サポートセンターホーム


v.84リリース:グラフの改善、アラートサウンドなど

01.06.17に公開

2017年はエキサイティングなリリースで始まります。 v.84は、XNUMX月の第XNUMX週まで展開され、オーバーホールされたグラフデザインに加えて、ダッシュボードサブグループやアラートサウンドなどのいくつかの気の利いた新機能が含まれています。 

グラフの改善picture1

デバイスとダッシュボードのグラフの動作に大幅な変更を加えました。これにより、パフォーマンス、読みやすさ、機能が大幅に向上しました。 これらの改善の中で、次の機能に気付くでしょう。

  1. 複数行のホバーを使用して、複数のデータポイントの名前と値をXNUMXつのグラフに同時に表示します
  2. XNUMXつのグラフの変更された時間範囲をダッシュ​​ボードまたはデバイスページの残りの部分に適用します。 これは、問題を修正するためにXNUMXつのグラフにドリルダウンしていて、同じ期間の他のイベントと比較したい場合に特に便利です。 
  3. 凡例を設定して、グラフの線の選択を解除または分離します。
  4. 各グラフ内の検索フィールドを使用して、目的のグラフ線をすばやく見つけます。 
  5. ページが更新されたときにグラフ設定(つまり、時間範囲と線の分離)を保持します
  6. 対応するホバーラインを使用して、複数のグラフ間でイベントを相互に関連付けます。 

アラート音
 
アラート音の待機は終わりました! NOC画面にLogicMonitorAlertsページを表示するか、コンピューターのタブからそのページを監視し続けると、クリティカル、エラー、または警告のアラートを受信したときに再生するサウンドを構成できるようになりました。 これらの音は、アラートの重大度レベルごとに個別に設定されます。 このリリースの時点で、これらのサウンドは[アラート]ページからのみ再生されますが、アラートウィジェットに同様の機能がまもなく追加されます。 

ダッシュボードサブグループ 

ダッシュボードサブグループを許可するようになりました。 これらは、次の場合に特に役立ちます。 

  1. 個々の部門に、それぞれがアプリケーション専用のサブグループを含む一般的なダッシュボードグループへのアクセスを許可する必要があります。
  2. あなたはマネージドサービスプロバイダーであり、サブグループを介してさまざまなチームの表示権限を制限する機能を維持しながら、各顧客に独自の一般的なダッシュボードグループへのアクセスを許可したいと考えています。


v.84では、LogicModuleの多くの名前が変更されるか、スタイルが異なることに注意してください。 次の変更が予想されます。 

picture1

  • データソース–データソース
  • Eventsources – EventSources
  • Configsources – ConfigSources
  • プロパティルール– PropertySources
  • バッチジョブ– JobMonitors
  • 関数–AppliesTo関数
  • OID-SNMPSysOIDマップ

私たちの新しいを訪問してください ステータスページ ここでは、LogicMonitorシステムの動作ステータスとサービスの更新を確認できます。

その他の改善点 

アラート

  • インスタンスレベルのプロパティがアラートテーブルのカスタム列でサポートされるようになりました。

コレクタ

  • コレクターに関連付けられたデバイスの表示方法が改善されました。 具体的には、クラウドデバイスを含める/除外するオプションを追加し、クラウドデバイスを通常のデバイスと簡単に区別するためのアイコンを追加し、Netflow列のレイアウトを改善しました。

ダッシュボード

  • お気に入りのダッシュボードとプライベートダッシュボードがアルファベット順に表示されるようになりました。
  • 展開されたグラフは自動更新されません。 これにより、行の分離が維持され、ヘッダーの時間範囲が表示されたデータと一致するようになります。

Devices

  • デバイス(およびサービス)に対して表示される生データは、選択された時間範囲全体を尊重するようになりました。 さらに、最大25行まで、500ページあたり500データ行でデータをページ分割します。 これらのXNUMX行でカバーされる範囲外のデータを表示するには、時間範囲を変更するか、RESTAPIを使用できます。 
  • デバイスの追加ウィザードは、エキスパートモードおよびNetscanと同じ重複ロジックチェックを使用するようになり、IPとコレクターの組み合わせが一意である限り、同じIPを追加できるようになりました。
  • で課されたカスタムプロパティ名の制限を削除しました v83
  •  「デバイスの削除」ダイアログを簡略化しました。 特定のユーザーとデバイスで使用可能なオプションのみが表示されるようになりました。

データソース

  • 設定から| データソース、データソースグラフは、優先順位に基づいてツリーに表示されます。
  • JDBCコレクター属性フィールドのオートコンプリートをオフにしました。 
  • データソースグラフへの変更が監査ログに記録されるようになりました。 さらに、変更を加えるユーザーは、更新の理由を指定するように求められます。これは、データソースの履歴に記録されます。

EventSources:

  • スクリプトEventSourcesのeffectiveIntervalオプションのサポートが追加されました。 スクリプトイベントにeffectiveIntervalが指定されている場合、EventSource定義で構成されている有効なアラート間隔が上書きされます。 これにより、イベントごとに異なるアラート間隔を設定できます。
  • Windowsイベントログフィルター「Exist」および「NotExist」は、イベントタイプが存在するかどうかを評価します。 その結果、値は常に「*」になります。

