置き換えられるため、アラートまたは統合の配信に動的な情報を含めることができます。

高度なオプション

新しいグループを自動バランスコレクタグループとして指定した場合は、[詳細オプション]見出しが表示されます。 で説明したように 自動バランスコレクターグループ、この見出しの下のオプションを使用すると、コレクターのしきい値を再調整できます。

コレクターグループ間でのコレクターの移動

コレクターは、コレクターが追加されたときにコレクターグループに割り当てられます。 LogicMonitorの展開は時間の経過とともに進化するため、新しい組織のニーズに合わせてコレクターをグループ間で移動したり、自動バランスグループを作成したりすることをお勧めします。 コレクターをあるコレクターグループから別のコレクターグループに移動するには、に移動します。 設定| コレクター。 コレクターページから、次のいずれかを行います。

  • 移動するすべてのコレクターの横にチェックマークを付けて選択します アクション| 選択したアイテムをグループに移動します。 これは、一度に複数のコレクターを移動するのに理想的です。
  • コレクターの構成を開き、から新しいグループを選択します コレクターグループ フィールド。

標準コレクターグループと自動バランスコレクターグループ間でのコレクターの移動

コレクターは、標準のコレクターグループのメンバーであるか、自動バランスコレクターグループ(ABCG)のメンバーであるかによって、機能が大きく異なります。 標準グループのコレクターは互いに独立して動作し、それぞれが静的フェイルオーバーコレクターを手動で指定します。 ABCG内のコレクターは、ABCG内の他のコレクターに動的にフェイルオーバーするため、手動で指定されたフェイルオーバーコレクターは必要ありません。 これは、コレクターをこれらXNUMXつのコレクターグループタイプ間で移動するときに重要な違いになり、次の考慮事項に留意する必要があります。

  • 標準のコレクターグループから移動→ABCG。 コレクターを標準のコレクターグループからABCGに移動するときは、次の点に注意することが重要です。
    • コレクターの フェイルオーバーコレクター 指定は破棄されます。 ABCGは、コレクターのフェイルオーバー時に動的リバランスアルゴリズムを採用しています。 コレクター間のXNUMX対XNUMXの手動フェイルオーバー指定に依存しません。
    • 前述のように 自動バランスコレクターグループ、同じABCGに属するコレクターが共有しなければならないいくつかの特性があります。
    • コレクターによって現在監視されているデバイスで、自動バランシングをすぐに有効にするかどうかを決定します。 移動すると、 監視対象デバイスの自動バランス調整を行わない オプション。 また、 自動バランスコレクターグループ、このオプションをオンにすると、デバイスは現在のコレクターに割り当てられたままになり、ケースバイケースでデバイスを手動で有効にして、自動バランシングに参加できるようになります。
  • ABCG→標準コレクターグループからの移行。 コレクターをABCGから標準のコレクターグループに移動する場合、コレクターにはフェイルオーバーの指定がないことを覚えておくことが重要です。 その設定を開き、からXNUMXつを割り当てる必要があります フェイルオーバーコレクター フィールド。

コレクターグループの管理

次に示すように、コレクターグループは[コレクター]ページから編集または削除できます。

注: 前述のように 役割、コレクターグループとデバイスのアクセス許可の組み合わせは、個々のユーザーがアカウント内のコレクターと対話する方法に影響を与えます。

記事上で