サポートセンターホーム


キネシス

LogicMonitorには現在、Kinesisパフォーマンスメトリックを監視するためのデータソースがXNUMXつあります。

  1. AWS_キネシス – KinesisStreamsのCloudWatchデータを収集します
  2. AWS_Kinesis_Firehose – KinesisFirehoseのCloudWatchデータを収集します

AWS_キネシス

ソース: クラウドウォッチ

データポイント:

  • レコードの取得–経過時間、遅延、成功、スループット、バイト
  • プットレコード–カウント、バイト、レイテンシー、成功

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?: いいえ。 このデータソースは、AWSアカウントで検出されたKinesis Streamインスタンスに自動的に適用され、データの収集を開始します。

AWS_Kinesis_Firehose

ソース: クラウドウォッチ

データポイント:

  • IncomingRecords
  • IncomingBytes
  • PutRecordBatchRecords
  • PutRecordBatchBytes
  • PutRecordBatchRequests
  • PutRecordBatchLatency
  • DescriptionDeliveryStreamLatency
  • DescriptionDeliveryStreamRequests
  • DeliveryToS3Bytes
  • DeliveryToS3Success
  • DeliveryToS3Records
  • DeliveryToS3DataFreshness
  • ステータスコード
  • DeliveryToElasticsearchBytes
  • DeliveryToElasticsearchRecords
  • DeliveryToElasticsearchSuccess
  • DeliveryToRedshiftBytes
  • DeliveryToRedshiftRecords
  • DeliveryToRedshiftSuccess
  • PutRecordBytes
  • PutRecordLatency
  • PutRecordRequests
  • UpdateDeliveryStreamLatency
  • UpdateDeliveryStreamRequests
  • ListDeliveryStreamsLatency

デフォルトのポーリング間隔: 1分

追加の構成が必要ですか?: いいえ。 このデータソースは、AWSアカウントで検出されたKinesis Firehoseインスタンスに自動的に適用され、データの収集を開始します。


 

記事上で