サポートセンターホーム


v.74リリース:アラート予測、カスタムレポート、およびダッシュボードナビゲーション

04.14.16に公開

このリリースは楽しいものです。監視システムの更新も楽しいものです。 これには、予想されるマイナーな改善とバグ修正、および予測、レポート、ダッシュボードへの大きな変更が含まれています。

注意 –アラート予測およびカスタムレポート機能は、導入期間中にすべてのパッケージで利用できるようになります。  

アラート予測
数リリース前にテーブルウィジェットを導入しました。これは、類似したデバイス間でメトリックを比較するための優れた方法です。 また、数か月前に単一のデータポイントを予測する機能も導入しました。これは、問題の重大度を判断したり、次の予算サイクルを計画したりするのに役立ちます。 これらを組み合わせて、現在および将来のデータポイントのパフォーマンスを一目で確認できる、両方の長所を提供します。

リリースノート

予測は列ごとに有効にでき、テーブルのアラート値まで数日で結果が得られます。 データポイントがアラート状態にある場合、または今後30日以内にアラートしきい値に達すると予想される場合は、日の値が表示されます。 一日の始まりに注意を向ける必要がある場所のクイックヒットリストであろうと、顧客と一緒に計画情報を確認する手段であろうと、インフラストラクチャの管理から推測作業の一部を取り除くことができます。

構成オプションには、トレーニングデータの範囲、最小重大度、および信頼水準が含まれます。 詳細情報が利用可能です こちら.   

カスタムレポート 2016 04-14-3.28.47 PMでのスクリーンショット
高度に構成可能なレポートテンプレートを常に多数提供しており、それらは幅広いデータへのアクセスを提供しますが、特定のレポートに必要なデータとは限りません。 このリリースでは、任意の数のレポート変数、画像、およびその他のコンテキスト情報を使用して、Wordでレポートを作成できます。 LogicMonitorにアップロードするだけで、必要な時間枠、デバイスグループ、または特定のデバイスの数に応じて生成できます。 

2016 04-14-3.40.59 PMでのスクリーンショット

開始するには、詳細なドキュメントを確認してください。また、他にどのようなレポート変数を利用できるようにしてほしいかをお知らせください。

レポートデータの更新
利用可能な場合、すべてのレポートがグラニュラー(TSDB)ストレージエンジンから読み取られるようになりました。 これは、SLAレポートがこれまで以上に正確であることを意味します。 彼らにもう一度試してみる時が来ました!

ダッシュボードナビゲーション
古いビューをオフにできるようにするために必要なダッシュボードの改善点のリストを作成しています。 作業中のロード時間の最適化はまだいくつかありますが、管理要素に顕著な改善を加えました。
2016 04-14-3.48.34 PMでのスクリーンショット
まず、ダッシュボードページを表示しているときに、左側のナビゲーションに[メニュー]という単語が表示されます。 クリックすると、ダッシュボード管理パネルが表示されます。 矢印は管理パネルも開きます。

展開すると、管理パネルはダッシュボードをお気に入り、パブリック、プライベートのダッシュボードに分割し、任意のグループのダッシュボードを検索できるようになります。  

A ダッシュボードをお気に入りに追加できます リストまたはヘッダーの名前の横にある星をクリックして、いつでもグループ化できます。

2016 04-14-3.50.34 PMでのスクリーンショット 2016 04-14-3.50.15 PMでのスクリーンショット
コグを使用すると、ステータスをパブリックからプライベートに(またはその逆に)変更したり、クローンを作成したり、ダッシュボード名を編集したり、ダッシュボードを完全に削除したりするなど、ダッシュボードを管理できます。

管理の改善に加えて、ヘッダーを更新して機能を統合し、時間範囲を呼び出しました。
2016 04-14-3.59.45 PMでのスクリーンショット
まだまだ作業中ですが、私たちは常にあなたが望んでいることを聞くのが大好きです–アカウントの右下にあるフィードバックボタンからメモを送ってください。

