サポートセンターホーム


v.76リリース:テキストウィジェット、「フェイク」フルスクリーンモード、監査ログレポート

06.01.16に公開

v76リリースは、XNUMX月の最初のXNUMX週間に公開されます。 これには多くの便利な機能があります。特に、テキストウィジェットと監査ログレポートです。

気づくでしょう 古い設定ページに切り替えますeは削除されました。 ダッシュボードのトグルはv.77で削除されるように設定されています。フィードバックボタンを使用して、古いビューを引き続き使用する理由をお知らせください。

ウィジェットの更新とテキストウィジェットを追加する

新しいテキストウィジェットを試してみるときに最初に気付くのは、ウィジェットの追加プロセスが長いテキストリストからより便利な要約表示に変更されたことです。
2016 05-20-1.59.47 PMでのスクリーンショット
これがよりカラフルであることに加えて、あなたは気付くでしょう:

  • SimpleおよびAdvancedCustomGraphウィジェットがXNUMXつに統合されました。 
  • サービスウィジェットとデバイスウィジェットは引き続き個別の構成ですが、NOCウィジェット構成の一部として設定されます。
  • サービスのステータスは、個別または全体のステータスでグラフ化できますが、ウィジェット構成の一部でもあります。

最後になりましたが、 テキストウィジェット。 テキストウィジェットを使用すると、ダッシュボードに任意のHTMLまたは画像を挿入できます。 最前線のスタッフにやることリストを提供したり、チームメンバーに他の出来事について最新の情報を提供したり、データセンターケージの画像や顧客のロゴを含めたりするのに最適です。

2016 05-26-4.12.41 PMでのスクリーンショット

「フェイク」フルスクリーンモード

多くのお客様が、NOC、サポートセンター、またはその他の業務領域のどこかにある大画面でダッシュボードを実行しています。 私たちはこれが大好きです! しかし、ブラウザはそれをあまり好きではなく、24時間後にあなたを追い出します。 ブラウザに変更を納得させることができないため、「フェイク」フルスクリーンモードを導入します。 この意志:

  • 古いフルスクリーンモードを置き換えます。 2016 05-26-4.18.05 PMでのスクリーンショット
  • ブラウザがリセットされないように、ブラウザを全画面表示以外の状態に保ちます。
  • 左側のナビゲーションバーを非表示にします。 下矢印をクリックして[タイトルの表示]のチェックを外すと、ダッシュボードのタイトルを非表示にすることもできます。
  • グラフを3x 3(または6 x 6)グリッドに適合させます。
  • ブラウザウィンドウを展開してツールバーを非表示にすると、古いフルスクリーンモードを模倣します。

このソリューションはほとんどのニーズをより適切に解決するように思われるため、古いフルスクリーンモードを非表示にしました。 見逃した場合は、フィードバックボタンからお知らせください。

監査ログレポート 

監査ログ情報は60日間しか保存されませんが、監査ログレポートを使用して、特定の情報を必要な限り簡単に保存できるようになりました。 レポートに移動するだけです| レポートを追加し、[監査ログ]を選択して、レポートが必要な頻度で送信されるようにスケジュールします。 レポートの検索フィルターは、[監査ログ]ページの[検索]ボックスとまったく同じように動作します。

2016 05-26-4.23.34 PMでのスクリーンショット
細心の注意を払っている方のために、設定の名前を変更しました| 監査ログへのアクセスログ。 これは、入手可能な情報のより代表的なタイトルです。 監査ログページから直接、監査ログレポートを作成したり、検索結果をダウンロードしたりすることもできます。

2016 05-26-4.25.20 PMでのスクリーンショット

エンドユーザー使用許諾契約(EULA)

ユーザーがエンドユーザー使用許諾契約に同意する必要がある新しい役割設定が利用可能になります。
2016 05-20-2.06.54 PMでのスクリーンショット

設定は役割ごとに構成されますが、ユーザーごとに保存されます。 ユーザーが条件に同意すると、LogicMonitorの条件が変更されない限り、EULAが再度表示されることはありません。

