ソフォスUTMの例

以下は、SophosUTMファイアウォールのクイック設定ガイドです。

概要

  • LogicMonitorCollectorネットワークホストオブジェクトを定義する
  • オブジェクトをIPFIXアカウンティングに割り当てます
  • LogicMonitorコレクター構成を更新して、IPFIXエクスポートの正しいポートでリッスンします

まず、SophosUTMファイアウォールにログインします。 [ログとレポート]-> [レポート設定]-> [IPFIXアカウンティング]に移動します。

 

LogicMonitorコレクターの新しいネットワークホストオブジェクトを選択または定義します。

ネットワークオブジェクトをIPFIXエクスポートに割り当て、一意の監視IDドメインを設定します。

デフォルトのPFIXポート4739はソフォス側では設定できないため、編集する必要があります。 netflow.ports そのポートでリッスンするコレクターのagent.confのセクション。 

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET