サポートセンターホーム


SES

LogicMonitorには現在次のものがあります Simple Email Serviceのパフォーマンスメトリックを監視するためのデータソース:

  1. AWS_SES –インスタンスごとのSES統計を報告します

 

AWS_SES

ソース: クラウドウォッチ

データポイント:

  • バウンス
  • 不満
  • 配達
  • リジェクツ
  • センド
  • 成功率

デフォルトのポーリング間隔: 5分。

追加の構成が必要ですか?: はい、以下を参照してください.

 

デフォルトでは、SESのアカウント全体のメトリクスのみがCloudWatchを介して利用できます。 SESインスタンスごとにメトリックを取得するには、いくつかの構成が必要です。 LogicMonitorで収集するためにSESメトリクスをCloudWatchに送信するConfigurationSetを構築する方法は次のとおりです。

  1. AWSコンソールにログインし、 SES サービス。
  2. 左側で、 構成セット、次に青いボタンをクリックします 構成セットの作成.
  3. それに応じて、次のような名前を付けます カスタム ses-configset-cloudwatch.
  4. 作成したら、ドロップダウンメニューで目的地を追加し、[ クラウドウォッチ.
  5. あなたの目的地を与える お名前.
  6. 有効にします イベントの種類 監視したい(すべてをお勧めします)。
  7. チェック 使用可能 目的地を有効にするボックス。
  8. バリューソース はに設定する必要があります メッセージタグ.
  9. 寸法名 でなければなりません ses:configuration-set.
  10. デフォルト値 作成した構成セットの名前と同じである必要があります。


メトリックを収集するSES電子メールを送信するには、構成セットを使用する必要があります。 これを行う方法の詳細については、以下にあるAWSSESの記事を参照してください。

https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/event-publishing-send-email.html

記事上で