サポートセンターホーム


v.136リリース:LM Exchange

05.21.20に公開

v.136ハイライト:

機能のハイライト:LM Exchange

注意: LM Exchangeは、4月XNUMX日にすべてのカスタマーポータルに対してアクティブ化されます。

LogicMonitorは、拡大を続けるLogicModuleのライブラリを提供し、企業が依存しているネットワーキングデバイス、アプリケーション、データベース、サービス、およびその他のシステムとツールをすぐに監視できるようにします。 新しいExchangeページの導入により、このライブラリの保守が大幅に容易になりました。

Exchangeページは、LogicModuleの集中ビューを提供します。 このビューには、ポータルにローカルに存在するLogicModuleだけでなく、LogicMonitorのグローバルリポジトリで使用可能なすべてのLogicModuleが含まれます。 これはLogicModule管理の新しいホームであり、ポータル内にあります。

Exchangeページにある[パブリックリポジトリ]タブ。
新しいExchangeページは、LogicMonitorリポジトリをポータルに直接もたらします。 [パブリックリポジトリ]タブを使用すると、LogicMonitorによって公開されているか、LogicMonitorユーザーコミュニティのメンバーによって公開されているかに関係なく、新規および更新されたLogicModuleを簡単に参照、検索、およびインポートできます。

ハイライトは以下を含む:

  • ガラスの単一のペイン。 単一のUIからLogicModuleを参照、検索、ダウンロード、更新、カスタマイズ、および共有します。
  • 安全なLogicModuleマージ。 Safe LogicModule Merge(SLM)と呼ばれる独自の安全なマージ機能を使用すると、LogicModuleの更新をインポートするときにローカルのカスタマイズを簡単に保持できます。 LogicModuleに加えた変更(アラートしきい値、AppliesToロジック、Active Discoveryフィルター、および更新とは異なるその他の構成)は、インポートプロセス中に強調表示され、XNUMXつずつ解決されます。

    注意: SLMは、早期アクセス(EA)機能としてリリースされています。 EAの機能は新しい機能をデビューさせ、ほぼ安定していますが、重要な操作での使用はまだ推奨されていません。

  • パッケージ。 パッケージと呼ばれる新しいLogicModuleグループは、監視対象のテクノロジーに従って編成されます。 たとえば、Microsoft Office 365パッケージには、デバイスまたはシステムの完全な監視範囲を提供するために連携して機能するすべてのデータソース、PropertySource、およびConfigSourceが含まれています。 パッケージは、特定のテクノロジーを正常に監視し、これらのLogicModuleの効率的なインポートを可能にするために必要なLogicModuleの鳥瞰図を提供します。
  • 合理化されたコミュニティ共有。 LM Exchangeは、LogicMonitorユーザーコミュニティのメンバーによって開発されたLogicModuleの検索と共有のためのより合理化されたプロセスを提供します。
  • 直感的なデータソースエディタ。 LM Exchangeでは、LogicModuleの改善されたエディタービューを導入しています。 現在、Exchangeページからのデータソース編集のみがサポートされています。 (LogicModule構成ダイアログは 設定| LogicModules LM Exchangeによって完全なパリティが達成されるまで、引き続き使用できます。)

詳しくは、をご覧ください。 LMエクスチェンジ.

プラットフォームの機能強化

アラート

  • アラートクリア通知ルーティング。 SDTが繰り返し発生するリソースの場合、SDTの開始時刻の計算に問題がありました。 ルーティングされるべきときにアラートクリア通知が抑制される原因となっていたこの問題(v.133で導入されたアラートクリアルーティング動作機能の改善による)が修正されました。

スクリプティングに適用

  • AppliesToテスト結果。 AppliesToテストの結果では、AppliesToステートメントで定義された条件を満たすリソースが、リソースの親または親グループからのプロパティの継承によって満たされている場合、それらの条件が満たされていませんでした。 これは修正されました。

