サポートセンターホーム


DynamoDB

LogicMonitorには現在eフォロー中 DynamoDBパフォーマンスメトリクスをモニタリングするためのデータソース:

  1. AWS_DynamoDB –DynamoDB統計を報告します

AWS_DynamoDB

ソース: クラウドウォッチ

データポイント:

  • 消費された読み取りおよび書き込み容量
  • プロビジョニングされた読み取りおよび書き込み容量
  • プロビジョニングされた読み取りおよび書き込み容量の使用率
  • レイテンシーの取得、配置、スキャン、クエリ
  • XNUMX秒あたりの読み取りと書き込み
  • スロットルの読み取りと書き込み
  • XNUMX秒あたりの読み取りおよび書き込みスロットル

デフォルトのポーリング間隔: 5分。 1分の粒度は 一部の指標で利用可能、また、ポーリング間隔を短くして、このより詳細なデータを取得できます(ただし、必要に応じて、1分と5分に集計されたメトリックを、異なるポーリング間隔の異なるデータソースに分離して、データの際にCloudWatchが余分にポーリングされないようにすることをお勧めします。 5分で集計されたメトリクスでは使用できません)。

追加の構成が必要ですか?: いいえ。このデータソースは、AWSアカウントで検出されたDynamoDBインスタンスに自動的に適用され、データの収集を開始します。

AWS_DynamoDB

記事上で