サポートセンターホーム


AmazonConnectのモニタリング

Amazon Connectサービスの統合を監視するには、AWS Connect DataSourceをLMポータルアカウントに追加し、AWSConnectインスタンスを追加する必要があります。

AWSConnectデータソースを追加します

AWS Connect DSは、監視対象のAWSConnectインスタンスごとにAWSCloudWatchによってレポートされたメトリックを収集します。

AWS ConnectデータソースをLMアカウントに追加するには:

1。 案内する 設定| LogicModules | データソース.

2。 クリック 追加 「LogicMonitorリポジトリから」を選択します。

LogicMonitorリポジトリからデータソースを追加する

3. [LogicMonitorリポジトリからインポート]ダイアログで、次のように入力します。 サーバー リポジトリにアクセスするための名前と資格情報。 次に、をクリックします OK.

4. LogicModulesのリストから、「AWS_Connect」を選択します。

リポジトリリストからAWS_Connectを選択します

AmazonConnectインスタンスを追加する

Amazon Connectは自動検出を提供しないため、各AmazonConnectインスタンスを手動で追加する必要があります。

Amazon Connectインスタンスを追加するには:

1.下のAWSアカウントインスタンスに移動します リソース 。 これには次のラベルが付けられます。 アカウント"。

2.アカウントページで、横にある矢印をクリックします 管理 「監視対象インスタンスの追加」を選択します。

[監視対象インスタンスの追加]ダイアログ

3。 下 データソース、「AWSConnect」を検索します。

4。 下 ワイルドカード値、AmazonConnectインスタンスに関連するAWSARNのGUID部分を入力します。

アマゾンコネクトARN

5.設定を保存します。

監視対象のインスタンスからのデータが表示され始めます。

6.インスタンスの[情報]タブで、ConnectインスタンスのAWSリージョンをという名前のプロパティとして追加します aws.region Connectインスタンスの情報をプルするために正しいリージョンが使用されていることを確認します。

記事上で