サポートセンターホーム


v.95リリース:HipChatのダッシュボードの改善とLogicMonitor

09.21.17に公開

v.95リリースは大きなものです! このリリースには、ダッシュボードとHipChat統合用の新しいLogicMonitorを含む、数多くのすばらしい改善を含むXNUMXつの主要なテーマがあります。 

v.95リリースはXNUMX月中旬まで展開されます。 

ダッシュボードの改善

ご覧のとおり、ダッシュボードに無数の改善を加えるために懸命に取り組んできました。 これらはすべて、ダッシュボードの主要なユーザビリティイニシアチブの一部です。詳細については、しばらくお待ちください。 このリリースで見られる変更は次のとおりです。  

  • デバイスとサービスをXNUMXつのNOCウィジェットに統合しました。 これは、デバイス/サービスグル​​ープの状態を一元化された単一のビューから一目で把握できるようにする大幅な改善です。
  • NOCウィジェットは、テーブル(デフォルト)またはリストとして表示できるようになりました。 構成ダイアログで好みを選択します
  • Googleマップテーマのサポートが追加されました! 新しいスタイルオプション(スタンダード、シルバー、レトロ、ダーク、ナイト、ナス)を使用してマップウィジェットをカスタマイズします
  • アラートウィジェットは、アラートをフィルタリングするためのトークンをサポートするようになりました。 他のウィジェットと同様に、「グループ」フィールドをdefaultDeviceGroupトークンに設定し、ダッシュボードレベルでトークンの値を変更するだけで、表示されるデータを変更できます。
  • 空のウィジェットの外観が新しくなりました。 ウィジェットに表示するデータがない場合のアイコンの表示を改善し、エラーメッセージをクリーンアップしました。
  • テーブルウィジェットに、[デバイス名]列で並べ替える機能が追加されました
  • テーブルウィジェットにページ付け機能が追加され、ページごとに表示する結果の数を選択できるようになりました
  • ウィジェット構成ウィンドウのフォーマットを改善しました
  • ウィジェットは、表示しているダッシュボードに自動的に追加されます。 ダッシュボードを指定する必要がなくなりました。 
  • ドロップダウンメニューからウィジェットを直接複製する機能が追加されました
  • エラーを回避するために、ダッシュボードグループの名前に特殊文字を含めることはできません

HipChat統合 

v.95は、新しいHipChat統合のリリースと同時に行われます。 LogicMonitor for HipChatを使用すると、日常のチャットツールから直接LogicMonitorアラートを受信して​​応答できます。 LogicMonitor forHipChatでできる他のいくつかのことを確認してください。 

アラートの詳細を表示

  • HipChatルームのサイドバーからアラートメッセージの全情報を表示する
  • HipChat内で直接必要なすべてのデータソース/サービスグラフを表示する

アラートを確認する

  • 詳細アラートビューからアラートを直接確認します。 HipChatの統合により、ユーザー名を動的に取得できるため、ボタンをクリックするだけです。

ダウンタイムのスケジュール

  • 1時間のスケジュールされたダウンタイムで迅速に対応し、問題を調査する時間を与えます

 

その他の改善点

 

コレクタ 

  • エラーなしで一度に1000以上のデバイスの優先コレクターを変更できるようになりました

Devices

  • 総トラフィックを表示するNetflowグラフのタイトル表現が改善されました 
  • AWSグループの[情報]タブでのプロパティと監視対象サービスの表示が改善されました

コネクター

  • 外部レコードの識別に使用されるPagerDuty統合のデフォルトの一意キーが、「id」から「incident_key」に更新され、すぐに使用できるすべての機能が提供されます。

モバイル 

  • モバイルアプリケーションでダッシュボードツリーを検索すると、以前はルートグループの結果のみが表示されていました。 親グループに関係なくすべての検索結果を表示するようにこれを改善しました

設定 

  • 会社のロゴをカスタマイズするためのより簡単なファイルアップロード。 ファイルをドラッグアンドドロップするだけでアップロードできます

 

修正されたバグ 

  • (デバイスだけでなく)グループとデバイスの両方に表示されるデバイスURL
  • 場合によっては、ズーム時にグラフの線の色が変わり、関心のある線を特定するのが困難になります。 これは、線が元の色を維持するように改善されました
  • カスタムグラフとNOCウィジェットでデータポイントを編集すると、ダウンストリームフィールドがクリアされました
  • レポートのスケジュールを作成すると、月次スケジュールから週次スケジュールに切り替えるときに「スケジュールが無効」エラーになることがありました。
  • 一部のカスタムグラフウィジェットが誤って表示された「アクティブなインスタンスがありません」
  • 含まれているデバイスでアラートレベルを設定するためのアクセス権がないレポートをスケジュールすると、エラーが発生しました

 

LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、改善されたLogicModuleのリストです。

監視の改善: 

  • ニンブルアレイ情報: 総使用量の割合の調整 
  • Windows CPU:CPU使用率をより適切に表すためにポーリング間隔を調整
  • Ciscoファン: 修正されたアラートメッセージ
  • Linuxファイルシステムの使用法: 長いマウント/デバイス名が行を折り返し、検出されない問題を修正しました
  • メール往復: 追加の例外処理ロジックを追加しました