コレクタ

  • コレクターMGD28.005。 LogicMonitorは、28.005月にリリースされたGD 30の一般展開コレクターバージョンを、次のMGD(最小一般展開)コレクターバージョンとして指定しました。 6月9日、太平洋標準時の午後28.005時から28.100時の間に、バージョンGD 30未満(またはEA 27.005の早期アクセスバージョン未満)のLogicMonitorプラットフォーム内のすべてのコレクターが、この新しい最小バージョンに自動的に更新されます(ご自身でアップグレードすることをお勧めします)。自動更新の前にスケジュールします)。 XNUMX月XNUMX日以降、MGD XNUMXの以前の最小一般展開のサポートを正式に廃止し、サポートを停止します。 詳細については、を参照してください。 MGDコレクター– 28.005.

全般

  • アメリカ/サンパウロのタイムゾーン指定。 「America / Sao_Paulo」タイムゾーンの指定をGMT-2からGMT-3に更新し、ブラジル当局による変更に合わせました。

LMクラウド

  • コレクターの再割り当て。 以前にABCG(自動バランスコレクタグループ)に割り当てられていた場合でも、LMクラウド内のデバイスを特定のコレクタ/コレクタグループに割り当てることができるようになりました。 以前は、デバイスがABCGに割り当てられていた場合、を使用して特定のコレクターに再割り当てすることはできませんでした。 コレクタ フィールド。 ABCGはこのフィールドを上書きします。 また、以前はこの値を「なし」に設定できなかったため、自動割り当てができませんでした。
  • GCPプロジェクトIDのエラーメッセージ。 大文字と小文字を区別するGCPプロジェクトIDに関して生成されたエラーメッセージが誤って生成されていました。 これは修正されました。

LMコンテナ

  • Kubernetes1.18。 LMコンテナがKubernetes1.18の認定を受けました。

NetFlow

  • NetFlowデバイスハートビートデータソース。 で説明したように 新規および更新された監視範囲 セクションでは、コレクターがデバイスからのNetFlowデータの受信を停止したときにアラートを開始するための新しいデータソースが追加されました。
  • NetFlowの複数選択QoSフィルター。 NetFlowトラフィックをフィルタリングするときに、[トラフィック]タブで、複数のQoSフィルター基準を選択できるようになりました。 QoSタイプ フィルタのドロップダウンメニュー。 以前は、フィルターごとにXNUMXつ(またはすべて)のQoSタイプ基準のみをフィルター処理できました。
  • 「0」のポートを参照するNetFlowパケット。 送信元ポートまたは宛先ポートが「0」のNetFlowパケットは破棄されていました。 これは修正されました。

レポート

  • 新しいレポート保持期間の設定。 レポート保持期間の新しいオプションが追加されました。これにより、生成されたレポートをオンラインで利用できる期間を柔軟に指定できます。 ザ・ 高い柔軟性(7日間の保持) オプションは、LogicMonitorのXNUMX日間の履歴レポート保持タイムラインを模倣しますが、 高セキュリティ(8時間の保持) オプションは、保持期間を大幅に短縮します。 既存のレポート構成は、特に再構成されない限り、デフォルトでXNUMX日間の保持タイムラインになります。
  • リソースメトリックトレンドレポート。 リソースメトリックトレンドレポートの最小値と最大値が正しく計算されていませんでした。 これは修正されました。

セキュリティ

  • Chrome80はSSOでサポートされています。 80月4日に安定したと宣言されたGoogleChromeブラウザのバージョン80では、クロスサイトCookieを処理するための新しいデフォルトのセキュアモデルが導入されています。 これらの変更により、Chrome80を実行しているLogicMonitorユーザーがSSO経由でプラットフォームにサインインできなくなることがありました。 この問題は修正され、LogicMonitorは回避策を必要とせずにChromeXNUMXを介したSSOサインインをネイティブにサポートするようになりました。
  • その他のセキュリティの修正と改善。 このバージョンでは、さまざまなセキュリティ修正と改善がリリースされています。

