サポートセンターホーム


59月のリリース-v.XNUMX

03.03.15に公開

進行中のUIと一般的な改善に加えて、XNUMX月のリリースでは、待望のモバイルブラウザービューとベータ版のAWS統合が提供されます。 また、コレクターアップグレード用の新しいフレームワークを導入して、必要なときに最新かつ最高のものを確実に入手できるようにすることを楽しみにしています。

モバイルブラウザビュー

インフラストラクチャで何が起こっているかを一目で確認し、モバイルブラウザビューを使用して携帯電話から基本的なトリアージタスクを実行します。

モバイルビューにアクセス

モバイルビューにアクセスするには、https://youraccount.logicmonitor.com/santaba/mobileにアクセスしてください。 シングルサインオンを使用している場合は、最初にアカウントに直接サインインしてから、モバイルリンクにアクセスすることをお勧めします。

アラートを表示

アラートは、最新のものに基づいて表示されます。 デバイス、データソース、インスタンス、値、および期間をすばやくスキャンできます。 検索機能を使用して、特定のアラートを検索するか、デバイス、インスタンス、またはその他の重要な基準に基づいてアラートリストをフィルタリングします。

スワイプして簡単に確認したり、ダウンタイムをスケジュールしたり、アラートをエスカレーションしたり、アラートをクリックして詳細を確認したりできます。 アラート中のデータポイントに関連付けられたグラフがある場合は、[アラートの詳細]ビューからそのグラフをクリックできます。

まだ磨きが必要ですが、すぐに手に入れたかったのです。 ダッシュボードとデバイスビュー、およびネイティブアプリの周りに機能を追加します。 以下にコメントして、他に何を見たいかをお知らせください。  

AWSベータ版

LogicMonitorのベータAWSモニタリング機能を使用すると、既存のモニタリング対象インフラストラクチャとともに、Amazonクラウドインフラストラクチャとサービスをモニタリングできます。

指定されたAWSアカウントでAWSモニタリングにXNUMXつのメカニズムを使用します。

  1. AWSCloudWatchメトリクス 
  2. CloudWatchによって公開されていないメトリクスを計算するAWSSDK(DynamoDBにはどのデータがありますか?S3で何が起こっていますか?)

これらのCloudWatchおよびSDKメトリックスは、既存のLogicMonitorレポート、アラート、および通知機能と統合されています。 

統合の詳細については、 AWSモニタリング ドキュメンテーション。 始める前に、あなたは連絡する必要があります LogicMonitorのサポート LogicMonitorアカウントのベータAWSモニタリングを有効にします。 

コレクターの更新

コレクターの更新は、本質的にリリースプロセスの一部です。 これは、数分のダウンタイムが発生する可能性があり、常にメンテナンスウィンドウ内に収まるとは限らないため、理想的とは言えないことが証明されています。 これに対処するために、すべてのコレクターの改善からすべての人が恩恵を受けるわけではないという事実とともに、新しい更新フレームワークを実装しています。  

用語

  • 必要なGeneralDeployment Collector:LogicMonitorでは、すべてのコレクターを更新する必要がある場合があります。これは、年に30回以下にすることを目指しています。 コレクターの更新が必要な場合は、XNUMX日以内に更新をスケジュールしてから、自動的にプッシュします。
  • General Deployment Collector:  オプションのアップデートとして、安定した一般的なデプロイメントコレクターを引き続きリリースします。 新しい一般的なデプロイメントコレクターが利用可能になると、何が含まれていて、インフラストラクチャのどこで使用できるかを強調した通知が届きます。 オプションのGeneralDeploymentコレクターもスケジュールでき、一部またはすべてのコレクターに適用できます。  
  • 早期リリースコレクター:  すべてのコレクターは、最初に早期リリースとして導入されます。 これは、新しい機能と改善点を利用する機会であり、コレクターをGeneralDeploymentとしてリリースする前に検証を継続する機会です。 早期リリースコレクターは、重大な問題に対処しない限り、インフラストラクチャ全体に推奨されません。  

プロセス

v.59リリースでは、[設定] | [設定]にボタンが表示されます。 更新コレクターのコレクター管理。 (注:この新しい機能は、新しいUIにのみ存在します。)
更新するコレクターを選択し、[コレクターの更新]をクリックします。 最初の早期リリースコレクターは、XNUMX月末に手動更新で利用できるようになります。

オプションのGeneralDeploymentコレクターが追加されると、将来の日付の更新をスケジュールする機能が表示されるようになります。 詳細な手順は、GeneralDeploymentコレクターのリリースの通知とともに提供されます。

バージョン管理と互換性

コレクターのバージョンは、コレクター管理ページに明確に表示されます。 すべてのコレクターは、v.19.0リリース以降はバージョン59になります。 すべての一般的なデプロイメントコレクターは1ずつ増加し、初期リリースのコレクターは.01として増加します。

環境内で複数のコレクターバージョンを実行できますが、バックアップコレクターはプライマリコレクターと同じバージョンにすることをお勧めします。  

ベータUI 

ユーザーインターフェイスのベータビューは、引き続き多くの改善が行われています。 フィードバックを送ってくれたすべての人に感謝し、これが使いやすく、あなたが待ち望んでいた豊富な体験を提供するために必要な磨きを加えるので、あなたの忍耐に感謝します。

デバイスページの大幅な改善に取り組んでいるほか、次のリリースに向けていくつかの新機能を追加しています。 それまでの間、次のような多くの更新があります。

  • デバイスツリーのサイズ変更の改善
  • すべてのフィルターオプションは、アラートページに保存されます
  • ウィジェットの追加方法を明確にするために、[管理]ボタンが[ダッシュボードに追加]に変更されました
  • OpsNote管理は[設定]ページから削除されました。 OpsNotesは、ダッシュボードまたはデバイスでOpsNotesを選択することで直接管理できます。

旧モデルからの改善

  • LogicMonitorがWindowsイベントに適用するデフォルトの重大度レベルをEventSourceレベルでオーバーライドできるようになりました。 詳細については、 こちらをクリック.
  • ホストが更新、追加、または削除されると、サブグループが重複している場合の混乱を避けるために、完全なグループパス名がアクセスログに含まれます。
  • デバイスグループが削除されると、グループ内のすべてのデバイスがアクセスログに一覧表示されます。
  • アラートしきい値レポートが修正され、すべての個別のグループしきい値設定が表示されるようになりました。
  • Groovyバージョンが1.8.0から2.3に更新されました。

バグ修正

  • HTMLレポートは、プレーンテキストとして表示される原因となった特定の電子メールサーバーの問題を回避するために再エンコードされました。
  • スクリプトデータソースが不必要にダウンロードされ、データのギャップが発生する、utilライブラリ内のエンコーディングの問題を修正しました。
  • Netscanがホストを削除する機能は完全に削除されました。  
  • Windows 2012 Direct Accessユーザーは、ICMPID範囲設定との競合を経験していました。 ICMPに使用されるIDが制限されました。 ユーザーが別の範囲を指定したい場合は、configsettingpingpool.idrangeを追加しました。