サポートセンターホーム


v.102リリース:テーブルウィジェットとコレクターのプロパティが改善されました

03.26.18に公開

v.102リリースは、XNUMX月末からXNUMX月の第XNUMX週まで展開されます。 このリリースでは、コレクタープロパティや改善されたテーブルウィジェットなど、待望の変更がいくつか導入されています。

テーブルウィジェット

v.99では、テーブルウィジェットに大幅な改善が導入され、globを使用して指定されたデータポイントのインスタンスの動的な上位10/25 /すべてのテーブルを確立できるようになりました。 このリリースでは、以下を追加することにより、この改善を拡張します。

  1. 表示するオプション ボトム 特定のデータポイントに対して10または25のインスタンス。
  2. 「パーセンテージ」バーを有効にして、設定されたしきい値に従ってデータポイントの値を色分けすることができます。 これは、一度に最大XNUMXつの列で有効にできます。
  3. インスタンスフィルタリング

気にする理由: データポイントの下位Xインスタンスを表示すると、インフラストラクチャのリソースが不足している部分やプロビジョニングが過剰な部分を追跡するのに役立ちます。たとえば、サーバー間で最も使用されていない10個のCPUまたはIOPSを表示できます。 さらに、テーブルウィジェットでデータポイント値を色分けする機能は、環境の状態を一目で確認するのに役立ちます。 たとえば、サーバーAのCPUBusyPercentが90%を超えていることを明確に示したい場合は、値がこのしきい値を超えたときに列が赤で強調表示されるように設定します。

コレクターのプロパティ

コレクター関連のアラートで使用するために、コレクターまたはコレクターグループのプロパティを定義できるようになりました。 Collectorプロパティを定義したら、トークン化して、Collector関連のアラートメッセージや統合配信をカスタマイズできます。 これらのトークンは、アラートまたは統合配信に動的情報を含めることができるように、生成時にプロパティ値に置き換えられます。

気にする理由:  この機能は、コレクター関連のアラートのコンテキストを提供するだけでなく、統合を介してコレクターのダウンアラートを適切なチームまたは顧客にルーティングする場合に特に役立ちます。

SAMLセキュリティ強化– SHA-256

現在のベストプラクティスとの整合性を確保するために、SAMLサービスプロバイダーフレームワークを更新して、SHA-2ファミリーのハッシュアルゴリズムを受け入れます。 SHA-1ハッシュを使用するように構成された既存のSAMLIDプロバイダーは影響を受けません。
注:この変更は、12年2018月XNUMX日のLogicMonitorの定期メンテナンス期間中にすべてのお客様に展開されます。

その他の改善点

アラート

  • 受信者グループには、グループの詳細に使用できる説明フィールドがあります。
  • SDTノートがACKノートと一緒にアラートパネルに表示されるようになりました。

ダッシュボード

  • Big Numberウィジェットでのテキストの折り返しが改善され、より多くのラベルテキストがXNUMX行で表示されるようになりました。
  • カスタムテーブルウィジェットを構成するときに、最初の一致だけでなく、列内の任意の代替データソースからインスタンスを選択できるようになりました。

Devices

  • 削除できるようになりました or 「監視対象外」グループからデバイスを除外します。

コネクター

  • 統合でのURL検証は、新しいURL形式をカバーするようになりました。

LMクラウド

  • Azure App ServicePlanの監視のサポートが追加されました。 特定のプランで実行されているすべてのAppServicesは、そのプランで自動的にグループ化されます。
  • Azure CosmosDBの監視のサポートが追加されました
  • AWSおよびAzureタグフィルターに操作フィールドを追加しました。可能な値はincludeおよびexcludeです。 このフィールドのデフォルトは、現在の動作である「include」です。 タグ付けされたリソースのグループを検出/監視から除外したい場合は、この新しいフィールドが役立つことがあります。
  • AWSのコストと使用状況レポートに基づいて請求の監視を設定するための新しいタブをAWSアカウント管理ダイアログに追加し、[サービス]タブから[請求(コストと使用状況レポート)]オプションを削除しました。 セットアップ手順を見つけることができます こちら.
  • クラウドサービスのリソースが検出されない場合のエラーメッセージが改善されました。
  • クラウドデバイスやグループに設定されたカスタムプロパティを介したカスタムポーリング間隔のサポートが追加されました。 このサポート記事.

