サポートセンターホーム


v.75リリース:APIトークン、レポートリンク、および請求履歴

05.10.16に公開

APIトークンの到着を発表できることを大変うれしく思います。 現在利用可能なRestAPI呼び出しの数は限られていますが、今年予定されている完全なRESTスイートを公開する前に必要な障害でした。 また、以前に実行したレポートを表示および管理し、請求書の履歴にアクセスし、予想される多数の改善とバグ修正を行う機能も追加しました。

ご注意ください:今後数か月以内に古いUIへのアクセスを完全に無効にする予定です。  v.76では設定が無効になります 影響により v.77のダッシュボード (このリリースで行われたものに加えて、いくつかの残りの速度の改善が保留されています)。  Devices その後まもなくフォローします。フィードバックがあればフィードバックが必要です 何らかの理由 あなたは古い見方に頼っています。

APIトークン

最近、v1の公開を開始しました REST API、RPCAPIよりも大幅に改善されていることがわかると思います。 このリリースでは、 APIトークン新しいRESTAPIトークン認証方法。 このAPIトークン認証方法は、基本認証よりも安全であり、アカウント内のどのユーザーがLogicMonitorのRESTAPIを使用しているかを制御および監視できます。  

あなたは新しいことに気付くでしょう ユーザー向けのAPIトークンセクション これにより、そのユーザーのAPIトークンを追加および管理できるようになり、APIトークンを作成する機能に対する新しいロール権限が付与されます。 さらに、新しい [APIトークン]タブ これで、[ユーザーと役割]セクションに表示され、アカウントで使用されているすべてのAPIトークンに関する情報を確認できます。 APIトークンは、作成されたユーザーの役割を引き受け、無効にすることはできますが、削除することはできません。  
2016 05-09-10.52.46 AMでのスクリーンショット
トークン認証がより安全であることを考えると、使用するのも少し複雑なので、私たちを読むことをお勧めします 詳細なドキュメント 試す前に。 年末までにRESTAPIのv1ロールアウトを完了する予定です。今後数回のリリースで公開されるリソースにご注目ください。  

注意:  今のところ、ユーザー名とパスワードを使用した基本認証を引き続きサポートしますが、RESTAPIの完全なv1が公開された後のいずれかの時点で非推奨になる可能性があります。 そういうものとして、私たちは 強くお勧めします 可能な場合は、APIトークンを使用してRESTリクエストを認証します。  

レポートリンクの管理

最近、ホストされたレポートを導入しました。これにより、生成されたレポートが30日間保存されます。 これには、標準の電子メールサーバーのサイズ制限を超えるレポートを生成し、リンクとレポートを簡単に共有する機能が含まれていました。

以前に生成されたレポートを[レポート]ページから表示、共有、および削除する機能が追加されました。

2016 05-09-11.39.16 AMでのスクリーンショット

レポートの実行後、生成されたレポートの数が増加し、以前に実行されたレポートへのリンクを表示するように選択できます。 リンクを選択してレポートをインラインで表示したり、コピーして他のユーザーと共有したり、矢印を選択して新しいウィンドウでレポートを表示したりできます。 リンクを削除すると、リストとLogicMonitorリポジトリからレポートが削除されます。

請求書履歴

詳細は[設定] | [設定]で確認できますアカウント情報は、連絡先情報、ポータル設定、財務の12つのページに分かれています。 財務セクションから、支払い情報を更新したり、過去XNUMX件の請求書にアクセスしたりできます。

2016 05-05-4.18.28 PMでのスクリーンショット

仮想データポイント 

アプリケーション全体で仮想データポイントをどのように使用できるかについて、いくつかの矛盾がありました。 機能が統合され、仮想データポイントが以前に定義されたデータポイント(仮想またはその他)を参照できるようになりました。 これは、ウィジェット構成からデータソースグラフまですべてで利用できます。

