サポートセンターホーム


55月リリース-v.XNUMX

11.14.14に公開

このリリースは主にメンテナンスリリースですが、間もなく登場するエキサイティングな新機能をサポートするために、バックエンドで多くのことが行われています。 このリリースの多くは、システムの全体的なパフォーマンスと容量の強化にも焦点を当てていました。

旧モデルからの改善

  • のデバイスに新しいカスタムプロパティを追加しました ポーリング間隔のカスタマイズ
  • クリア値を含むようにデフォルトのアラートクリアテンプレートを変更しました
  • [アラート]タブでアラートを値で並べ替える機能が追加されました
  • jmxmpプロトコルのサポートを追加するためにgroovyapiを改善しました。を参照してください。 GroovyからJMXにアクセスする例3

解決されたバグ

  • Groovyスクリプトデータポイントでサポートされる長さが増加しました
  • HTTPActiveDiscoveryで使用されているUser-Agentを「LogicMonitor」に変更しました
  • ## AlertDetailURL ##トークンを修正して、Webhookで正しく機能するようにしました。
  • 「ダッシュボードの表示」権限を持つユーザーがウィジェットのクローンを作成できる不整合を修正しました
  • ## CLEARVALUE ##トークンの値を修正しました
  • デッドホストの数を修正しました–これはアラートが無効になっているデバイスを誤ってカウントしました
  • 特殊文字を防ぐために、データソースのクローンを作成するときに名前の検証チェックを追加しました
  • メトリックタイプのクエリステータスでJDBCデータポイントを編集できないUIの問題を修正しました–保存時に、誤ってKeyValueタイプに設定していました
  • 監査ログに含まれるデータソースのインポート/更新のログを修正しました
  • 新しい説明が空/ nullの場合の説明を更新するようにActiveDiscoveryを修正しました
  • 8.2.2のいくつかのエッジケースに対処するためにNetAppクラスターの監視を修正しました

記事上で