ロジックモジュール

  • ESX Collectorメソッドは、これらのデータソースのトラブルシューティングを支援するために、不正確な資格情報を表す一意のステータス値を返すようになりました。
  • 該当する場合、ほとんどのLogicModuleでより長い収集間隔を使用できます。

レポート

  • 価格設定パッケージのデータ保存期間に一致するように、レポートでクエリできるデータの量を増やしました。
  • アラートウィジェットと同様に、アラートレポートにカスタム列を追加できるようになりました。

REST API

  • RESTAPIを介してクラスターアラートを取得および構成する機能を公開しました。

サービス

  • 内部サービスチェックで、BOM(バイト順マーク)を使用したUTF-8がサポートされるようになりました。

設定

  • 監査ログの最小時間範囲がXNUMX分に短縮されました。
  • デバイスに表示される「推奨結果」のマッチングロジックが改善されました。


修正されたバグ

  • Slack IntegrationsのデフォルトのACKペイロードで、メッセージが正常に配信されない問題を修正しました。
  • Azureタグは、検出されたAzureリソースのプロパティとして小文字形式で追加されるようになりました。これは、Azureではタグで大文字と小文字が区別されないという事実と一致しています。
  • 名前にコロンが含まれるタグは、データ収集メトリックパスで機能していませんでした。 コロンを使用できるように、メトリックパスでトークン値を置き換える方法を改善しました。
  • 場合によっては、アタッチメントの状態/詳細を提供するEBSボリュームプロパティが、デタッチされたボリュームに対して最新の状態に保たれていませんでした。
  • デバイスインベントリレポートにプロパティを追加するときにタイムアウトエラーが発生する問題を修正しました。
  • InternetExplorerのダッシュボードのフォント/サイズに関するマイナーな問題を修正しました。
  • アップロード時に非常に大きなカスタムロゴが正しく表示されないバグを修正しました。


LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • FortiNetFortiGateインターフェース –1データソース
  • MicrosoftWindowsドメインコントローラー – 1 つの PropertySource
  • Microsoft Windows CPU –1データソース
  • Microsoft Windows IIS – 1 つの PropertySource
  • Microsoft Windows DNS – 1 プロパティソース
  • Microsoft SQL Serverの – 1 つの PropertySource
  • MicrosoftWindowsセキュリティイベントログ –1つのEventSource
  • Microsoftドメインサービスイベントログ –1つのEventSource

モニタリングの改善

  • AWS Redshiftクラスター、AWSRedshiftノード –2つのデータソース
    • ポーリング間隔の延長
  • Microsoft AzureAPI管理 –1データソース
    • メトリック名のタイプミスを修正
  • アパッチカフカ –3つのデータソース
    • 関連するサポートページへのリンクを含む更新された技術ノート
  • Windows IISイベント–1つのEventSource
    • 更新されたappliesTo、定義、テクニカルノート、およびグループ化。
  • Windows Exchangeイベント–1つのEventSource
    • 更新されたappliesTo、定義、テクニカルノート、およびグループ化。
  • Windows SQLイベント–1つのEventSource
    • 更新されたappliesTo、定義、テクニカルノート、およびグループ化。
  • Windowsシステムイベント–1つのEventSource
    • 定義とグループ化を更新しました。
  • VMWare vSphereクラスターのパフォーマンス–1データソース
    • パフォーマンスを向上させるために収集方法を更新
  • VMWare vSphereリソースプール–1データソース
    • パフォーマンスを向上させるために収集方法を更新しました。
  • SNMP64_IF –1データソース
    • 特定のインターフェイスのアラートフィルタリング機能が追加されました。
    • インターフェイス速度と設定可能な実際の速度に基づく入力/出力インターフェイスの使用率。
    • 追加のデータポイント。
    • 改善されたデータポイントの説明とグラフ
  • VMware_vSphere_HardwareSensors –1データソース
    • 制限とVMwareRollup HealthStateに関する説明を追加しました