その他の改善点

  • 全般
    • 手動入力が可能 SDTの開始時間と終了時間.
    • データソース| 最も関連性の高い情報が一目で表示されるように、データポイントテーブルが再フォーマットされました。 これには、すべてのデータポイントのポストプロセッサの詳細と生のメトリック情報の表示が含まれます。
    • アラートスロットルメッセージは、わかりやすくするために書き直されました。
  • アラートテーブル
    • アラートの詳細をすぐに開かずに、アラートページからテキストをコピーする機能が追加されました
    • 親とすべてのサブグループを表示する場合は、「フルパス」に新しい列を使用できます。
    • チェック時に行全体が強調表示され、何が選択されているかが強調されます。
    • チェックボックス列内をクリックしても、アラートの詳細は開きません
    • テーブルからデバイスを選択すると、アラートインスタンスとグラフが選択されたデバイスにユーザーが移動します。
    • すべての詳細がスクリーンショットまたはコピーされた行で利用できるようにするために、当日の完全な日付が追加されました。
    • データがアラートテーブルに書き込まれた後に更新が確実に行われるように、アラートが確認された後、またはメモが​​更新された後、アラートテーブルの更新にXNUMX秒の遅延が追加されました。
    • アラートテーブルでデータソース、承認、承認を行う機能が追加されました。
  • コレクター
    • コレクターに関連付けられているデバイスを[設定] | [設定]から検索できますコレクター| デバイス。
    • コレクターグループは、デバイスウィザード、ネットスキャンポリシー、およびコレクター画面の管理でコレクターのフィルターとして追加されました。
  • データソースとイベントソース
    • Information、FailureAudit、およびSuccessAuditは、Windowsイベントソースレベルフィルターのオプションから削除されました。 これらの値に設定されたレベルフィルターは、常にイベントIDと組み合わせて使用​​する必要があり、不要になりました。
    • イベントアラート履歴は常に30日間保持され、アカウントごとに最大51,200イベントがローリングされます。 51,200の制限に達したときに削除されるイベントの数を減らしました。
    • 無効なXMLファイルを介してデータソースを追加しようとすると、より役立つエラーメッセージが表示されます。
    • データソースの検索結果は「スティッキー」であるため、結果間をクリックして、探しているものを正確に見つけることができます。 ツリーを更新するためのフォーカスアイコンが間もなく登場します。
  • Devices
    • グループ名またはデバイス名に()を追加すると警告が表示されます。 それらは許可されていますが、glob式で使用する場合は追加の注意が必要です。
    • デバイスツリーは、更新時にスクロール位置を保持するようになりました。
    • インスタンスの詳細ペインに表示される生データタブから「保存済み」列を削除しました。
  • ダッシュボード
    • スピード、スピード、スピード。 まだ十分な速さではありませんか? フィードバックボタンで詳細を教えてください。
    • ダッシュボードが削除されても、ダッシュボード管理ペインのステータスは保持されます。
    • ダッシュボードの説明の更新は自動的に反映されます。
  •  レポート
    • SLAレポートに、停止(またはデータポイントが利用できない)の列が含まれるようになりました。 これにより、ユーザーは、データポイントがレポートのしきい値を満たしていない時間と比較して、到達不能時間を計算する方法を決定することができます。
    • カスタムレポート:以前は、カスタムレポートマクロ関数に渡される変数は連結する必要がありました
      空の文字列に変換されます。 これはもはや当てはまりません。 詳細については、詳細なドキュメントを参照してください。
    • デバイスメトリックトレンドレポートは、新しい マルチグロブルックアップ (globと個別の値の組み合わせを選択)、含めるデバイスグループとデバイスのカスタマイズを容易にします。
    • カスタムレポートテンプレートからword.docをダウンロードできます。
  • サービス
    • 以前は、## URL ##トークンを使用してWebサービスアラートにURLを表示できました。 pingサービスとWebサービスは同じサービスメッセージテンプレートを共有するため、このトークンを更新して、pingサービスアラートのホスト名とIPアドレスも表示するようにしました。
  • ウィジェット
    • globが使用されている場合、最上位(アカウント)グループはデバイスおよびサービスのNOCウィジェットから削除されました。 トップレベルのグループは、常にその子グループの最も深刻なステータスを反映しています。 それでも明示的に含めることができます。
    • Googleマップウィジェットに固定されたデバイスグループまたはデバイスのリダイレクトを追加しました。
    • Googleマップウィジェットは、デバイスグループ内のデバイスのデバイス固有または継承された場所のプロパティの両方を尊重します。  注意:マップウィジェットごとに許可される最大100の異なる場所があり、ウィジェットが現在のUIで編集されると、古いビューでは機能しなくなります。
    • ダッシュボードに固定されたサービスグラフウィジェットには、ウィジェット名に場所が含まれます。
    • 拡張/最小化間、およびセッション間で保持される衛星またはマップビュー。
  • マイナークリーンアップ:
    • シングルサインオンの確認は、必要な場合にのみ表示されます。
    • コレクターグループフィルターはallに設定でき、すべてのコレクターを表示できます。
    • アラートフェールバックメッセージテンプレートは、文法的に正確になるように更新されました。
    • 監視されていないテーブル(グループ化されていない、Netscanによって追加された)内のデバイスの表示が簡素化され、DNS名の表示や、テーブルの簡単な並べ替えが可能になりました。
    • 新しいデータポイントを追加するときのデフォルトのしきい値を削除しました。

