AWS BillingMonitoring-コストと使用状況レポート

最終更新日: 28 年 2022 月 XNUMX 日

AWS Billing Monitoring –コストと使用状況レポート

LogicMonitorは現在、AWSのコストおよび使用状況レポートを介した請求データのモニタリングをサポートしています。

どのようなデータが監視されていますか?

LogicMonitorは、コストと使用状況レポートの任意のラインアイテムのコストを監視できます。 以下は、すぐに使用できるXNUMXつのデータソースです。

  1. アカウント別コスト(AWS_Billing_CostByAccount)–コストと使用状況レポートにリストされているアカウントIDごとにコストを自動的に監視します
  2. リージョン別のコスト(AWS_Billing_CostByRegion)–コストと使用状況レポートごとにリージョンごとのコストを自動的に監視します
  3. サービス別コスト(AWS_Billing_CostByService)–コストと使用状況レポートにリストされているAWS製品ごとのコストを自動的に監視します
  4. オペレーション別のコスト(AWS_Billing_CostByOperation)–コストと使用状況レポートにリストされているオペレーション別のコストを自動的に監視します
  5. タグ別コスト(AWS_Billing_CostByTag)–インスタンスとして追加されたコスト配分タグ別コストを監視します

必須条件

S3バケット内の請求ファイルへのアクセス

LogicMonitorがAWSアカウントにアクセスするために使用するロールには、レポートにアクセスするための十分な権限が必要です。 以下は、その役割に関連付けられるインラインポリシーです。

{
"Statement": [
    {
      "Action": [
        "s3:GetObject",
        "s3:GetObjectVersion",
        "s3:ListBucket"
      ],
      "Effect": "Allow",
      "Resource": [
        "arn:aws:s3:::S3BUCKETNAME",
        "arn:aws:s3:::S3BUCKETNAME/*"
      ]
    }
 ],
    "Version": "2012-10-17"
}

どこ S3BUCKETNAME 指定したバケットの名前に置き換える必要があります。

新しいAWS請求データソースのインポート

方法については、このトピックを参照してください データソースをインポートする.

コストと使用状況レポートの構成 

コストと使用状況のレポートを構成するには、次の手順を実行します。

1.にログインします AWS コンソール.

2.右上隅にあるをクリックします あなたのユーザーネーム をクリックして 私の請求ダッシュボード.

3.左側のパネルで、をクリックします コストと使用状況のレポート.

4。 クリック レポートの作成 レポートコンテンツページに次の情報を入力します。

  • レポート名
  • 有効にします 追加のレポートの詳細 及び データ更新設定 オプション

5。 クリック .

注意:課金ファイルをLogicMonitorと互換性を持たせるには、Redshiftのサポートが有効になっていることを確認してください。

6. S3バケットページで、レポートパスを入力します。


注意:LogicMonitorで請求先アカウントを設定するときに、S3バケットとレポートパス情報が必要になります。
さらに、コストレポートと使用状況レポートの権限を指定する必要があります。
AWSが提供するサンプルポリシー(バケット名の確認)を使用でき、バケットの[パーミッション]タブでポリシーをバケットに追加できます。

7. Manage Prod AWSに移動し、 請求について タブでを確認できます。

8。 有効にする AWS請求データを監視する オプションを選択します。

9。 入力する S3バケット名 及び レポートパスプレフィックス.

これらの手順を完了すると、アカウントレベルのデバイスの下にサービス、地域、アカウント、および操作のデータソースごとのコストが表示されます。

注意:製品、リージョン、アカウントID、および操作は、カスタムActiveDiscoveryメソッドを介してインスタンスとして動的に検出されます。 詳細については、を参照してください。 AWSデータソースのアクティブディスカバリーメソッド。

AWS多次元データソース

タグデータソースによるコストはマルチインスタンスですが、デフォルトでアクティブディスカバリ(AD)が有効になっていません。 次のいずれかの方法を使用して、インスタンスを追加できます。

1.コストを追跡するタグに対応するインスタンスを手動で追加します。

2. ADを有効にして、タグ値が自動検出され、インスタンスごとにコストが追跡されるようにします。

注意:タグを次のように有効にする必要があります コスト配分タグ コストを監視するために、コストと使用状況レポートにタグを含めます。

インスタンスを手動で追加する

インスタンスを手動で追加するには、次の手順を実行します。

1。 案内する リソース>デバイス>タグインスタンスごとのコストを選択.

2。 から デバイス アイコンのドロップダウンで、 サービスの管理 をクリックし クローン.

3.次の情報を入力します。

  • データソース –「タグ別コスト」データソースである必要があります
  • お名前 –コストを監視するタグ値である必要があります
  • ワイルドバリュー –タグの名前である必要があります コストと使用状況レポートに表示されるとおり、通常は「user:」が前に付き、ユーザー指定のタグを示します

完了すると、数分以内に新しいインスタンスのデータが入力されます。

アクティブディスカバリーと自動ディスカバリーの有効化 

DataSource定義でアクティブ検出とタグ値の自動検出を有効にするには、次の手順を実行します。

1。 案内する リソース>デバイス>コストbtタグインスタンスを選択.

2。 から デバイス アイコンのドロップダウンで、 サービスの管理 をクリックし クローン.

3. [インスタンスの追加]ページで、[ アクティブディスカバリーを有効にする オプションを選択します。

4。 の中に AWS請求レポート属性 フィールドに、「user」というプレフィックスが付いたタグキーを入力します。 (AWSは、ユーザー定義のタグであるため、これをコストと使用状況レポートに追加します)。

注意:指定されたキーのすべての値が検出され、それぞれのコストが監視されます。 したがって、コストを追跡するタグキーごとに異なるデータソースが必要になります。


DataSourceでActiveDiscoveryを有効にする方法については、 AWSCloudWatchメトリクスのアクティブディスカバリーを参照してください.

請求ダッシュボードの作成

LogicMonitorのAWSBillingモニタリングを設定し、データ収集を開始すると、ダッシュボードでこのデータを視覚化できます。 ダウンロード このJSONテンプレート 及び アカウントにインポートします、またはカスタムダッシュボードを作成します。

記事上で