サポートセンターホーム


v.66リリース:Androidアプリ、容量の傾向、UIの改善

08.12.15に公開

v.66には、多くの優れたUIの機能強化と全体的なアーキテクチャの改善が含まれていますが、最初のAndroidモバイルアプリケーションと容量予測の公式リリースとも一致しています。   

必ずチェックしてください 共通ダッシュボード 使用法と方法 どのウィジェットを決定する 使用しています。

Androidモバイルアプリ最初の公式LogicMonitor モバイルアプリケーション で利用可能です Google Playストア.  

主にトリアージツールとして設計されたモバイルアプリケーションを使用すると、次のことが可能になります。

  • アラートの表示(現在は最新のもののみでソートされています)
  • アラートを検索してフィルタリングします。 強力な検索を使用して、検索結果を重大度、デバイス、またはアラートメッセージで使用可能なデータに制限します。
  • スワイプしてアラートに対応-確認、エスカレーション、ダウンタイムのスケジュール設定、メモの追加。
  • 詳細については、アラートを選択してください。
  • アラートをトリガーしたインスタンスのグラフを表示します。
  • ダッシュボードグラフを表示します。
  • グラフとダッシュボードの時間範囲を調整します

将来のバージョンには、より多くのダッシュボードウィジェットと、アラートビューをフィルタリングする機能が含まれる予定です。 

iOSバージョンはテスト中であり、月末までにAppleStoreにリリースされる予定です。

キャパシティ予測

キャパシティフォーキャスト機能の最初の展開を発表できることを大変うれしく思います。 この導入により、過去のパフォーマンスに基づいてデータポイントの期待されるパフォーマンスをグラフ化できます。 すべてのアカウントは15月XNUMX日までにアクセスできるようになります。

試してみるには、デバイスを選択して特定のインスタンスに移動します。 ドロップダウンをクリックして、予測を選択します。

予測ウィンドウが表示されます。 トレーニングデータ(将来の行動を予測するために使用される時間範囲)、および予測する将来の距離を選択できます。 推定パフォーマンスと95%の信頼度の上限と下限が表示されます。

取り付けガイドを参照してください。 キャパシティ予測ドキュメント 詳細については。

デバイス検索

デバイス検索機能は、速度と機能の両方で改善されました。 より迅速な結果に加えて、グループ、デバイス、データソース、またはインスタンス名で検索できるようになりました。

一般的な検索語を入力すると、一致する各タイプのサンプルが表示されます。 Instances(6)などのヘッダーをクリックすると、検索がそのカテゴリに絞り込まれます。

検索は、そのカテゴリを検索するためのショートカットで更新されます。 オプションは次のとおりです。

  •   g:グループを検索
  •   d:デバイスを検索する
  • ds:datasurceを検索する
  •   i:たとえば検索

その他の注目すべき検索オプション:

  • d:dev1 d:dev2は、Dev1とDev2の一致を返します。
  • mygroup ds:datasource1 i:super i:coolは、デバイスまたはグループmygroup上のデータソース1のインスタンスsuperまたはcoolを返します。
  • d:dev1 d:dev2 ds:winCPUは、dev1とdev2上のwinCPIのすべてのデータソースを返します。

ドロップダウンからアイテムを選択すると、メインパネルは更新されますが、ツリーは更新されません。 これは、クリックして正しいエンティティを見つけることができるようにするためです。 メインパネルのブレッドクラムをクリックすると、ツリーが更新されます。

アクセスログAPIが利用可能

アクセスログエントリ APIを介してプログラムで取得できます。

ルックアップの改善

UI全体の選択ボックスの多くはglob式をサポートしていますが、それがどこに当てはまるかを理解するのは難しい場合があります。 これをアスタリスクで呼び始めました。 *が付いたフィールドは、すべてのサブグループのグループ名/ *であるか、アイテムを除外する!Group1であるかに関係なく、globをサポートします。

また、オプションを少し簡単にナビゲートできるようにしました。 フィールドをクリックすると、提案された結果のリストが表示され、入力を開始すると、一致するアイテムが明確に示されます。

これは、設定とダッシュボードおよびウィジェットの構成全体に実装されています。 これは、今後数回のリリースでアプリケーションの残りの部分に導入される予定です。

しきい値の強化

このリリースでは、しきい値テーブルが少し愛されました。 最初の表示は少しわかりやすく、データポイントのしきい値を調整し、どのしきい値が有効であるかを理解しやすくなっています。

その他の改善:

