サポートセンターホーム


2010年XNUMX月リリース

11.27.10に公開

これらは、今週サーバーに適用される2010年XNUMX月のLogicMonitorリリースのリリースノートです。

新機能:

  • ウィザード! アカウントの作成、エージェントの追加、ホストの追加ウィザードにより、プロセスの各ステップを順を追って説明します
  • 新しいウィジェットタイプ:Flashウィジェットを使用すると、ダッシュボードにYouTube動画やその他のコンテンツを埋め込むことができます
  • バッチジョブウィジェットを使用すると、ダッシュボードにバッチジョブの結果ステータスを埋め込むことができます
  • SLAレポート
  • Alerterは、次の場合に通知を送信するように構成できるようになりました。 アラート状態がクリアされます
  • メトリックトレンドレポートでソートフィールド(ホスト、インスタンス、またはメトリック)を選択できます
  • ActiveDiscoveryは、ドライブなどが変更される可能性が最も高い時間のXNUMXつであるため、システムの再起動時に自動的に実行されるようになりました。
  • 毎日のスケジュールされたダウンタイムのサポート
  • URLに時間枠情報が含まれるようになったため、URLを別のユーザーに電子メールで送信すると、表示しているデータの同じ時間ビューが表示されます。
  • 新製品 ActiveDiscovery JDBC メソッド:インスタンスリスト
  • 強化されたCSVポストプロセッサ、CSVの複数行からデータを抽出できます。
  • アラートレポートは、現在アクティブなアラートのみをレポートするように設定できるようになりました

UIの改善:

  • グラフの最大化アイコンが再設計され、「閉じる」アイコンのように見えなくなりました
  • LogicMonitorのサポートスタッフがオンラインになるたびに表示されるすべてのページに[今すぐチャット]ボタンが追加されました。LogicMonitorのサポートにアクセスするのがさらに簡単になりました。
  • インスタンスは「インスタンスの管理」ダイアログでソートされます
  • 新しいチェーンを作成するときのデフォルトのスロットルは「オン」です
  • インスタンスがない場合は、グループレベルでデータソースを非表示にします
  • どのグループにも属していないホストは、他のグループに属していない@notではなく、ルートのすぐ下に表示されるようになりました
  • 設定..アカウントの最終ログインは最終アクションになりました(ユーザーはログインしたままになる可能性があるため)。
  • ワイルドカード以外のDSのメニューオプションを組み合わせる
  • カスタムグラフウィジェットの説明
  • アラート確認画面にホストへのリンクが含まれるようにします。
  • 統一されたヘルプツールチップタグ

バグ修正:

  • データソースが拡張されない問題を修正しました
  • 検索結果のホストが誤って「アラート無効」フラグを表示した
  • @search結果グループのホストを削除できませんでした
  • 実際の終了コードが報告される前に、バッチジョブの成功の終了コードが表示されました。
  • ホスト数は、どのグループのホストも無視しました。
  • csvレポートに散在していたページ付けと列ヘッダーを削除しました。
  • ログイン時に、すべてのユーザーではなく、「設定の管理」権限を持つユーザーのみにエージェントダウン通知ダイアログが表示されるようになりました。