トポロジーマッピング

  • マップの表示が改善されました。 マップされたリソースの配置を再配置した後にそれらの接続が追加された場合に、新しく追加された接続が互いにスタックする原因となっていたマッピングページの問題を修正しました。

新規および更新された監視範囲

アカウントがv.136にアップグレードされたら、新しく更新されたLogicModuleをLogicMonitorリポジトリからインポートして、監視範囲を拡張および強化します。

新しい監視範囲

  • AWSAPIゲートウェイステージ –1データソース

    特定のデプロイステージへの名前付き参照であるAWSAPIGatewayステージの検出とモニタリングを追加しました。 ステージごとにモニターされるメトリクス(CloudWatchによって報告される)には、4XXError、5XXError、CacheHitCount、CacheMissCount、Count、IntegrationLatency、Latencyが含まれます。

  • AWS エラスティックサーチ サービス –1データソース

    Elasticsearchをデプロイ、保護、実行、スケーリングするためのフルマネージドサービスであるAWSElasticsearchサービスを検出および監視します。 監視されるメトリックには、AutomatedSnapshotFailure、CPUCreditBalance、CPUUtilization、CPUUtilizationMax、ClusterStatusGreen、ClusterStatusRed、ClusterStatusYellow、ClusterUsedSpace、ClusterUsedSpacePercent、DeletedDocuments、FreeStorageSpace、JVMMemoryPressure、Nodes、SearchableDocumentsが含まれます。

  • (トポロジーマッピング) Cisco HyperFlex – 1つのPropertySource、1つのTopologySource

    世界 addERI_Cisco_Hyperflex PropertySourceと Cisco_Hyperflex_Topology TopologySourceが追加され、CiscoHyperFlexのトポロジマッピングカバレッジが強化されました。

  • シスコUCS – 7つのデータソース、1つのPropertySource、1つのTopologySource

    v.134で、LogicMonitorは、(収集方法としてSNMPに依存するのではなく)UCS ManagerAPIを活用するCiscoUCSの新しい監視パッケージをリリースしました。 v.136では、APIカバレッジを拡大するためにさらにXNUMXつのデータソースをリリースしています。 Cisco_UCS_Fans, Cisco_UCS_PSUs, Cisco_UCS_FabricExtender, Cisco_UCS_FexPorts, Cisco_UCS_SANPortChannels, Cisco_UCS_ChassisPortsCisco_UCS_ServerInterfaces.

    また、 addERI_Cisco_UCS PropertySourceと Cisco_UCS_Topology トポロジマッピングカバレッジを強化するためのTopologySource)。 APIを介したCiscoUCSモニタリングの設定の詳細については、を参照してください。 CiscoUCSモニタリング.

    注意: これらの新しいAPIデータソースは、既存のSNMPベースのCisco UCSデータソースの一部(すべてではない)の機能と重複しています。 今のところ、SNMPベースのデータソースを無効にするのではなく、両方のセットを並行して実行することをお勧めします。 今後のリリースでは、APIベースのスイートの範囲を拡大し、その時点で、公式のDataSourceの非推奨に注意します。

  • デルSC(ストレージセンター) – 15個のデータソース、1個のPropertySource

    この新しいLogicModuleスイート(名前の前に「Dell_SC」が付いています)は、Dell-SCベースのシステム用のDellCompellentおよびDellSC Compellent(名前の前にそれぞれ「Dell_Compellent」および「Dell_SC_Compellent」が付いています)LogicModuleに置き換わるものです。

    この新しいスイートが追加されたのは、最近のハードウェアで、Dellが古い1.3.6.1.4.1.16139から移行するにつれて、温度、ファン、ファンのステータス、その他のデータなどの重要なデータの検出と収集の信頼性が低下したことが判明したためです。 1.3.6.1.4.1.674.11000.2000.500.1新しいXNUMXDell Storage CenterOIDに対する優れたテクノロジーOID。 この新しい監視スイートは、検出と収集に後者のOIDのみを使用します。

    この新しい監視パッケージの設定とモデルの互換性の詳細については、を参照してください。 デルSCモニタリング.

