LogicMonitorを使用してAWSDirectConnectを監視する方法

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

AWSダイレクトコネクト オンプレミスとAWS環境間の専用ネットワーク接続を提供します。 従来のインターネットベースの接続の場合のように、ISPの可用性の問題の影響を受ける可能性が低いため、このような接続はより信頼性が高く、サービスの稼働時間を増やすことができます。 私たち 最新のリリースダイレクトコネクト接続は、LogicMonitorで自動的に検出および監視できます。

LogicMonitorのダイレクトコネクトスループットパフォーマンスグラフ。


すでにLogicMonitorを使用している場合 AWSモニタリング、AWSグループの[管理]ダイアログから監視するためにダイレクトコネクトを選択する必要があります。

現在のユーザーは、[管理]ダイアログで[直接接続]を選択して監視を開始します。

AWS環境をまだ監視していない場合は、単に LogicMonitorにAWS環境への読み取り専用アクセスを提供します LogicMonitorがサポートする他のAWSサービスの中でも、DirectConnectはモニタリング用に事前に選択されます。 そこから、接続、帯域幅、ID、名前、状態などのメタデータ、およびCloudWatchデータが数分後にLogicMonitorに表示されます。

LogicMonitorに表示される接続、メタデータ、CloudWatchデータ


次の接続パフォーマンスCloudWatchメトリックスは、LogicMonitorで管理されているコレクターによって収集されるため、モニタリングを開始するためにインストールする必要はありません。

LogicMonitorによって自動的に収集および表示されるCloudWatch接続パフォーマンスメトリクス

監視チームは、上記の指標にアラートのしきい値を設定し、デフォルトのグラフを表示するように構成しているため、すぐに使用できる実用的なデータを取得できます。 さらに、環境やチームに固有の意味のあるダッシュボードを構成できます。 さまざまな接続全体のパフォーマンスを視覚化するために作成したダッシュボードは次のとおりです。

複数の接続にわたるパフォーマンスを示すLogicMonitorダッシュボード。

自分のアカウントでこのダッシュボードを表示することに興味がありますか? JSONをダウンロードする 影響により これらの手順でインポートしてください.

サラ・テリー

Sarah Terryは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET