サポートセンターホーム


2012年XNUMX月リリース

06.01.12に公開

用語の変更:エージェントはコレクターになりました

このリリースでは、名前を「エージェント」から「コレクター」に変更しました。 それらはいつもと同じ機能を持っていますが、それらを監視するために「エージェント」をすべてのシステムにインストールする必要があると考える人もいました。 展開が非常に柔軟であることを明確にするために(ホストごとにXNUMXつのコレクター、データセンターごとにXNUMXつのコレクター、またはフェイルオーバーを使用してデータセンターごとにXNUMXつ実行できます)、UIとドキュメントで名前を変更しました。

新しい特徴

  • このリリースでの大きな変更のXNUMXつは、気付かないかもしれない変更です。レポートされたデータのメモリ内キャッシュを独自のシステムに分割しました。
    これが意味するのは、メインアプリケーションを再起動しても、ディスクにフラッシュされていない、すでに報告されているデータが失われることはないということです。 アプリケーションははるかに速く再起動します。 また、よりシンプルで安定したものになります。
  • 役割が制限されているユーザーには、ホストのグループに対する完全な権限を付与できるようになりました。グループ内のホストを追加、削除、および変更できます。 この権限を委任する役割のホストセクションには、「このグループのホスト/サブグループを管理する」という新しい特権があります。

旧モデルからの改善

  • アラートとアラート:
    • の紹介 アラートクリア間隔。 アラートがトリガーされる前にアラート条件が存在する必要がある連続ポーリングの数を指定するアラートトリガー間隔と同様に、アラートクリア遷移間隔では、アラートが発生する前に、レポートされたデータがアラートしきい値を満たさない期間を指定できます。クリアされたと宣言されました。 これは、しきい値を中心に振動しているデータのアラートノイズを防ぐのに役立ちます。 最初は、既存の動作を維持するために、すべてのアラートクリア間隔がゼロに設定されていますが、これはアラートごとに調整できます。
    • 確認メッセージの件名が変更され、これが確認であり、新しいアラートではなく、短い画面でより明確になります。 「アラート」の代わりに ホスト/データソース/データポイント によって承認されています user」の応答は次のようになります。 ホスト/データソース/データポイント by ユーザー"
    • アラートが確認された場合、アラートクリア通知は、アラートを受信したすべての人ではなく、アラートを確認した人にのみ送信されるようになりました。 (彼らはまた、確認通知を受け取ります。)
    • 「アラートがクリアされました」メッセージのテンプレートは、他のメッセージテンプレートと一緒に編集できるようになりました([設定]…[アラート設定] .. [その他のアラート設定] .. [デフォルトのアラートテンプレート]の下)
    • イベントアラートテンプレートで使用する新しいトークン## LIMITEDMESSAGE ##を追加しました。これはイベントの最初の10ワードのみであり、イベント全体の読み取りが長すぎる音声アラートに役立ちます。
    • アラートタブフィルターのフィルターとしてアラートルールまたはアラートチェーンを選択できるようになりました。これにより、自分(または他のユーザー)にルーティングされたアラートを確認できます。
    • ブラウザ機能を使用して、アラートタブでホストの「新しいタブで開く」ことができるようになりました。 アラートが多いユーザーは、右クリックして多くのアラートの新しいタブを開き、後でタブを操作できるようになりました。
  • コレクター:
    • 同じコレクターバイナリを別のシステムにインストールして実行しようとすると、元のコレクターが過去5分以内に聞こえた場合、同じIDのコレクターが重複しないように、XNUMX番目のコレクターが自動的にシャットダウンされます。
    • コレクターはサイレントとをサポートするようになりました スクリプトによるインストール.
    • コレクターがダウンしていることに関するアラートをエスカレートするためのアラート通知チェーンは、コレクターごとに構成できるようになりました。
    • パフォーマンスが向上し、プロキシサーバーを介して通信するコレクターに必要な接続数が削減されます。
  • 各種レポート作成
    • レポートの説明フィールドがレポートに表示されるようになりました。
    • ドラッグアンドドロップでレポートをレポートフォルダに割り当てることができるようになりました。
    • SLAレポートは、単一のレポートで複数のメトリックをサポートするようになりました
    • 新しいレポート:ホストグループインベントリレポート。各グループ(およびオプションでサブグループ)のホスト数と、各グループの他のプロパティが表示されます。
  • ダッシュボード ウィジェットの手動更新をサポートするようになりました。 自動的に回転します ダッシュボードのセットの中で。
  • 改善 リモートセッションn機能–SSHまたはRDPウィンドウがデフォルトで大きくなりました。 認証画面はXNUMXつに統合されています。 より良いエラー処理。
  • 世界 監査ログ リモートセッション接続の試行、およびインスタンスのアラートとしきい値の変更に関する詳細を追跡するようになりました。
  • ホストグラフをPNGとしてダウンロードする場合、ダウンロードした他のグラフが上書きされないように、ホストとインスタンスに固有の名前が付けられるようになりました。
  • ホストとグループがGoogleマップオーバーレイでクリックできるようになりました
  • ログインしたユーザーに設定の権限がない場合、[設定]タブが非表示になります。
  • ネットワークスキャン中に、検出されたホストが最上位のSNMPコミュニティ(ホストツリーの最上位ノードに設定)に応答する場合、system.sysname OIDの結果は、監視に追加するときにホストを識別するために使用されます。 。
  • 一部の環境でログメッセージを減らすために、自動プロパティ検出(NetApp、Linux、Windowsなどのホストの種類を決定する)を変更して、ホストの種類が検出された後に定期的に実行されないようにします
  • スケジュールされたダウンタイムを作成/編集するためのフォームの日付形式は、国際的な注文の問題を回避するために、月番号を使用するのではなく、月を詳しく説明するようになりました(「1年12月2012日」は、12月1日または12月2012日と解釈できます。コンベンションなので、明示的に「XNUMX年XNUMX月XNUMX日」になりました。)
  • コレクターがLogicMonitorサービスと通信するようにプロキシーが構成されている場合、プロキシー資格情報はagent.confファイルに暗号化されて保存されるようになりました。
  • さまざまなWindowsコレクターインストーラーとウィザードの改善
  • Webhookには、管理者に固有の連絡先情報を渡すために使用できる追加のトークンがあります。
  • Webhookでは、Webhookテンプレートだけでなく、URLで指定された、呼び出されたURLの末尾にパラメーターを追加できるようになりました。
  • Syslogモニタリングでは、コレクターが127.0.0.1のソースから受信したsyslogメッセージがコレクターからのものであると想定するようになりました。