    注意: 次のセクションで説明するように、すべての最新バージョンではアラートが無効になっています Dell_Compellent* 影響により Dell_SC_Compellent* 重複アラートを防ぐためのLogicModule。

  • GCPサーバーレスクラウドラン –1データソース

    サーバーレスのフルマネージドGCPCloud Runコンピューティングプラットフォームのパフォーマンスメトリック(Stackdriverによって報告される)を監視します。 請求可能なインスタンス時間、コンテナのCPU /メモリの割り当てと使用率、リクエスト数とレイテンシなどの指標。

  • Microsoft AzureAutomationアカウント証明書 –1データソース

    Azure自動化証明書の有効期限データを検出および監視します。

  • MicrosoftAzure仮想ネットワークゲートウェイ接続 –1データソース

    平均帯域幅や、ボリューム、パケット、パケットドロップなどの出力/入力データなど、VPN接続/トンネルごとに(Azure Monitorを介して)さまざまなメトリックを監視します。

  • Microsoft Azure Web ジョブ –1データソース

    特定のアプリサービスのインスタンスとしてWebJobを(Azure Monitorを介して)検出および監視し、顧客がジョブのステータスを監視できるようにします。

  • Microsoft SQLServerフェールオーバークラスター – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    Windows Serverフェールオーバークラスター(WSFC)上のSQLServerノードを監視します。 で説明したように Windows Serverフェールオーバークラスター(SQL Server上)の監視、これらの新しいLogicModuleは、LogicMonitorのSQLServer監視スイートと組み合わせて実行することを目的としています。

  • NetFlowデバイスハートビート –1データソース

    NetFlowデバイスに関連付けられたコレクターの受信NetFlowパケットをモニターし、最新のNetFlowハートビートからの時間がアイドル間隔を超えた場合にアラートを出します。

  • ラッカスゾーンディレクター – 9つのデータソース、1つのPropertySource、1つのSNMPSysOIDマップ

    LogicMonitorは、RuckusZoneDirectorの新しい監視パッケージをリリースしました。 監視されるさまざまなメトリックには、稼働時間、CPU、メモリ、WLAN、WLANクライアント、WLANアクセスポイント無線、WLANエラー率、不正なWiFi信号が含まれます。この新しい監視パッケージの設定の詳細については、を参照してください。 ラッカスゾーンディレクターモニタリング.

  • SNMPネットワークインターフェイス –1データソース

    この新しいデータソースのこの機能は、既存のデータソースの機能と同じです。 snmp64_If- Groovyで記述されていることを除いて、データソース。 その目的は、効率、パフォーマンス、およびスケーラビリティを向上させることであり、最終的には snmp64_If- 情報元。 現在のところ、この新しいデータソースではデフォルトのアラートは有効になっていません。

  • StatusPageIOサービスステータス – 1つのデータソース、1つのPropertySource

    Atlassian Statuspage(statuspage.io)によってホストされている公的にアクセス可能なステータスデータを使用して、SaaSアプリケーションのステータスを監視します。 この新しい監視パッケージの設定の詳細については、を参照してください。 Atlassian Statuspage(statuspage.io)モニタリング.

  • ズーム会議のユーザーQoS –1データソース

    オーディオとビデオの遅延、ジッター、ビットレート、平均損失など、Zoom会議のユーザーQoS(サービス品質)メトリックを集約します。

監視範囲を更新

  • AWSVPCトランジットゲートウェイ –1データソース

    TransitGatewayIdではなくTransitGatewayの新しいAWSメトリックパスを参照するようにデータポイントを更新します。

  • Cisco ASA –2つのデータソース

      Cisco_ASA_Fans データソース、FanSpeedデータポイントのRPMファン速度アラートの下限しきい値を削除しました。 のために Cisco_ASA_Temperature データソース、スケールルックアップとscaleArrayの値への一致のロジックを修正しました。

