サポートセンターホーム


2010年XNUMX月リリース

07.31.10に公開

これらは、今週サーバーに適用される2010年XNUMX月のLogicMonitorリリースのリリースノートです。
私たちに好意を持ってください: で私たちに投票してください スタートアップの発見!

新機能:

  • Nocウィジェット:グループ内のホストのステータスを要約する新しいクラスのウィジェット。 要約するグループを選択するだけで、すべてがアラートなしの場合は大きな緑色のライトが表示され、重大、エラー、または警告の場合は赤/オレンジ/黄色、すべてのアラートが確認された場合は青色になります。 さらに詳しい情報.
  • レポート:これは、レポート機能の最初のリリースです。 機能的にもUI的にも初期のリリースですが、すでに便利であり、さらに多くの次のリリースを提供する予定です。 毎週のアラートレポートの概要を電子メールで配信するようにスケジュールしたり、ホストのクラスのCPUやディスク使用量の変化などに関するレポートを時間の経過とともにスケジュールしたりできます。  詳細情報.
  • アラート処理の高速化:アラートは、毎分実行されるアラートプロセッサスレッドではなく、リアルタイムで処理されるようになりました。 これにより、アラートの時間が短縮されます。
  • スケジュールされたダウンタイムの動作の変更:以前は、SDTのホストでアラート処理が一時停止されていました。 このリリース以降、アラートは引き続き処理されますが、ポータルにのみ表示され、送信されません。 これは、SDTが終了する前にLogicMonitorポータルを調べて、ホストが正しく実行されているかどうかを判断できることを意味します。
  • データソースには表示グループがあり、関連するオブジェクトをコンテナにグループ化できます。 これは、関連するデータソースをまとめるだけでなく、参照頻度の低いデータソース(Dellハードウェア監視データソースなど)を折りたたまれたグループにグループ化することで、デフォルトのホストの表示をすっきりさせるのにも役立ちます。 詳細については、をクリックしてください こちら.
  • データソースが検索可能になりました。[データソース]タブに検索ボックスが追加され、データソースの[名前]、[表示形式]フィールド、または[説明]、[適用先]、または[コレクター]フィールドのテキストに基づいてデータソースをすばやく見つけることができます。
  • 柔軟なグラフと概要グラフで、スタックグラフタイプがサポートされるようになりました。 これは、企業全体で使用されているストレージスペースをビジネスユニットごとに表示したり、それらを積み重ねて合計使用量を表示したりする場合に非常に便利です。
  • Windowsイベントログ監視の初期リリース
  • snmpトラップ受信アラートの初期リリース。 (トラップよりもポーリングを優先します。トラップの単一のUDPパケットは、繰り返しポーリングするよりも失われる可能性がはるかに高くなります。トラップは、何か問題が発生したときに送信されます。正確には、失われる可能性があります。)
  • ダウンタイムをスケジュールするアラート応答は、時間の小数部分を受け入れるようになりました(つまり、5分のダウンタイムをスケジュールするための「SDT.30」形式の応答)。
  • iPhoneのサポートが改善されました(ダッシュボードが正しく表示されます)。XNUMX本の指で上下にスクロールすると、ホストディスプレイの右側のパネルをスクロールできます。
  • データソースのアクティブ検出セクションがフォームベースになり、データソースの定義がはるかに簡単になりました。
  • [アラート]タブの[レポートのダウンロード]ボタンで、任意の時間範囲を選択できるようになりました。 サーバーのアラート履歴はXNUMXか月をカバーするようになりました。
  • インスタンスグループに10を超えるインスタンスがある場合、概要グラフは自動的に上位10のインスタンスに制限されます。 上位10は、グラフで最初に定義された線の値が最も高いインスタンスによって選択されます。
  • 「ダッシュボード」、「ホスト」などの単語だけでなく、見出しタブの領域全体など、多くのユーザビリティの強化がクリック可能になりました。ホストのインスタンスがXNUMXつしかないデータソースでは、展開するとそのインスタンスが自動的に展開されます。データソース。
  • SMSまたはMMSメッセージに返信することでアラートに応答すると、システムはすべてのアカウントのポケットベルフィールドを検索して一致するものを見つけることで確認応答を行った管理者を特定し、一致するアカウント名を使用してアクションを実行したユーザーを記録します。
  • データソースのインスタンスが多すぎる場合、ターゲットが画面に表示されないことが多いため、インスタンスグループにドラッグアンドドロップすることはできませんでした。 これで、インスタンスグループの横にあるツールアイコンをクリックし、[メンバーシップの設定]を選択して、インスタンスをインスタンスグループに割り当てることができます。
  • 文字列を送信し、データの応答を調べることができる任意のTCPおよびUDPポート用のデータソースコレクターがあります。
  • エージェントがダウンしているときにポータルにログインしているユーザーは、ダウンしているエージェントを確認するように求められます。
  • [ホスト]タブに、ツールチップの上にマウスを置くと、すべてのホストの監視エージェントが表示されるようになりました。
  • XenServerモニタリングの改善:同じ名前のVMがサポートされるようになりました。 Xen ActiveDiscoveryがフィルターをサポートするようになりました。 xenホストがプールに追加されると、監視は自動的にドロップ監視に変更され、マスターを通じて報告されるようになりました。 プールHAメトリック(オーバーコミットメントなど)と同様に、プールから見たxenホストの状態が監視されるようになりました。

バグ修正:

  • 「SDTX」を使用して「エージェントダウン」アラートに応答すると、エージェントのダウンタイムがX時間正しくスケジュールされるようになりました。
  • OID tocategoriesテーブルのOIDを再度削除することができます。
  • 確認メールはから来ていました [メール保護]の代わりに、 [メール保護]

新しいデータソース:

Kemp Loadmasterロードバランサー、HP Bladeスイッチ、Sensatronics環境モニターなど、さまざまな新しいデータソースが利用可能です。 いつものように、ポータルが自動的にサポートしていないことを監視したいデバイスがある場合は、お知らせください。対応いたします。

記事上で