サポートセンターホーム


XNUMX月リリース

07.16.13に公開

XNUMX月のリリースには、いくつかの優れた新機能があります。 月の最後のXNUMX週間にリリースされます。

紹介:OpsNotes

OpsNotesは、グラフ全体にタイムスタンプを追加できる優れた新機能です。 これを使用して、リリースまたはサーバーのアップグレードがシステムパフォーマンスにどのように影響したかを確認したり、XNUMXつのグラフでスパイクにフラグを付けて、他のデータ間の相関関係を表示したりできます。
加えます OpsNoteの場合は、[ダッシュボード]または[ホスト]タブから[OpsNote]ボタンを選択します。
2013 07-11-4.04.16 PMでのスクリーンショット
イベントの説明と発生時刻を入力し、タグを追加します。 タグは類似のイベントを検索するための優れた方法であり、説明は検索可能であり、OpsNoteにカーソルを合わせると表示されます。 追加したOpsNoteが表示している時間範囲内に発生している限り([時間範囲の設定]で再確認してください)、グラフに自動的に表示されます。
2013 07-11-4.11.57 PMでのスクリーンショット
 
OpsNotesはからオンとオフを切り替えることができます サイト内検索 タブ。 説明を検索するキーワードまたはタグで検索できます。 現在の時間範囲を満たすOpsNotesのみが検索ウィンドウに表示されることに注意してください。 これは混乱を避けるためです。同じOpsNoteを何度もオンにして、なぜ表示されないのか疑問に思わないようにしてください。
2013 07-11-4.17.36 PMでのスクリーンショット
 
ドロップダウンから[無効]を選択して、すべてのOpsNoteを非表示にすることもできます。 [設定]の下に、OpsNotesとタグを編集および削除できる新しいオプションOpsNotesManagementがあります。
OpsNotesは、すべてのホストを表示する権限を持つユーザーのみが使用できます。 それを試してみて、あなたの考えを教えてください!

新しいサービス構成

個々のアラートのポーリング間隔とアラートレベルにより、サービスの監視がより柔軟になりました。
2013 07-11-4.29.53 PMでのスクリーンショット
5分ごとにサービスをチェックしたいが、15分間到達できない場合にのみ通知する場合は、チェックの数を3に設定できます。チェック間隔によって、アラートが自動クリアされるまでの待機時間も決まります。
すべてのテスト場所がサイトに到達できない場合、XNUMXつのテスト場所のみからの同じ結果とは異なるアラートレベルが必要になる可能性があることを理解しているため、それに応じてアラートレベルを構成する機能を追加しました。

チャットボタンはどこに行きましたか?

LogicMonitorがパフォーマンス監視のニーズを解決する方法について詳しく知るには、さまざまな方法があります。これらはすべて、[ヘルプ]リンクの下にグループ化されています。 エンジニアとチャットできるだけでなく、サポートリクエストを作成したり、ドキュメントを閲覧したり、チュートリアルを表示したりすることもできます。
2013 07-12-1.53.03 PMでのスクリーンショット
 

改善

  • 期間は、SetHostSDTAPIのパラメーターとして使用できます
  • ダッシュボードタブのみを表示する権限を持つユーザーのホストリンクは無効になっています
  • レポート生成時間を改善するためのレポートインフラストラクチャの機能強化。

バグ

  • レポート–凡例表示のさまざまな修正、わかりやすいエラーメッセージ、重複するレポートパラメータ、および列グラフの要件
  • Host Metrics Trendレポートには、ホストごとにXNUMXつのインスタンス行しか表示されていませんでした。 各ホストの各インスタンスの行は、期待どおりに表示されます。
  • [サービス]タブ内で、[このフォルダー内のすべてのサービスのアラートを無効にする]が正しく機能していませんでした。
  • カスタムグラフから生データをダウンロードする場合、ダウンロードファイルの名前はgraph-yyyy-mm-dd.csvではなくnullでした。
  • コレクターのダウンアラートは適切にエスカレーションされませんでした。
  • un()データポイント式は、無限大の値に対して0ではなくデータなしを返していました。

記事上で