サポートセンターホーム


早期リリースコレクター-20.059

11.30.15に公開

20.059早期リリースコレクターには、いくつかの最適化と修正があります。 30年2015月XNUMX日の週に利用可能になります。

新機能:

  • コレクターが実行されるJavaService WrapperはYAJSWに置き換えられました。この変更により、潜在的なメモリリークの状況に対処し、コレクターのトラブルシューティングを改善できます。 さらに、YAJSWラッパーは、将来のコレクター拡張のための柔軟性とサポートを提供します。
  • Windowsコレクターは、データソースに埋め込まれたPowerShellスクリプトをサポートするようになりました。 組み込みPowerShell機能は、PowerShellをActiveDiscoveryスクリプトとデータポイント収集スクリプトの両方で使用できるという点で組み込みGroovyスクリプトと同じように動作します。 コレクターのデバッグウィンドウに、既存の!groovyコマンドに類似したPowerShellスクリプトをテストするための!poshコマンドがあります。 (アップロード機能を使用して)外部PowerShellスクリプトを使用する既存のデータソースは、引き続き通常どおりに動作します。
  • EAコレクターは、データ収集タスク、イベント収集タスク、およびコレクターステータスのXNUMXつの新しいデータソースのメトリックをサポートします。 これらのデータソースは、コレクターが監視しているインスタンスの数、現在のバージョン、稼働時間、およびタスク数に関するメトリックを提供します。

注:以前、Eventsourcesの新しいスクリプト収集方法を発表しました。バグが特定されたため、この機能は次の早期リリースコレクターに含まれる予定です。

旧モデルからの改善

  • perfmonデータソースのデータ収集が初期化されているときのより正確なステータス情報。
  • LogicMonitorにデータを報告するため、およびWebページとCIM収集タスクのためにTLS1.2を利用します。
  • 最大値65536を含む、イベントデータソースのEventIDの検証を追加しました
  • systemdを使用するUbuntu、RedHat、Centos、およびその他のオペレーティングシステムの新しいバージョンでのコレクターインストールのサポートが追加されました。
  • コレクターは、モニター対象デバイスにコレクターがインストールされているかどうかを判別します。 その場合、コレクターデータソースが自動的に適用されます。
  • コレクターウォッチドッグタスクが開始状態でスタックするのを回避するために、コレクター初期化操作にタイムアウトを追加しました。
  • ネットアップホストに許可される同時リクエストの数を管理するために、追加のネットアップ構成(netapp.connection.concurrency#およびnetapp.connection.threadPoolSize)を追加しました。
  • 空のフローとデータ更新の遅延を処理するためのマイナーなネットフローの改善
  • WMIがデータを報告しない方法の改善、データを返さないデバイスとデータの報告に問題があるコレクターをより適切に区別する

修正されたバグ:

  • 自動検出パラメーターが空の場合、自動検出が失敗していました。
  • データソースで使用されているIPMIutil.exeの最新バージョンに更新します。以前のバージョンには、データ収集に影響を与える可能性のある既知のバグがありました。
  • 複雑なデータポイントでNaNを正しく処理するように修正し、NaNを0に変換できるようにしました
  • Globは、LogfileEventSourcesのWindowsファイル名に対して正確にサポートされていませんでした。
  • アクセスが許可されていないエラーを受信して​​いたバッチジョブアラートをサポートするようにイベントコレクターの問題を修正しました。
  • perfmonを介して返される文字列は、すべてのデータポイントをNaNとして報告します。
  • 他のコレクタープロセス中にnetflowコレクションが初期化された場合、スクリプトが終了する可能性がありました。 この潜在的な競合は削除されました。
  • IMPIを介したデータ収集は、コレクターバージョンGD32の20ビットWindowsコレクターでは機能しませんでした。
  • イベントコレクターを手動で無効にする機能が追加されました。 以前は、この変更はコレクターで行うことができましたが、有効になりませんでした。
  • データソースのスクリプトのダウンロード中にネットワークエラーが発生した場合、以前のバージョンが保持されます。
  • 以前のJDKアップグレードにより、AWS EC2 Netscanポリシーで問題が発生しました。競合を考慮して、Netscan処理が調整されました。 

注意:  コレクターがインストールされているデバイスのIPアドレスが複数のデバイスに関連付けられている場合、たとえばDockerコンテナーまたはMS Clusteringを使用している場合、このコレクターバージョンは推奨されません。 コレクターデータソースは、IPに関連付けられているすべてのデバイスに適用され、誤ったアラートが発生する可能性があります。 これは、間もなく予定されている次のEAコレクターで解決される予定です。