修正されたバグ:

  • カスタムレポート: 
    • カスタムレポートグラフマクロのデータソース引数では、大文字と小文字が区別されなくなりました。
  • サービス:  
    • テストサービスの場所は、カリフォルニアの両方のテスト場所を統合しました。 基盤となるマップツールは、この問題に対処するためにアップグレードされました。
  • アラートフィルター:
    • SDTフィルター:  アラートページまたはアラートレポートでSDTフィルタを設定すると、以前は、クリアフィルタに関係なく、表示されるアラートがアクティブなアラートに制限されていました。 Cleared = Allが関連するアクティブアラートと履歴アラートを返す場合にSDT = noでフィルタリングするようになりました。
    • 時間範囲フィルター:終了時刻が設定されていないため、削除されたデバイス、データソース、およびインスタンスのアラートがアラートページとアラートレポートに誤って表示されていました。
  • グラフとウィジェット
    • グラフの負の値は科学的記数法で表示されました。
    • 名前に%が含まれるデバイスは、Googleマップウィジェットに正しく表示されませんでした。
    • パイウィジェットとゲージウィジェットの読み込みに時間がかかりすぎていました
  • 役割とユーザー
    • ステータスフィルターがUsersテーブルで機能しませんでした
    • 多層デバイスサブグループでは、サブグループが必ずしも期待どおりに親ビューのアクセス許可を割り当てるとは限りませんでした。
    • 複数のページテーブルでの選択は、特にユーザーへの役割の割り当てに関して、非表示のページの値を常に尊重しているわけではありませんでした。
  • その他のバグ
    • デバイスまたはサービスに*を使用するアラートルールを編集する場合、[管理]をクリックすると、デフォルトでデバイスフィールドが空白になります。 これはルーティングには影響しませんでしたが、誤解を招く恐れがありました。
    • デバイスグループのしきい値を保存しようとすると、タイムアウトが発生することがありました。
    • ブラウザをズームアウトすると、デバイスをアカウント(ルート)グループにドラッグアンドドロップできないバグが発生しました。
    • アラートメッセージ管理テーブルの行を展開すると、メッセージアイコンが予期せず再配置されました。
    • アンパサンド文字(&)を含むデータソース名により、データ収集の問題が発生していました。
    • EC2ネットスキャンポリシーの場合、ポリシーが再度開かれるたびに、アラートはデフォルトで有効になりました。
    • ダッシュボードの管理リストから特定のダッシュボードを選択すると、ダッシュボードjsエラーが発生します
    • フィルタフィールドでオートコンプリートが期待どおりに動作しない問題をいくつか修正しました。