モバイル

  • モバイルログインに設定ページを追加しました。
  • お気に入りのダッシュボードをモバイル経由で追加および表示できるようになりました。

プロパティソース

  • PropertySourcesを使用して、system.categoriesプロパティに値を追加できるようになりました。 PropertySourceを介してsystem.categoryプロパティの値を設定した場合、 車。 は追加されず、値は既存のsystem.categoriesのリストに追加されます。 これは、データソースを関数に適用する拡張に非常に役立ちます。

REST API

  • REST API PUTリクエストを介してAWSデバイスグループを更新するために、追加の設定オブジェクトは必要なくなりました。
  • internalIdを使用して、RESTAPIを介してアラートを確認できるようになりました

設定
ネットスキャン

  • 新しい「監視されていないデバイス」ページが「設定」|「監視されていないデバイス」の下に追加されました。 Netscan。 このページには、デバイスツリー内の「監視されていないデバイス」に表示されるのと同じ情報が反映されます。 この新しいページから、以前に削除されたものも含め、検出されたすべてのNetscanデバイスを確認できます。 
  • トップトーカーがスループットの上位95%を占めていない場合に、「その他」のトラフィックを含めるように[Netflowトラフィック]タブを更新しました。 この新しいカテゴリは、マイナーフローをまとめて上位95%を構成します。
  • 確認を追加しました
    ユーザーがLogicModuleを削除しようとしたときのnボタン。
  • パスワードを忘れた場合のワークフローが改善され、パスワードの更新後にユーザーがサインインする必要があります。 これにより、XNUMX要素認証の設定が尊重されます。
  • ロールベースのアクセス制御から「システム通知」オプションを削除しました。 権限設定に関連する機能は現在アクティブではありません。
  • 最近公開されたRESTAPIリソースの監査ログメッセージのサポートが追加されました。 具体的には、監査ログに、LMv1トークン認証を使用してREST APIを介して行われた役割、ユーザー、しきい値、SDT、ダッシュボードグループ、ダッシュボード、コレクターグループ、デバイス、およびデバイスグループへの変更が表示されるようになりました。
  • 統合に利用できるものは何でも検索できます。
  • 認証のために失敗したAPIリクエストは、関連付けられたユーザー名またはAPIトークンとともに監査ログに表示されるようになりました。

マイナーな改善

  • 処理の問題を回避するために、Windowsイベントログ監視のeventIDにフィールド長の制限を追加しました。
  • アカウントのカスタムクエリによって参照される関数(動的グループ、データソース、デバイスダッシュボードの適用先など)を削除しようとすると、警告が表示されるようになりました。

修正されたバグ

アラート

  • コレクターの再起動後、コレクターのダウンアラートのエスカレーションチェーン間隔がリセットされました。
  • XNUMX分にXNUMX回より速く生成されるアラートに対して、外部アラートはうまく機能していませんでした。 外部アラート用にこれらのアラート通知を生成するプロセスを改善することで、この問題を解決しました。

コレクタ

  • 優先コレクターがNetflowコレクターと同じである場合、NetflowデバイスがXNUMX回カウントされたため、[設定]ページのコレクターデバイスカウントが正しくない場合がありました。

ダッシュボード

  • 一部のカスタム時間範囲でNetflowデータが表示されないバグを修正しました。
  • スペースで終わるインスタンス名は、カスタムグラフウィジェットで常にうまく機能するとは限りませんでした
  • ダッシュボードは、数値のみのダッシュボードグループ名をサポートしていませんでした。
  • ウィジェット構成で、空白のデバイスを変更すると、すべての依存フィールドがクリアされました。 空白のデバイス名は「*」(またはすべて)として認識されるようになり、依存フィールドは新しい選択と一致しない場合にのみクリアされます。

データソース

  • 新しいデータソースグラフを追加した後、データソースツリーが正しく更新されませんでした。

Devices

  • リージョンが選択されたときに、すべてのAWSS3インスタンスが正しく自動検出されたわけではありません。
  • 最初の50個のインスタンスプロパティのみが情報パネルに表示されました。

サービス

  • 初期接続パフォーマンスサービスグラフのDNS回線タイプをエリアからスタックに変更しました
  • POST本文(パスワードなど)に文字$が含まれる内部サービスチェックは、22.180を超えるコレクターバージョンでは失敗していました。 これは、$文字がコレクターによって正しくエスケープされなかったことが原因であり、EA22.253で修正されました。 v.84では、POSTデータの解釈方法が変更されました。具体的には、エスケープされる文字に依存しない二重引用符ではなく一重引用符を使用します。
  • 「他の監視の追加」を介してWindowsプロセス/サービスのインスタンスを手動で追加すると、負荷の高いコレクターでタイムアウトになることがありました。 この問題が今後発生しないように、サービスとプロセスのリクエスト方法を改善しました。

設定

  • 二要素認証プロセス中にログインページを更新すると、500エラーが発生しました。