NetScanの更新

古いNetscanポリシーは構成が制限されていたため、異なるコレクターによって監視されていても、重複するIPが検出されることはありませんでした。 新しいNetscanポリシーは(異なるコレクター上にある限り)重複するIPをサポートできますが、それが常に必要なわけではありません。 その結果、Netscanで新しい構成を使用できます。
2016 05-26-4.29.42 PMでのスクリーンショット

ポリシーに関連付けられているコレクターからデバイスを移動した場合、またはIPが重複していない場合は、IPを無効と見なすタイミングをお知らせください。 オプションは次のとおりです。

  • 監視対象のデバイス(このアカウントに既に存在するもの)と一致する
  • このポリシーによって以前に発見されたもの 
  • これらのグループのいずれかで一致するデバイス(構成可能なリスト)
  • これらのコレクターに割り当てられたマッチングデバイス(構成可能なリスト)

これは以前の動作であったため、既存のポリシーはデフォルトで監視対象のデバイスと一致します。

改善点:

  • REST API
    • 私たちは公開しました ウィジェットリソース、ダッシュボードウィジェットをプログラムで取得、追加、更新、削除できるようにします。 
    • 能力 データソースをXMLにエクスポートする RESTAPIを介したフォーマットが利用可能です。
    • 公開されたRESTAPI呼び出しは、リクエストを行ったAPIトークンアクセスIDとともに、監査ログで呼び出されるようになりました。
  •  全般
    • 多数の監視対象リソースでAWSアカウントを更新するのにかかる時間を最適化しました。
    • ダッシュボードの表示権限を持たないユーザーは、デフォルトで、表示権限を持つ最初のタブに自動的に設定されます。
    • ネイティブSMSアラート通知にSDTを応答するときに、アラートを1時間未満でSDTに小数を含めることができるようになりました。 たとえば、SDT.6はXNUMX分間のSDTを作成します。 これは、SDT応答が電子メールおよびSMS電子メールアラート通知に対してすでにどのように機能しているかと一致しています。
  • コレクター
    • デバイスとネットスキャンポリシーを管理するためのコレクターグループセレクターがルックアップフィールドに変更され、不要になりました。
    • 50を超えるコレクターグループを考慮して、コレクターグループの選択を改善しました。
    • コレクター管理では、コレクターをホストしているデバイスをフェイルオーバーから除外するオプションが追加されました。 これにより、コレクターのメトリックが保持されます。 詳細については、ドキュメントを参照してください。
  • ダッシュボード
    • レンダリング速度のために追加された最適化。 ダッシュボードの特定の改善w
      アラートウィジェット
  •  Devices
    • インスタンス更新の監視とアラートを有効/無効にします
    • ツリー内のデバイスまたはインスタンスを誤って移動しないように、ドラッグアンドドロップに400ミリ秒の遅延を追加しました。
    • 100を超えるインスタンスグループが存在し、インスタンス検索でグループ101+のインスタンスが返される場合。 ブレッドクラムをクリックすると、最初の100個のインスタンスグループ、[もっと見る]オプション、および選択したインスタンスが表示されます。
    • デバイスアラートテーブルの列への変更は、デバイスページ全体に反映されます。
  • コネクター
    • AutoTask Integrationは、チケットの構成アイテムの割り当てをサポートするようになりました。
      そのデバイスがアラートをトリガーした場合に構成アイテムをチケットに割り当てるには、ホストプロパティ「autotask.configitemid」を設定し、トークン## autotask.configitemid ##をそして各アラートステータスの既存のすべての自動タスク統合HTTP配信ペイロードのタグ。 このリリースの後に新しい自動タスク統合を作成する場合、すでにこのトークンがあります。
    • アラートの重大度がダウングレードされ、新しい重大度が元のアラートルールに含まれていない場合、アラートクリア通知をその元のアラートルールに送信するようになりました。 これは、アラートの重大度がルールからダウングレードしたときにチケットを閉じることができるため、すべてのアラートの重大度を同じ統合にルーティングしていない場合に役立ちます。
  • モバイル
    • 多数のウィジェットは、モバイルダッシュボードで利用できます。
    • シングルサインオンを使用するモバイルユーザーは、ログインしたままにできるようになりました。管理者は、SSO構成を変更して、モバイルユーザーがX日間サインインしたままになるようにすることができます。
  •  ネットフロー
    • テーブルデータは、グラフで選択した時間範囲または選択した範囲に基づいて更新されます。
    • データと円グラフのビューは、ダッシュボード全体に保存されました。 ウィジェットごと、ダッシュボードごとの設定になりました。
  • ネットスキャン
    • スキャンで除外するデバイスを構成する機能(アカウント内の任意の場所で他のグループ、コレクターに割り当てられます)。以前は、コレクターに関係なく、Netscanは重複するIPを追加できませんでした。 この機能を維持するために、重複を除外するように既存のポリシーが更新されました。
  • レポート:
    • デバイスメトリックトレンドレポートに新しいオプションであるインスタンスごとにXNUMXつのグラフを導入しました。これは、XNUMXつのインスタンスからのすべてのデータポイントをXNUMXつのグラフにまとめて表示するのに役立ちます。
    • 電子メールの受信者は、スケジュールされたレポートの必須フィールドではありません。 これにより、今後の拡張機能がサポートされ、レポートをダッシュ​​ボードに埋め込むことができるようになります。
  • 設定
    • アラートルールを追加するときに複数のグループを選択できます
    • Applies Toテスト機能は、Datasource Applies Toウィザードから利用でき、AppliesToが変更されたときに追加または削除されるデバイスのリストへのリンクを表示します。
  • マイナー
    • しきい値編集ウィンドウのマイナークリーンアップ。
    • デバイスウィザードを使用してデバイスを追加すると、snmp.community文字列の資格情報が難読化されます。
    • 支払いページがXNUMX番目のブラウザウィンドウで開かなくなりました。
    • アラートページのサービスのフルパス列をクリーンアップしました。

