データアラートなしの使用

データが報告されていないか、収集できない場合にアラートを作成するように、任意のデータポイントを設定することができます。 この機能の最も一般的な使用法は、次のことを示すためにアラートを発生させることです。

収集方法が失敗しました
これは通常、収集メソッド全体が機能していないことをユーザーに通知するために常に応答する必要があるデータポイント上の単一インスタンスデータソースに配置され、チェックする必要があります。 たとえば、WinSystemUptimeは、SystemUpTimeデータポイントに対してWMIデータが返されない場合に警告アラートを作成するように設定できます。 

重要なインスタンスが消えました
XNUMXつの障害から多数のデータなしアラートが生成されるため、マルチインスタンスデータソースでこれを実行することは一般的に推奨されません。重要なインスタンスが消える可能性があるマルチインスタンスデータソースの場合、データなしのしきい値を設定することを検討できます。 。 これは、インスタンスが互いに完全に異なる場合に実行される可能性があります。 (おそらく、ユーザーが複数のDBMSまたはWebサーバーを実行していたポートで検出されたインスタンス)

上記のいずれの場合でも、選択されるデータポイントは通常、しきい値のないデータポイントです。 これにより、アラートメッセージをカスタマイズし、メッセージ本文にデータの不足を反映させることができます。測定値がしきい値を超えることはありません( ##値## or ##しきい値## これらのトークン)。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET