サポートセンターホーム


v.118リリース:新しいSLA計算方法

04.15.19に公開

118月末までに展開されるv.XNUMXは、リソースがサービスレベルアグリーメント(SLA)の目標をどの程度効果的に達成したかを計算する新しい方法と、LogicMonitorのクラウドモニタリング、コレクターページ、RESTAPI全体にわたるその他の多数の更新を備えています。

リリースのハイライト:新しいSLA計算方法


以前は、SLAダッシュボードウィジェットとSLAレポートの両方について、SLAの順守は、SLAで追跡されたすべてのリソースの時間の割合を決定することによって計算されていました。 同時に 個々のしきい値を満たしました。 v.118のリリースにより、すべてのリソースで許容可能なサービスレベルが維持された時間の割合を平均するXNUMX番目の計算方法が利用可能になりました。 これらXNUMXつの計算方法の違いは微妙です。 それぞれの詳細を確認し、追跡のニーズに最適なものを決定するには、を参照してください。 SLAウィジェット or SLAレポート.

元のSLA計算方法(リソースが同時に個々のしきい値に達した時間の割合)はデフォルトのままですが、ウィジェットまたはレポートの構成設定で簡単に変更できます。 注意: WebサイトのSLAは、常に平均的な(同時ではない)可用性に基づいて内部で計算されており、その計算には影響しません。

その他のv.118の機能強化

コレクター

  • コレクターステータスアイコンはグループレベルに伝播します。 コレクターのアラートステータスは、コレクターページのグループレベルに「バブルアップ」するようになりました。 この新しいコレクターページのUI機能は、リソースツリーに表示される機能と似ています。 コレクターグループのメンバーのステータスが異なる場合、グループ全体のステータスは、優先度の高いものから低いものの順に、次の優先度順に決定されます。
     

    1. (コレクターダウン)
    2. (コレクターが死亡)
    3. (コレクターダウン+ SDT)
    4. (コレクターダウン+ ACK)
    5. (コレクターダウン+ SDT + ACK)
    6. (コレクターSDT)
    7. (コレクタークリア)

    コレクターグループのメンバーにアラートがない場合は、チェックマークをオフにします( )アイコンが表示されます。

  • 32ビットコレクターのサポートが終了します。 32ビットコレクターのサポートは、JDK 28.400へのアップグレードの一環として、EA 11で終了します。懸念がある場合は、カスタマーサクセスマネージャーまたはサポートに連絡してください。 EA28.400は約XNUMX週間でリリースされます。
  • リソース数が正しくありません。 コレクターページに誤ったリソース数が表示されていました。 これは修正されました。

コネクター

  • カスタムHTTPアラート配信統合をインポート/エクスポートします。 カスタムHTTPアラート配信統合をインポート/エクスポートする機能が追加されました。 この機能により、ブランド統合のリストにまだ追加されていないカスタム統合の共有とセットアップが合理化されます。

LMクラウド

  • アマゾンウェブサービス(AWS)モニタリングアップデート:
    1. AWS WAF WebACLモニタリング。 AWS WAF Web ACLのCloudWatchメトリクスを検出および監視するためのサポートが追加されました(AWSアカウントレベルのデバイスの下)。
  • Azureモニタリングの更新:
    1. AzureAdvisorのイベントコレクション。 LogicMonitorは、AzureAdvisorからイベントを取得する新しいEventSourceを公開しました。 イベントの重大度は、AzureAdvisorのリスクフィールドからマッピングされます。 これは、LogicMonitor内で監視対象のAzure環境と一緒にセキュリティの問題やその他のAzureの推奨事項を表示するのに役立つ場合があります。
    2. 動的メトリック集約仕様。 新しいを使用して、Azureメトリック集約を動的に指定する機能 ## primaryAggregation ## トークンが追加されました。 これは、Microsoftの変更がメトリック集計方法をサポートするときに発生するデータ収集の問題を回避するのに役立ちます。
  • Google Cloud Platform(GCP)モニタリングの更新:
    1. GCE用に入力されたプライベートIPアドレス。 以前は、パブリックIPのないGoogle Compute Engine(GCE)インスタンスのプライベートIPアドレスは入力されていませんでした。 これは修正されました。
    2. HTTPロードバランサーの監視が改善されました。 GCPHTTPロードバランサーの個々のバックエンドサービスを検出および監視するためのサポートが追加されました。
  • 一般的なLMクラウドの更新:
    1. RBACのバグが修正されました。 クラウドリソースを編集するには、ユーザーがすべての親グループへのアクセスを管理する必要があるというバグが特定されました。 これは修正され、標準のLM RBACに準拠するようになりました。これにより、ユーザーはリソースを編集するために単一の親グループへのアクセスのみを管理する必要があります。

