サポートセンターホーム


57月のリリース-v.XNUMX

01.15.15に公開

私たちは多くの変更と約束を行っており、すぐ近くの機能に我慢してください。 2015年、その時が来ました! 継続的なパフォーマンスと機能の改善に加えて、新しいUIとネットワークトラフィック(以前のNetflow)の完全なベータリリースを発表できることを非常に嬉しく思います。 これはほんの始まりに過ぎませんので、ご期待ください。

新しいUI–フルベータリリース

[デバイス]セクションと[設定]セクションは、新しいUIの完全なベータリリースを締めくくっています。 [intlink id =” 17245″ type =” page”]ドキュメント[/ intlink]をスキャンする価値があります。特に、 Devices セクションは多くの変更をもたらします。

DeviceTree
新しいデバイスツリー

調整が必要な場合もありますが、多くの効率が導入されていることがわかります。 私たちは磨きに取り組んでいますが、電子メールでLogicMonitorサポートチームにフィードバックを送信することを躊躇しないでください [メール保護] または、LogicMonitorアカウントの[エンジニアとチャット]ボタンを使用します。

新しいUIトラフィックタブtop_ports_pie
ネットワークトラフィックの円グラフ

完全なベータリリースでは、新しい[intlink id =” 17423″ type =” page”]ネットワークトラフィック機能[/ intlink]を手に入れることもできます。

円グラフ、フィルタリング、問題調査など、私たちが約束したすべてのものが[トラフィック]タブで利用できます。 試してみて、あなたの考えを教えてください。

新しいUI- [トラフィック]タブThroughput_netflow
ネットワークトラフィックスループット

 

旧モデルからの改善

  • 未応答の音声通話アラートは、完全なメッセージ録音を可能にするために、ボイスメールプロンプトを待機するようになりました。
  • デバイスプロパティの更新は、プロパティの変更や変更の種類など、監査ログに完全に記録されるようになりました。
  • 「適用先」関数内の変数参照としての「system.description」のサポート。
  • 複雑なデータポイントまたはユーザー定義のスクリプト式フィールドで新しい「## POLLINTERVAL ##」トークンをサポートします(を参照)。 利用可能なトークン 詳細については)。

解決されたバグ

  • 必要に応じてコレクタータイプを更新するようにデータソースのインポート機能を修正しました。
  • 監査ログに、シングルサインオン(SAML)からのユーザーログインが含まれるようになりました。
  • パス名に「」が含まれるWindows外部スクリプトデータソースを正しく処理する
  • エリアタイプグラフのUI画像と一致するようにgetGraphImage()API呼び出しを更新しました。
  • 複数のコマンドライン引数を使用してスクリプトデータソースを正しく処理します(以前は、最初の引数のみが渡されていました)。
  • 個々の場所のSiteMonitorアラートが生成されましたが、個々の場所のアラートの抑制が有効になっている場合はエスカレーションされませんでした。 アラートの抑制が選択されている場合、UIに個々のアラートは表示されません。
  • 監視が無効になっているインターフェイスを除外するようにインターフェイス帯域幅レポートを修正しました。
  • 大規模なホストメトリックトレンドレポートのサポート:インスタンスの数がリアルタイムレポートでサポートされている最大数を超えると、レポートが電子メールで送信されます。
  • 以前は一部の顧客で切り捨てられていた「∞」などの特殊文字を含むアラートメッセージメッセージを修正しました
  • 名前に特殊文字が含まれているインスタンスのしきい値を変更する際の問題を修正しました。
  • いくつかの状況で誤ったルールをリストするアラートレポートの問題を修正しました
  • 前回のリリース以降、データソース名で括弧が使用されていなかった問題を修正しました。
  • ルールのデータポイントフィールドの値に関係なく、SiteMonitorアラートがアラートルーティングルールと誤って一致していました。

 

記事上で