サポートセンターホーム


コレクターリリース-19.029

05.27.15に公開

世界 アーリーリリースコレクター19.029 含まれています:

Netflowタイムスタンプを無視する

以前は、ネットワークトラフィックデータがコレクターを介して報告されるたびに、有効なタイムスタンプが必要でした。 デバイスがタイムスタンプ情報を報告しない場合、または不正確な時間(将来など)を報告する場合、時間情報を無視するようにコレクターを構成できるようになりました。 デバイスのタイムスタンプが無視される場合、データのタイムスタンプはデータが受信された時刻に設定されます。

注:現時点では、この構成を必要とする既知のデバイスはSonicwallsのみです。 

Netflowタイムスタンプを無視するには、[設定]、[設定]の順に移動します。 コレクター。 コレクター行から「管理」を選択し、「サポート」をクリックします。

 

[Restart Collector]を選択し、CollectorConfigファイルの#netflow設定セクションに「netflow.ignoreTimestampValidate = true」を追加します。 このファイルを編集するには、「overrideagent.config」オプションを選択する必要があることに注意してください。

Windowsイベントの最適化

19.015で利用可能なコレクターの最適化に加えて、19.029には、一度に最大500のWindowsイベントを収集する機能が含まれています。

その他の改善:

  • 収集されたデータのリダイレクトとギャップに関する問題に対処するために、Webページのデータソースを改善しました。
  • データ収集タスクデータソースによって使用されるTaskCountInQueueデータポイントが修正され、TaskCountInQueueが誤って報告されたときにデータアラートがトリガーされなくなりました。
  • SNMPv2に障害が発生した場合に、SNMPv1とSNMPv3が使用されるようにSNMPを最適化しました。

最新の改善点を利用するには、[設定]、[設定]の順に移動します。 コレクターを選択し、更新するコレクターを選択するか、新しいコレクターを追加します。 [コレクターの追加]または[コレクターの更新]オプションを使用すると、コレクターのバージョンを選択するように求められます。