修正されたバグ

  • 多くのインスタンスがあるカスタムダッシュボードグラフのSmartgraphビューでは、グラフの一番下までスクロールして[データのダウンロード]ボタンに移動することができませんでした。 これは修正されました。
  • [アラート]タブでクラスターアラートのホストグループ名をクリックすると、関連するホストグループに移動する代わりに、エラーが表示されました。 これは修正されました。
  • 保護されるべきであったいくつかのプロパティが特定のデバッグコマンドの出力に表示される問題を修正しました
  • さまざまなレポートでのホスト選択のオートコンプリートの問題を修正しました。
  • フィルタを折りたたみ/展開した後にアラートフィルタがクリアされているように見える問題を修正しました。
  • マップウィジェットに表示されていたホストグループが削除されたときに「Null」ポップアップエラーが発生する問題を修正しました
  • エラーまたはクリティカルアラートにエスカレーション先があった場合、一部のアラートクリアメッセージは送信されませんでしたが、同じデータポイントの警告アラートは送信されませんでした。 これは修正されました。
  • ESXデータストアの使用状況をグラフ化する式のタイプミスを修正しました
  • イベントソースモニタリングの変更がコレクターで有効になると遅延が発生する可能性があるバグを修正しました
  • コレクターの再起動を繰り返すと、そのエージェントが検出したアラートが遅れる可能性がある問題を修正しました
  • チェック対象のサイトのDNSを解決できなかった場合に、サービスチェックで正しい障害モードが常に報告されない問題を修正しました。
  • トリガーされたアラートの後に特定のアラートが無効にされた場合に、アラートレポートからアラートが省略される問題を修正しました。
  • チェーン内で直接ではなく、受信者グループで定義された音声通話の受信者には、音声通話がエスカレーションされていませんでした。
  • (タイムアウトまたはその他の理由により)収集されなかったデータがそれらのデータポイントの既存のアラートをクリアする原因となっていた問題を修正しました。 NaNはアラートをクリアするべきではなく、クリアしません。
  • インスタンスの検出中ではなく、検出されたインスタンスのセットへのフィルターの適用でタイムアウトが発生した場合にインスタンスが削除される原因となっていた問題を修正しました。
  • 外部のGroovyスクリプトが正常に終了しなかった場合、正しくタイムアウトしませんでした
  • バグにより、サービスグラフのスマートグラフダイアログからcsvデータをダウンロードできませんでした
  • 安全でないコンテンツの警告を引き起こしていた、HTTPSではなくHTTPを介してGoogle MapsAPIをロードする問題を修正しました
  • [ホスト]タブの最上位コンテナでアラートの有効化がクリアされていても、どのグループにも属していないホストに対してアラートが送信される問題を修正しました。
  • すべての動的EC2ホストが検出されないようにするAmazonAPIを介したEC2ネットワーク検出の問題を修正しました。
  • HTTP Active Discoveryは、検出中に定義された認証資格情報を使用していませんでした
  • ESXまたはVSphereサーバーからの失敗した応答がNaNではなく-1の値として報告されていた問題を修正しました。 これにより、いくつかの誤ったアラートが発生していました。

既知の問題点

  • UIでは現在、SMS連絡先をエスカレーションチェーンに追加できますが、これを使用することはまだお勧めしません。 SMSメッセージは配信されますが、SMSによる確認応答はまだ機能しておらず、SMSメッセージは音声通話ごとに請求されます。 未解決の問題を修正するまで、ポイントリリースでSMS連絡方法を削除します。
  • グループ内のホストを管理する特権では、管理対象ホストのしきい値を変更する機能はまだ許可されていません。

記事上で