サポートセンターホーム


XNUMX月のリリース-UIベータ機能の追加、レポートとセキュリティの改善

04.01.14に公開

お近くのアカウントにまもなく登場(50月のv.XNUMXリリース):

その他のUIベータ機能

新しいアラートページのいくつかの調整(フォントサイズの変更機能、改善されたアイコン、およびモバイル詳細ビューのステータス情報を確認してください)に加えて、新しいサービスおよびダッシュボードページのベータリリースを発表できることを嬉しく思います。 基本的な機能は変更されていませんが、全体的なエクスペリエンスを向上させるいくつかの変更があります。
まだ確認していない場合は、ユーザーごとに新しいユーザーインターフェイスを有効にできます。 [設定]で[役割とユーザー]を選択し、ユーザー名を選択します。 [新しいUIを有効にする]をクリックします。

サービス

アラートページのすべての機能が[サービスアラート]ペインに直接表示されます。 情報を最も価値のある、そして有用なものにするものなら何でも、列を確認、フィルタリング、管理します。
すべてのSDT情報にXNUMXか所で簡単にアクセスできる[スケジュールされたダウンタイム]タブは言うまでもありません。 試してみて、右側の(魅力的ではない)フィードバックボタンを使用して、ご意見をお聞かせください。

ダッシュボード

新しいダッシュボードを希望どおりに表示するために少し作業が必要になる場合がありますが、それだけの価値があることをお約束します。 これで、以下を構成することができます。

  • 9つの配色のXNUMXつで、最も価値のあるウィジェットに注目を集めましょう
  • ウィジェットの幅と高さを選択して、標準化と柔軟性を提供します

何よりも、構成から推測作業の一部を取り除いて、ウィジェットのプレビューを楽しみながら行ってください。
しかし、それだけではありません。 新しい凡例機能を確認してください–デフォルトでは非表示になっています。詳細については、クリックしてください。
グラフに多くのインスタンスがありますか? 気になる行をクリックして、何が入っているかを確認してください。 いつものように、フィードバックボタンはあなたがあなたの考えを共有するために利用可能です。

レポートの改善

  • いくつかのリクエストがあり、「いいえ」と言う正当な理由がないため、「グループ」フィールドがアラートレポートに追加されました。
  • 個別のデータポイントは、Windowsイベントログ監視の前回のリリースで追加されました。これらは、アラート頻度レポートでもそれに応じてグループ化されています。
  • アラートの有効間隔に基づいて計算された、含まれるイベントアラートの終了時間。
  • レポートのホスト名の長さに関するやや恣意的な制限を削除し、免責のある名前を作成しました。

その他の改善点

  • パスワードを忘れた場合のプロセスが合理化されました。 パスワードを忘れた場合、ユーザーはメールを受け取り、続行することを選択できます。
  • シングルサインオン構成が[設定]タブから直接利用できるようになり、属性MemberOf、Group、Roles、およびRoleがすべて受け入れられ、ユーザーに役割が割り当てられます。
  • アラートが確認応答されると、重大度の低下によって生成された新しいアラートに確認応答が適用されます。
  • ページヘッダーに表示されるアラート数は、ユーザーの表示権限に基づいて計算されます。
  • confirmAlerts APIは、LMDxxx(データポイントID)パラメーターとアラートIDを受け入れます。 これにより、アラートの詳細に基づいたAPI統合が容易になります。
  • サービスのアラートルールを構成する場合、データポイントのドロップダウンにより、場所をテストするためのオプションが明確になります。
  • 緯度と経度の座標は、Googleマップウィジェットに使用できます。

修正されたバグ

  • コレクターのダウンアラートの確認時に確認メールが送信されていませんでした。
  • SNMPTrapイベントアラートメッセージが不完全でした。
  • 新しい役割ベースのアクセス制御機能により、ホストグループをよりきめ細かく制御できます。 残念ながら、管理者ではないユーザーは、動的グループにも追加されている場合、ホストを削除できませんでした。 新しい構成により、ユーザーはグループからホストを直接削除できます。
  • 最新バージョンのJava(7.51)では、リモートセッションを起動しようとしたときにセキュリティ例外が発生しました。
  • NetAppデータソースの構成を変更すると、「集計にデータがありません」というエラーが発生していました。
  • Netflowサンプリング計算には、正確なメトリックを提供するためのサンプリング間隔が含まれています。
  • グループの「メンバーシップの設定」機能は管理者のみが利用でき、グループの権限に基づいて利用できるようになりました。