変更に適用するためのテストオプション
データソースの変更は威圧的である可能性があり、変更に小さな適用を行うと、インスタンスが自動的に削除される可能性があります。 不安を和らげるために、変更により追加または削除されるすべてのインスタンスを表示するテストオプションが追加されました。 クリックすると、テストオプションに、一致に適用されるデバイスの数が表示されます。  さらに詳しく データソースの調整についてはに適用されます。 
2016 04-14-4.07.41 PMでのスクリーンショット
[表示]をクリックすると、影響を受けるすべてのデバイスの詳細が表示されます。
2016 04-14-4.07.50 PMでのスクリーンショット
現在のみご利用いただけます
データソースを編集するときに適用先ウィザードを使用する場合。

その他の改善:

  • 統合に送信される確認アラート通知メッセージは、標準の電子メール確認アラート通知メッセージと一致するようになりました。
  • 統合連絡方法がコレクターダウンエスカレーションチェーンに含まれている場合、コレクターダウン、コレクターフェイルオーバー/フェイルバック、およびスロットルアラートを統合に送信できるようになりました。
  • アラートテーブルの重大度列は、短い形式または長い形式になりました。 2016 04-12-1.12.28 PMでのスクリーンショット   or  2016 04-12-1.12.39 PMでのスクリーンショット
  • 新しいトークン、  ## EXTERNALTICKETID ##、  メッセージテンプレートで使用できます。 アラートが異なる統合プラットフォーム間で複数のチケットに関連付けられている場合、IDと関連付けられたプラットフォームのリストが表示されます。 アラートに関連付けられた外部チケットIDがまだない場合(たとえば、アラートがトリガーされたばかりの場合)、## EXTERNALTICKETID ##は0として表示されます。
  • 世界 トークン## END ## アラートがクリアされたメッセージに使用でき、クリアされた日時が含まれます。2016 04-11-3.14.14 PMでのスクリーンショット
  • Netscanの監視されていないグループから複数のデバイスを選択し、クリックで移動または削除する機能。 以前は、ドラッグアンドドロップしか使用できませんでした。
  • [エンジニアとチャット]ボタンをいつ表示するかを決定する際に追加された最適化により、エンジニアの可用性が正確に反映されます。
  • 拡大表示でウィジェットを表示しているときに、ズームして時間範囲を変更すると、ウィジェットのタイトルに表示されている時間も更新されます
  • netscan除外ロジックを更新しました。 以前は異なるインクルード設定が優先的に評価されました。 これは逆になり、個別の除外句がすべてのインクルードロジックよりも優先されます。2016 04-11-4.01.05 PMでのスクリーンショット
  • 最も重大度の高いアラートが確認またはSDTされたアイテムに強調が追加されました。
  • マルチインスタンスデータソースのグループ化されていないインスタンスには、最初の100がアルファベット順に表示され、[詳細]のオプションが表示されます。
  • 新しい関数rawpercentileは、グラフ、ウィジェット、および仮想データポイントで使用できます。 この式は、集計データを使用するパーセント関数とは対照的に、生データを使用してパーセント値を計算します。 Rawpercent データポイントの予約用語のリストにも追加されました。2016 04-12-12.51.27 PMでのスクリーンショット
  • NetFlowウィジェットをダッシュ​​ボードに固定すると、方向とインターフェイスのフィルタが保持されます。
  • 参照されているデバイスが停止している場合は、Googleマップウィジェットで新しいアイコンを使用できます。
  • コレクターアラートの確認済みの詳細は、コレクターテーブルの展開された行ビューで利用できます。2016 04-12-1.05.35 PMでのスクリーンショット
  • レポートを検索またはフィルタリングすると、次のように表示されます (x of yレポート) グループ名の横。ここで、xは一致するレポートの数、yは合計です(たとえば、1つのレポートのうちの4つ)。
  • サービスチェックの構成中の場所と手順のテストが改善され、タイムアウトと遅延が回避されました。
  • ウィジェット構成のダッシュボード名フィールドがテキスト入力に変更され、名前を貼り付けたり、提案された結果を表示したりできるようになりました。
  • アクセスログエントリが改善され、netscanポリシーが追加、更新、実行、および削除されたときに、より役立つ一貫性のある情報が含まれるようになりました。
  • デバイスのプロパティは、開いたときに管理ウィンドウにアルファベット順に表示されます。 編集プロセス中も、新しいプロパティが最初に表示されます。
  • デバイスのプロパティ管理に合わせて、機密性の高いサービスプロパティに追加の難読化が適用されました。
  • アラートの有効化/無効化の切り替えは色分けされており、アラートのステータスを一目で簡単に確認できます。2016 04-13-11.38.59 AMでのスクリーンショット
  • コレクターイベントを表示するときに検索ボックスが追加されました。
  • サービスグル​​ープの追加、更新、削除の処理方法を更新しました。 サブグループまたはサービスを含むサービスグル​​ープを削除しようとすると、グループまたはグループとグループ内のすべてのサービス(デバイスグループと同様)を削除するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されるようになりました。 さらに、サービスグル​​ープをそのサブグループのXNUMXつにドラッグすることはできなくなりました。2016 04-13-11.40.57 AMでのスクリーンショット
  • A テーブルウィジェットの行にカスタム名を追加できますs。 デフォルトではデバイス名になりますが、エイリアスまたは省略名を指定するように編集できます。
  • AWS EC2コンテナサービス(ECS)がサポートされるようになりました。  ECSモニタリングには新しいデータソースが必要であることに注意してください。このデータソースはまだ利用できませんが、まもなくコアリポジトリに追加されます。
  • クラスターアラートのステータスは、グループの最も重大度の高いアラートの決定に含まれます。
  • モバイル:横向きと縦向きをすばやく切り替えるときのグラフの表示が改善されました。
  • 番号がブラックリストに登録されていたためにSMSアラートメッセージの配信が失敗した場合に、メールを送信するようになりました。
  • マルチインスタンスデータソースでは、リストされているすべてのインスタンスのアラートを常に有効または無効にできます。 この機能は、監視を有効にするために使用できるようになりました。
  • コレクターのフェールバックに使用できるテンプレート アラート([設定] | [アラートメッセージ]で利用可能)。カスタム情報を含めることができます。 無効な応答情報も削除されました。
  • ユーザーがi
    アカウントから削除された場合、受信するように設定されているレポートの受信者リストからそのユーザーも削除されます。
  • 内部API呼び出し用のCSRF防止フィルターの追加を含む、セッションベースの認証の改善。

