サポートセンターホーム


MGDコレクター-28.005

05.05.20に公開

概要

LogicMonitorは、28.005月にリリースされたGD XNUMXの一般展開コレクターバージョンを、次のMGD(最小一般展開)コレクターバージョンとして指定しました。

30月6日、太平洋標準時の午後9時から28.005時の間に、バージョンGD27.005より前のLogicMonitorプラットフォームのすべてのコレクターがこの新しい最小バージョンに自動的に更新されます。 現時点では、MGD XNUMXの以前の最小一般展開のサポートも正式に廃止され、サポートが終了します。

古いコレクターを自分のスケジュールでアップグレードすることを強くお勧めしますが、30月XNUMX日の自動アップグレードを待っても問題が発生するとは思われません。コレクターのアップグレード手順については、を参照してください。 コレクターの管理.

この新しいMGDは、JDK(Java SE Development Kit)8を使用する最後のGDラインになります。JDK11の最初の公式リリースはGD29.000を対象としています。 EA28ラインは現在JDK11を使用しています。

アップグレードのハイライト

バージョンMGD28.005、またはオプションでバージョンEA 28.xxx以降にアップグレードすると、多くの新機能と修正にアクセスできるようになります。 次に、いくつかを強調表示します。 すべてのコレクターバージョンにわたる新機能と修正の完全なリストについては、次のWebサイトをご覧ください。 コレクターバージョン.

MGD28.005ハイライト

MGD 28.005には、EA 27ラインで導入されたすべての新機能に加えて、多くの修正と最適化が含まれています。 ハイライトは次のとおりです。

  • PowerShellスクリプトでのトークン置換のPropertySourceサポート
  • を介したNTLMv2認証のサポート wmi.authType 財産
  • 今すぐポーリング機能を使用する場合のより洞察に満ちたエラーメッセージと診断
  • プロキシを使用するように構成されたコレクターを介したリモートセッションのサポート
  • SSEおよびコレクターのパフォーマンス監視のための改善されたメトリック
  • SyslogEventSourcesのホストがないCiscoSyslogメッセージの正確な解析
  • コレクターロギングのクリーンアップ
  • Groovyスクリプトの正常な実行を妨げていたSSL検証の問題の修正
  • トポロジマッピングのサポート

EA28のハイライト

追加機能への早期アクセスについては、EA 28の早期アクセスバージョンラインへのアップグレードを検討してください。早期アクセスバージョンは、新しいベータ機能を含むアップデートですが、インフラストラクチャ全体にはお勧めしません。 ハイライトは次のとおりです。

  • Linuxではrootなしで、Windowsでは管理者権限なしでCollectorを実行する機能
  • CPUとメモリの使用の最適化
  • AWS SDKのアップグレード(1.11.548へ)
  • 最新の四半期ごとのセキュリティパッチによるJDK11のサポート
  • Linuxインストーラーはシェルスクリプトになり、perlに依存しなくなりました
  • Syslogコレクターのメモリ使用量の改善
  • MS SQL jarのアップグレード(mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jarへ)
  • Javaキーストアの変更がアップグレード時に上書きされなくなりました

記事上で