  • Cisco HyperFlex HypervisorVMS –1データソース

    toLong()関数を使用しての値を変換するようにデータ収集スクリプトを更新しました storage_provisioned データポイント。

  • (トポロジーマッピング) シスコUCS – 1 つの PropertySource

    更新しました addCategory_Cisco_UCS トポロジマッピングカバレッジを強化するためのPropertySource。

  • CitrixXenAppアプリケーションの使用法 –1データソース

    HTTP404エラーコードをチェックするための追加のスクリプトAPI応答チェックを挿入しました。 マイナーなアクティブディスカバリーとデータ収集スクリプトのクリーンアップを実行しました。

  • DellCompellentおよびDellSC Compellent –16つのデータソース

    前のセクションで説明したように、LogicModulesの新しいスイート(名前の前に「Dell_SC」が付いています)がリリースされ、現在のすべてのDellCompellentおよびDellSC Compellent(名前の前にそれぞれ「Dell_Compellent」および「Dell_SC_Compellent」が付いています)のLogicModules Dell-SCベースのシステム。 アラートの重複を避けるために、アラートはすべてのユーザーに対して無効になっています Dell_Compellent* 影響により Dell_SC_Compellent* LogicModules。

  • Device_BasicInfo – 1 つの PropertySource

    NetScalerメーカーエンドポイントのサポートが追加されました。

  • HTTP- –1データソース

    警告メッセージの「SSL」に関する言及を削除しました。

  • インターフェイスVLAN(64ビット) –1データソース

    不足している概要グラフを追加しました。 さまざまな正則グラフ、データポイントの説明、およびアラートメッセージをクリーンアップしました。

  • Kubernetesコンテナ –1データソース

    Active Discoveryスクリプトを更新して、コンテナ環境変数をインスタンスレベルのプロパティとして追加しました。

  • Meraki CloudControllerデバイスインベントリ –1データソース

    teleworkerGatewaysの数を計算する際のデータ収集スクリプトの問題を修正しました。 ヘルパーメソッドにセッションクローズロジックを追加しました。 マイナーなスクリプトのクリーンアップを実行しました。

  • Microsoft Azure ExpressRoute 回線 –1データソース

    ARPとBGPの可用性、およびグローバルリーチとQoS帯域幅のメトリックを監視するための新しいデータポイントが追加されました。

  • Microsoft Azure VM –1データソース

    Azure監視ダッシュボードによるデータの表示方法を反映するために、AzureAPIによって返されるデフォルトのデータポイントデータ集約を採用しました。

  • Microsoft DHCP:IPv4スコープ –1データソース

    Active Discoveryの問題に対処するために、マルチ出力フォーマットのサポートが追加されました。

  • Microsoft Office 365 MicrosoftTeamsのユーザーアクティビティ –1データソース

    重複トークンリクエストを削除しました。 -BasicParsingがリクエストに渡されることを確認しました。

  • Microsoft Office365レポート – 4つのデータソース(更新)、3つのデータソース(除去された)

      Office365_Reports_MicrosoftTeamsDeviceUsage, Office365_Reports_OutlookEmailActivity, Office365_Reports_ServicesUserActivityOffice365_SharepointOnline_SiteStatus データソースのValidate-Null関数が更新され、デフォルトの0ではなくNullまたはEmptyが返されるようになりました。さらに、PowerShellコードのクリーンアップと書式設定が実行されました。

    削除: 過剰なインスタンスが作成されたため、次のデータソースがLogicMonitorリポジトリから削除されました。 Office365_Reports_UserActivityDetails, Office365_Reports_OneDriveUserActivityDetail, Office365_Reports_SkypeforBusinessUserActivityDetail.

