サポートセンターホーム


LogicMonitorアプリケーション用のサービスグラフコネクタ入門

概要

構成管理データベース(CMDB)には、組織のIT環境全体で使用されるハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントに関するすべての関連情報が含まれています。 さらに重要なのは、CMDBがこれらの資産間の関係と相互依存性を定義することです。 これにより、提供されているサービスの理解、管理、およびレポートが簡単になります。

ただし、CMDBは、信頼できるデータを使用している場合にのみ価値があります。 分散システム全体に数千のデバイスが追加されているため、ビジネスに影響を与える問題が簡単にすり抜けてしまいます。

LogicMonitorとServiceNowService Graph Connectorの統合により、ServiceNowCMDBは在庫管理や資産管理を超えて進化します。 LogicMonitorのServiceGraph Connectorを使用すると、ユーザーはシステム全体のデータ収集を合理化できるため、インフラストラクチャからアプリケーションまで、エコシステム全体がどのように機能しているかを一目で理解し、変更が発生するとすぐに通知を受け取ることができます。

その結果、IT組織は、デジタル製品およびサービスのライフサイクル全体を管理するための幅広く深いデータ基盤を利用できます。

LogicMonitorアプリケーション用のサービスグラフコネクタの利点は次のとおりです。

  • 全体的なサービスの健全性についての理解を深めます。 このアプリケーションを使用すると、ユーザーは、監視対象の個々のデバイスの状態ではなく、サービス全体の状態を監視、視覚化、および警告して、最終的にエコシステム全体の可視性を高めることができます。
  • 双方向のデータフロー。 LogicMonitorとServiceNowの両方で維持されている、リアルタイムで正確で関連性のある詳細情報を使用して、信頼できる唯一の情報源を提供します。 これは、IT運用とサービス管理の間のコラボレーションを促進するだけでなく、CMDB全体の健全性の向上にも役立ちます。
  • 強化されたアラートと洞察。 デバイスを追加するときに意味のあるダッシュボードを生成し、インフラストラクチャ全体からのデータを組み合わせて、アプリケーションまたはサービス固有のビューを作成します。 サービスの依存関係を視覚化し、全体像の影響と異常を特定できれば、ビジネスに最大の影響を与えるインシデントに焦点を当てることができます。
  • ビジネスニーズに基づいたカスタマイズ。 同じIT環境はないため、強力なCMDBアプリケーションアーキテクチャを簡単に構築して、ビジネス固有のニーズを満たすことができます。

バージョン管理と互換性

このアプリケーションにアクセスしてください 製品ページ 現在のアプリケーションバージョンとリリースノートの詳細については、ServiceNowストアを参照してください。 ServiceNowリリースの互換性。 およびServiceNowのライセンスと依存関係の要件。

必須条件

LogicMonitorアプリケーションのServiceGraph Connectorのインストールと構成を開始する前に、以下にアクセスできることを確認してください。

  • 「admin」ロールを持つServiceNowアカウント。
  • アプリケーションの構成/接続に必要なAPIのみのユーザーアカウントを作成するために必要な特権を持つLogicMonitorユーザーアカウント。
  • サブスクリプションユニットベースのIT運用管理(ITOM)可視性またはITOMディスカバリーアプリケーションへのServiceNowサブスクリプション。 注:このService Graph ConnectorによってCMDBで作成または変更された管理対象ITリソース(ServiceNowサブスクリプションユニットの概要のセクション1.1で定義)は、ITOMVisibilityまたはITOMDiscoveryによってまだ管理されていないため、そのアプリケーション内のサブスクリプションユニットの消費量が増加します。 お客様は、ITOMVisibilityまたはITOMDiscovery内で現在のサブスクリプションユニットの消費量を確認して、使用可能な容量を確認する必要があります。

主要なLogicMonitorPropertySourcesを更新します

Device_BasicInfoおよびLinux_SSH_InfoPropertySourcesの最新バージョンとデバイス資格情報をインポートしたことを確認して、CIがLogicMonitorから取得できるデータを拡張します。 これらのPropertySourcesは、LogicMonitorアプリケーションのService Graph Connectorのフィールドマッピングと連携し、CIデータをさらに強化する、ポータル内のデバイスにいくつかのプロパティを追加します。

APIのみのユーザーを作成する

専用のAPIのみのLogicMonitorユーザーアカウント(管理者の役割を推奨)が必要です。 完全に機能させるには、アカウントに次の機能が必要です。

  • コレクターを見る
  • デバイスを追加する
  • デバイスグループを追加する
  • 独自の使用例に基づいて、追加の特権が必要になる場合があります

LogicMonitorアプリケーションのServiceGraphコネクタとLogicMonitorポータル間の接続を構成するときに使用するアクセスIDとアクセスキーの値を必ず保持してください。 見る ユーザー APIのみのユーザーアカウントを作成する手順については。

次のステップ

  • アプリケーションのインストール、構成、カスタマイズ、および使用の手順については、カスタマーサクセスマネージャーに連絡して、LogicMonitorソリューションドキュメントのService GraphConnectorを要求してください。
  • 必ず非実稼働環境で実装をテストしてください。 CMDBデータは重要であり、LogicMonitorデバイスと監視データも同様に重要です。 このアプリケーションの実装は、本番環境にロールアウトする前に、ServiceNowの非本番インスタンスとLogicMonitorサンドボックスアカウントを使用して徹底的にテストする必要があります。

記事上で