LMコンテナ

  • Kubernetesモニタリング用の既存のダッシュボードグループを選択します。 ユーザーは、Kubernetesクラスターをモニタリングに追加するときに既存のダッシュボードグループを選択できるようになりました(新しいクラスターを作成する必要がある場合とは異なります)。 これにより、既存のリソース、コレクター、ダッシュボードグループ用に事前構成されたKubernetesモニタリングAPIユーザーを使用できるため、必要な権限を最小限に抑えることができます。
  • Kubernetesの追加ウィザードからetcd検出トークンを指定します。 UIを介してKubernetesクラスターをモニタリングに追加するときにetcd検出トークンを指定できるようになりました(これは常にヘルムチャートで使用可能なフィールドでした)。 これは、外部のetcdノードを監視に追加するのに役立つ場合があります。

LMサービスインサイト

  • 複雑なデータポイントのグラフの自動作成。 サービスの作成中に指定された複雑なデータポイントのグラフが自動作成されるようになりました。 以前は、グラフは標準データポイントに対してのみ自動作成されていました。
  • グラフ表示の優先度を変更します。 自動作成されたサービスグラフに一意の優先度番号を追加しました。 これらは、特定のグラフの表示優先度を変更するのに役立つ場合があります。

ロジックモジュール

  • JobMonitorは、より早い実行時間を許可します。 JobMonitorsによって監視されるジョブは、アラートをトリガーすることなく、構成された開始時刻より最大XNUMX分早く開始できるようになりました。 この機能拡張は、LogicMonitorとお客様のシステム間のわずかな時間変動による誤ったアラートを回避するために実装されました。

ZOOO アプリについて

  • 2FAサポート。 LogicMonitorは、ユーザーに対して有効になっている場合、モバイルアプリに2FA(2要素認証)を適用するようになりました。 2FAを使用してモバイルアプリからLogicMonitorにログインするプロセスは、モバイルデバイスのWebブラウザーまたは2FAを使用してデスクトップバージョンからLogicMonitorにログインするプロセスと同じです。 LogicMonitorによるXNUMXFAのサポートの詳細については、を参照してください。 Two-Factor認証.

REST API

  • EventSourceの取得。 APIを介してEventSourcesを取得する機能を公開しました。
  • Webサイトリソースの新しいタイムスタンプ。 追加されたa 最終更新 Webサイトリソースへのタイムスタンプ。 これは、特定のタイムスタンプ以降に更新されたWebサイトをプログラムで識別するのに役立ちます。

LogicModuleリリース

前回のリリース以降に追加または更新されたLogicModule。

新しい監視範囲

  • AWSクラシックELBリスナーの使用法 –1データソース
  • AzureAdvisorの推奨事項 –1つのEventSource
  • GCPコンピューティングクラウドルーター –1データソース
  • Microsoft Azure SQLElasticプール –1データソース
  • Microsoft AzureVMバックアップ –1データソース

モニタリングの改善

  • addCategory_NoPing – 1 つの PropertySource
    • AppliesToロジックを更新
  • バラクーダネットワーキング – 1AppliesTo関数
    • バラクーダネットワークデバイスの検出をに追加しました isNetwork() AppliesTo関数
  • GCPクラウド機能 –1データソース
    • グラフの微調整
  • ボリューム別のHP3PAR VLUN –1データソース
    • 改善された正規表現パターンマッチング
  • Kubernetes –7つのデータソース
    • さまざまなパフォーマンスの改善と効率を導入
  • Kubernetesノード –1データソース
    • CPUリクエストグラフから削除された最大値
  • Kubernetesクラスターアグリゲート –1データソース
    • グラフとデータポイント定義のマイナーアップデート
  • Kubernetesポッド、コンテナ、スケジューラ –3つのデータソース
    • 追加のタイムアウトサポートとスクリプトのクリーンアップ
  • Linux SSH – 7つのデータソース、2つのPropertySource
    • ハングしている接続とタイムアウトを修正しました
  • NetAppクラスターディスク –1データソース
    • nullおよび空の応答例外を処理するためにコレクションスクリプトでエラーが修正されました
  • NetAppクラスターSnapMirror –1データソース
    • unhealthy_reasonデータポイントに追加された追加の説明情報
  • NetAppシステム情報 – 1 つの PropertySource
    • SSL呼び出しが欠落しているためのADスクリプトのエラーを修正しました
  • SonicWall SonicOS – 1 構成ソース
    • 検出されたインスタンスの例外処理が改善されました
  • VMwareESXiおよびvCenter –11つのデータソース
    • マイナースクリプトのクリーンアップ/更新、更新されたホストステータスデータポイント
  • VMwarevCenterネットワークステータス –1データソース
    • AppliesTo関数の問題を修正しました

記事上で