  • Microsoft SQL Serverの– 2つのデータソース、3つのPropertySource

    更新しました WinSQLServices- データソースとXNUMXつのPropertySources(addCategory_MSSQL, Microsoft_SQLServer_ConnectionsMicrosoft_SQLServer_SQLAuthConnections)。 PropertySourcesは、新しくリリースされたMicrosoft SQLServerフェールオーバークラスターデータソースによって導入された新しい監視機能に対応するためにクラスターを認識します。 さらに、これらのPropertySourceは、次の場合にSQL認証を使用するように更新されました。 jdbc.mssql.user 影響により jdbc.mssql.pass プロパティはデバイスに入力されます。 のために Microsoft_SQLServer_Connections PropertySource、データ収集を妨げていたスクリプトから漂遊0が削除されました。

      WinSQLServices- DataSource、AppliesToステートメントが更新され、WindowsServerフェールオーバークラスターでの二重レポートが防止されました。 のデータ収集スクリプト Microsoft_SQLServer_SystemJobs 大文字と小文字の区別が有効になっているシステムと互換性があるように、データソースが更新されました。

  • NetSNMPのメモリ使用量 –1データソース

    Red Hat EL7.7 net-snmpバージョン7-5.7.2-el43の問題に対応するためにカーネルの上限7を追加しました(これはバージョンnet-snmp-5.7.2-47.el7で修正されたため)。 これはEL7カーネル7.8と一緒にリリースされました。 カーネルEL7バージョン7.8で完全に更新されたシステムは、net-snmp-5.7.2-47.el7以降を実行します。

  • OSPFネイバー –1データソース

    PeerAlert複合データポイントのデータなしアラートを削除しました。 デバッグ出力フラグ機能を備えた更新されたActiveDiscoveryおよびデータ収集スクリプト。 マルチコンテキストサポート要件を反映するようにテクニカルノートを更新しました。

  • Slack – 1つのデータソース、1つのEventSource

      Slack_Services_Status データソースは、すぐに使用できるアラートのステータスデータポイントにアラートしきい値を追加しました。 のために Slack Events EventSource、イベントキャプチャロジックを更新して、イベントをより適切にキャプチャし、停止が更新されたときにアラートを出します。

  • (トポロジーマッピング) データソース –56つのデータソース

    トポロジマッピング操作を改善するために、次のデータソースのActive Discoveryスクリプトが更新され、コンマを含む名前空間に対応しました。

    • Cisco HyperFlex:データストア、ハイパーバイザーコントローラーVM、ハイパーバイザーディスク、ハイパーバイザーホスト、ハイパーバイザーVM、ノード、ステータス(7つのデータソース)
    • Cisco UCS:ブレードサーバー、シャーシ、シャーシ使用率、ディスク、ファブリックエクステンダー、ラックサーバー(6つのデータソース)
    • Meraki:MS統計、MX統計、Z統計(3つのデータソース)
    • NetApp 7-モード:ディスク、ボリューム(2データソース)
    • NetAppクラスターモード:ディスク、ボリューム(2データソース)
    • Ubiquiti UniFi:アクセスポイント、有線クライアント、ワイヤレスクライアント、スイッチ(4つのデータソース)
    • VMware ESXiデータストアステータス(1データソース)
    • VMware vCenter:クラスターパフォーマンス、データストア容量、データストアパフォーマンス、データストアステータス、ホストインターフェイス、ホストパフォーマンス、ホストステータス、ホストvSwitch、VMDK、VMインターフェイス、VMパフォーマンス、VMステータス(12個のデータデータ)
    • VMware vSphere:VMパフォーマンス、VMステータス(2つのデータソース)

    トポロジマッピング操作を改善するために、次のデータソースのActive Discoveryスクリプトが更新され、SNMP WalkAsMapを呼び出すときに空のマップが渡されないようになりました。これにより、特定の環境で適切なインスタンス検出が妨げられていました。

    • Aristaセンサー:電流、DOM、DOMレーザーバイアス、ファン、温度、電圧(6データソース)
    • Axcient Backup:ジョブ、オフサイトジョブ(2つのデータソース)
    • Cisco NTP(1データソース)
    • Ciscoワイヤレスアクセスポイント:インターフェイス、無線(2データソース)
    • アクセスポイント(1データソース)
    • ESS(1データソース)
    • 不正アクセスポイント(1データソース)
    • Huaweiシャーシの光学統計(1データソース)
    • Linuxの新しいプロセス(1データソース)
    • SNMPネットワークインターフェイス(1データソース)
  • (トポロジーマッピング) プロパティソース –23つのPropertySources