修正されたバグ:

  • ダッシュボード/ウィジェット
    • GoogleマップウィジェットをIE11で作成または編集できませんでした。
    • デバイスダッシュボードへのグラフの追加とデバイスダッシュボードからのグラフの削除は、監査ログに記録されませんでした。 これで、両方のアクションが明確にログに記録されます。
    • [テーブルウィジェット]列で[代替の追加]を選択してから代替データソースを削除しても、画面から提案された結果は削除されませんでした。
  • ネットスキャン
    • Netscanポリシーが複製されたとき、すべてのデバイスを監視されていないグループに割り当てるための構成は、新しいポリシーに渡されませんでした。
    • Unmonitored Netscan Devicesグループから監視対象グループに複数のデバイスを追加すると、単一のコレクターがすべてのデバイスに割り当てられました。 これで、[監視されていないNetscanデバイス]グループから監視に移動されたすべてのデバイスは、常にデバイスを最初に検出したコレクターに関連付けられます。 デバイスを検出したコレクターがアカウントから削除されている場合は、新しいデバイスを選択するように求められます。
  • その他
    • 古いNetAppデータソースの表示される収集方法をAPIからパフォーマンスデータに修正しました。
    • レポートリンクを選択するとレポートが表示されましたが、そのレポート行を最小化してもレポートは閉じられませんでした。
    • コレクターのアップグレード中、[更新]タブの開始時刻の代わりに現在の時刻が表示されました。 アクティブなアップグレードでは、正確な開始時刻が表示されるようになりました。
    • 古いUIで無効な属性を使用してデータソースが保存された場合、新しいUIで表示できませんでした。