  • 非常に強力です すべてのデータソースデバイスダッシュボード 利用可能です。 これがデフォルトとして表示され、すべてのインスタンスグラフにすばやくアクセスできるようになり、アルファベット順の一部としてデータソースグループが含まれます。
  • 世界 グループのステータスが表示されます デバイスツリーでは、アクティブユーザーが管理する権限を持つデバイスのみに基づいて計算されます。 グループに重大なアラートがあり、ユーザーがエラーアラートのあるデバイスしか表示できない場合、グループにはエラーのステータスがあると表示されます。
  • へのサポート SDTを停止します スケジュールされたダウンタイムの場合、終了時刻を現在の時刻に効果的に設定します。
  • 複数日のスケジュールされたダウンタイム サポートされています。 00:00を超えるダウンタイムが発生すると、以前はXNUMXつの個別のSDTが必要でしたが、現在はXNUMXつのSDTを翌日に設定できます。
  • 削除されたインスタンスからダッシュボードに固定されたウィジェットは自動的に削除されます。
  • フルスクリーンダッシュボード ウィジェットのXNUMXつの完全な行をサポートします。
  • ネットワークトラフィックフロー分析を使用すると、IPアドレスのDNS情報を追加できます。 これらの変更を保存できる列は、説明をアクティブに編集している場合にのみ表示されます。
  • 世界 グーグルマップウィジェット ピンポイントごとにアラートステータスを表示するようになりました。 ホバーすると詳細がわかります。   
  • アラートテーブルで[クリア済み]フィルターが選択されている場合、デフォルト値は[すべて]に設定されます。
  • AWSデータソース 1分のポーリング間隔をサポートするようになりました。 5分ごとにのみデータを提供するAWSリソースのデータソースにデータポイントが含まれている場合、エラーが表示されます。
  • データがウィンドウよりも大きいすべてのテーブルにスクロールバーを追加しました。
  • メニューはデバイスダッシュボードで利用でき、アラートチューニング、SDT、およびデータソース定義に簡単にアクセスできます。
  • [デバイス]ページで使用できるアラートテーブルを、デフォルトの10、25、50、または100アラートに設定できるようになりました。
  • デバイスダッシュボードから[ウィジェットの追加]ボックスを削除しました。 ウィジェットはから追加できます
    アイコンを管理します。
  • 構成に基づいて更新される最小/最大ラベルを含む、ゲージウィジェットの改良。
  • ブレッドクラムまたはリンクがクリック可能であるときをより明確にするために、アンカータグが改善されました。
  • 日付範囲を、機能のより代表的なラベルである時間範囲に変更しました。
  • デバイスに表示されるアラートの総数| [アラート]タブ。
  • 世界 データソースの表示名 デバイスツリーとブレッドクラムに表示されます。
  • デバイスリンクの改善、開始時間の短縮、デフォルトの100アラートの表示など、アラートテーブルの小さな改善。 今後のバージョンでさらに変更が加えられます。

 

API改善

  • GetAlertsRPCに含まれているアクティブフィールド。
  • IDが重複しているためにデバイスをRPC経由で追加できない場合は、詳細が提供されます。
  • フィールド検証の継続的な改善、入力を有効な文字に制限します。 これも反映されます
    アプリケーション内。

修正されたバグ:

  • デバイスのプロパティは 正しく継承された デバイスグループから。 プロパティが構成されているグループ内のデバイスは、引き続きグローバルプロパティを継承していました。 
  • エスカレーションチェーンのないアクティブなアラートが[クリアされたアラート]リストに表示されていました
  • 単一のウィジェットが削除されたデバイスを参照した場合に表示される「デバイスが見つかりません」エラーを削除しました。
  • 固定の アラートレポートのウィンドウイベントフィルタリング、イベントIDフィルターが正しく尊重されませんでした。
  • SLAレポートに余分な列が含まれていたため、データの位置がずれていました。
  • デバイスの管理設定が制限されているユーザーは、管理対象グループからデバイスを削除できませんでした。
  • サブグループのステータスが表示されたとき、サービスNOCウィジェットには常に最上位グループが含まれていました。
  • 読み取り専用ユーザーは、データソースのエクスポートが制限されるようになりました。
  • 複雑なフィルターを使用してアラートレポートを実行すると、常に変更が検出されたワークフローが表示されていました。 このレポートは、フィルターに関係なく、ワンクリックで実行できるようになりました。
  • 設定を表示する権限を持たないユーザーは デバイスを編集できません、コレクターの可視性に関連する権限の競合が原因です。 これで、設定権限のないユーザーはコレクターを変更できませんが、他のデバイスの詳細を編集できます。
  • 返される結果の数の制限が原因でした 不完全なグループおよび選択リストto表示されます。
  • 拡張ウィジェットを表示すると、長いタイムゾーンが余分な空白を引き起こしていました| データ表。
  • 稼働時間ウィジェットラベル ウィジェットのサイズが変更された場合、正しく調整されませんでした。
  • 表示されるデフォルトのダッシュボードは、ユーザーの表示権限を考慮していませんでした。 エラーは表示されなくなりました。その場所で、ユーザーはデフォルトで表示可能なダッシュボードになります。
  • コレクターページ全体が自動更新されなくなりました。 更新すると、 デバッグウィンドウsが閉じられています。
  • Perfmonクラスのみを必要とするようにperfmonDiscoveryメソッドを更新します or Perfmonクラスの正規表現。