    LogicMonitorリポジトリで公開されているほとんどすべてのaddERIPropertySourceには、トポロジマッピングの表示と操作を強化する目的でマイナーアップデートが適用されています。 これらの更新には、(1)コンマを含む名前空間に対応し、(2)SNMP WalkAsMapを呼び出すときに空のマップが渡されないようにするためのスクリプトの機能強化が含まれます。これにより、特定の環境での適切なインスタンス検出が妨げられていました。

    注意: LogicMonitorリポジトリには、これらのマイナーアップデートのいずれかを受信しなかったaddERIPropertySourceがXNUMXつだけあります。 addERI_Kubernetes_Node, addERI_Kubernetes_PodaddERI_Kubernetes_Service.

  • UNCモニター- –1データソース

    Groovyスクリプトを使用して使用仕様を可能にするようにリファクタリングされたデータ収集方法。 改善されたグラフ。

  • VMware vCenterVMのパフォーマンス –1データソース

    壊れたVMハードウェアメモリをより適切に処理するようにActiveDiscoveryスクリプトを更新しました。 以前は、壊れたVMがXNUMXつでも、データソース全体の関連付けに影響を与える可能性がありました。

    トポロジマッピングのカバレッジが強化されました。

  • VMware vSANVMのパフォーマンス –1データソース

    パフォーマンスを向上させるために、ActiveDiscoveryおよびデータ収集スクリプトでマルチスレッドの更新を行いました。

ベータ版に入る

次の機能は最近ベータテストに入っています(または間もなく開始されます)。 参加をご希望の場合は、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)に詳細をお問い合わせください。

改善されたSlackアラート統合

LogicMonitorは現在、Slack用の新しいLogicMonitorアプリを活用するSlack用の拡張アラート統合のベータテストを行っています。 LogicMonitorとSlackの間のアラート統合は双方向であり、次の機能をサポートします。

  • LogicMonitorアラート通知をSlackにルーティングします(アラートがルーティングされる条件と、アラートがルーティングされるSlackチャネルを構成します)
  • SlackからLogicMonitorでアラートを開く
  • Slackからのアラートを確認する
  • アラートをトリガーするリソースをSlackからのスケジュールされたダウンタイム(SDT)に配置します

ベータ版で利用可能な新しいSlack統合機能の詳細については、を参照してください。 Slack統合:LogicMonitorアプリベータ版.

AIOps早期警報システム(フェーズXNUMX)

昨年XNUMX月、LogicMonitorはAIOps早期警告システムのフェーズXNUMXをリリースしました。 この最初のフェーズでは、動的なしきい値と根本原因分析を提供しました。 フェーズXNUMXの取り組みの一環として、動的しきい値の機能を拡張しています。

前述のように データポイントの動的しきい値の有効化、現在、動的しきい値は、アラートのトリガー値が異常検出アルゴリズムによって異常と見なされない場合、アラート通知ルーティングを抑制します。 つまり、予想されるデータ範囲内にあるデータ値を表すアラート通知は、不要なアラートノイズを減らすために自動的に抑制されます。

このベータ版で利用可能な改善により、動的しきい値は、値が下がったときに自動的にアラートを出します 外側 予想されるデータ範囲。

異常なデータを認識して積極的に行動する能力に基づいて構築することで、両方の長所を提供します。

  • 静的データポイントのしきい値が適切に調整されていない場合のノイズの低減(通知抑制による)
  • 静的データポイントのしきい値によってまだキャッチされていない(またはおそらくキャッチされない)問題の以前のアラート。

ベータ参加要件:動的しきい値のベータプログラム(フェーズXNUMX)に参加するには、サンドボックスアカウントがあり、LogicMonitorEnterpriseを実行している必要があります。

記事上で