※  v.74の最初のリリース以降、特にADFSとCSRFで問題が発生しました。 これらはv.74ポイントリリースで対処されます。

修正されたバグ:

  • ## COLLECTORID ##および## COLLECTORDESC ##トークンは、カスタムHTTP配信方法に対して正しく入力されていませんでした。
  • 受信者フィールドにトークンを含むカスタム電子メール配信方法のアラート配信をテストする場合、以前はトークンを含む応答メッセージを表示していました。 これで、応答メッセージのトークンが適切なコンテンツに置き換えられ、テストアラートの送信先がわかります。
  • データソースに対してデバイスの強制一致を手動で実行すると、一部のユーザーでエラーが発生しました。
  • = 1の代わりに= 1など、古いUIでしきい値が正しくフォーマットされていない場合、新しいUIビューでデータポイントを編集できませんでした。
  • 夏時間より前の過去の日付に追加されたOpsNotesは、6時間のオフを表示していました(たとえば、午後7時に追加され、午後XNUMX時に表示されていました)。
  • netscanスクリプトポリシーの新しい構成では、他のグループが割り当てられていない場合、デフォルトのグループが許可されます。 これで、プライマリ(root)アカウントに設定できます。
  • 名前にスペースが含まれるデータソースを保存できませんでした。 スペースが最初または最後の文字でない限り、データソース名にスペースを使用できるようになりました。
  • 一部の場所でタイムアウトが発生したため、テストサービスが失敗することがありました。