サポートセンターホーム


v.89リリース:アラートテーブルのオーバーホールと拡張された「テストスクリプト」機能

05.09.17に公開

v。89リリースは、XNUMX月中旬に公開されます。 このリリースの包括的なテーマは、より迅速なワークフロー、特にアラートの修正(アラートテーブルの改善)とLogicModuleの作成(拡張された「テストスクリプト」アプリケーション)を含むワークフローです。 

アラートテーブルのオーバーホール

アラートテーブルの外観と機能を見直して、アラートの修正を合理化しました。 これには、アラートのエスカレーション/ SDT /確認のワークフローの改善と、アラートに関連付けられたデバイスへのワンクリックナビゲーションが含まれます。 さらに、関連するデータソースグラフを表示する新しい「グラフ」タブをテーブル内に埋め込みました。 
 
気にする理由: アラートテーブルは、多くの場合、アラートがトリガーされたときの問題修正の開始点です。 以前は、アラートをコンテキストに入れてより多くのデータを収集するには、ユーザーはアラートテーブルから[デバイス]タブに移動して、関連するグラフを表示し、デバイスの履歴を調べる必要がありました。 グラフをアラートテーブルに直接取り込み、アラート内デバイスへのワンクリックナビゲーションを許可するようになりました。 これにより、トラブルシューティングの解決までの時間が短縮されます。 

データソースとConfigSourceの「テストスクリプト」

DataSourcesとConfigSourcesに「テストスクリプト」機能を実装しました。これにより、特定のデバイスのコレクション出力を確認できます。 

注意: 「テストスクリプト」には、コレクターの依存関係があります。 23.102 ConfigSourcesおよびDataSourcesの場合。 

気にする理由: テストスクリプトは、予期しない返されるデータのトラブルシューティングや、スクリプトの出力を表示して、LogicModuleに必要なものまたは期待するものと一致しているかどうかを確認できるようにすることで、DataSource / ConfigSource開発プロセスを高速化するのに役立ちます。 

旧モデルからの改善 

コレクター:

  • [コレクター]ページ([設定] | [コレクター])に、コレクターの以前のバージョン/新しいバージョン、更新された日付、コレクターID /ステータス、およびアップグレードに関連するメモを表示する[更新履歴]タブが追加されました。 

ダッシュボード

  • 「もっと見る」機能が個々のダッシュボードで利用できるようになり、100を超えるダッシュボードを持つダッシュボードグループがロード時間に影響を与えないようにします。
  • 指定されたしきい値に基づいてBigNumberウィジェットに色を割り当てる機能が追加されました。 たとえば、ウィジェットは通常は青色ですが、表示された値がクリティカルアラートのしきい値を超えると赤色に変わります。 

Devices

  • OpsNotesをグラフから直接追加できるようになりました。 
  • デバイスに対する「管理」権限を持たないロールに対して、デバイス構成に対する「表示」権限を付与できるようになりました。 これにより、「表示のみ」の役割で構成全体と構成の変更を確認できるようになります。 このオプションはデフォルトでは有効になっていません。 
  • [グループレベルのグラフ]タブに機能が追加されました
  • コレクターがXNUMXつしかない場合、デバイスウィザードはコレクターを自動割り当てします。
  • デバイスの検索結果でのダブルクリックのサポートが追加されました。 ダブルクリックすると、選択したアイテムにツリーがフォーカスされます。
  • データソースとインスタンスレベルのグラフタブに凡例の切り替えを追加しました。 
  • 単一インスタンスのデータソースが無効になっている場合、またはアラートがオフになっている場合に表示されるアイコンが追加されました。

デバイス(AWS)

  • AWSグループの外部IDフィールドに再生成オプションを追加しました。 これにより、LogicMonitorがデータ収集に使用するAWSIAMロールの外部IDを置き換えることができます。
  • AWS Application LoadBalancer用に新しいプロパティsystem.aws.TargetGroupIdを追加しました。 これは、ターゲットグループ情報ごとにアプリケーションELBを操作および整理できるため便利です。

コネクター

  • ConnectWisev2統合について会社リストにクエリを実行したときに返される結果の数を増やしました。
  • ConnectWisev2統合のペイロードで「会社ID」を定義するために使用されるパラメーターをRESTful形式に更新しました。

REST API 

以下の改善により、RESTAPIバージョンが1.2.2に更新されました。 

  • プライベートダッシュボードを追加する場合、groupId / Nameは無視されます(プライベートダッシュボードはユーザーに属するため)。 API応答により、これが明確になりました。
  • デバイスリソースを使用して、継承されていないシステムプロパティを返すようになりました。 これは、システムプロパティ値でデバイスを検索する場合に役立ちます。特に、ほとんどの情報がシステムプロパティとして追加されるAWSデバイスに役立ちます。
  • 存在しないAPIリソースが要求されたときのエラーメッセージが改善されました。

サービス

  • 内部サービスチェックがデフォルトのサービス設定に設定されている場合、デフォルトのコレクターが必要になりました。

設定

  • 以前、失敗したAPIリクエストを監査ログに記録しました。 これをノイズを少なくするために、これらのログをXNUMX分あたりXNUMXつに制限し、同様の失敗したリクエストをグループ化しました。

その他の改善点

  • サービスツリーとネットスキャンツリーが更新され、デバイスツリーの設計が反映されました。
  • マイナーオプスノートは改善を表示します。

バグの修正 

  • カスタムグラフウィジェットでは、指定したデータポイントが無効な場合に変更を保存できなくなりました。
  • 最初にXNUMX要素認証を有効にするときに、米国以外の番号に対して国コードをXNUMX回送信できます。 これにより、Authyアプリケーションを適切に使用できなくなりました。 
  • 子サービスのSDTステータスは、サービスツリーの親グループのステータスに反映されませんでした。
  • 10分間隔で実行するように設定されたActiveDiscoveryは、実際には15分間隔で実行されていました。 これを正確に反映するために、オプションを10分から15分に更新しました。
  • 「必須フィールド」は、特定の統合フォームに表示されませんでした。
  • SDT履歴が[サービス]ページに正しく表示されていませんでした。 


LogicModuleリリース

以下は、新しい/改善されたLogicModuleの完全なリストと、前回のリリース以降に実装されたバグ修正です。

新しいLogicModules: 

  • Citrixライセンス–1つのデータソース/ 1つのPropertySource

バグ修正と更新 

  • Riverbedアプライアンス
  • ニンブルストレージSSD / HDDディスク
  • EMCIsilonストレージノードディスク
  • Linuxディスクのパフォーマンス
  • VMwarevSphereホスト
  • VMware vSphereVirtualMachines
  • VMware vSphere DatastoreCapacity
  • VMware vSphereVMsnapshots 
  • VMware vSphere VMステータス 
  • Cisco NxOS 構成ソース
  • Cisco IOS 構成ソース