September 17, 2019

ServiceNow New YorkCMDBリリースと自動バランスコレクターの詳細

ServiceNowCMDBの新しいリリースと自動バランスコレクター

今年の初めに私たちは公式を発表しました LogicMonitor – ServiceNowCMDBアプリ、そしてお客様が機能豊富な統合をどれほど迅速に採用しているかを見るのはわくわくします。 LogicMonitorエコシステム全体のほとんどのワークフロー統合と同様に、CMDBアプリはカスタマイズを念頭に置いて構築されました。 インフラストラクチャの複雑さは、さまざまな顧客ベースによって異なります。製品チームは、新しい機能が必要に応じて構築およびカスタマイズするために必要な強力な柔軟性を提供することを保証する素晴らしい仕事をしています。  

私たちは、CMDBアプリを強化するための創造的なユースケースについて、ServiceNowチームおよびお客様と常に協力しています。 以下は、今日利用できるいくつかの新機能のアップデートです。

ServiceNowのニューヨークリリースのサポート

ServiceNowからのバージョンリリースには常に感銘を受けており、ニューヨークも例外ではありません。 LogicMonitorのCMDBおよびインシデント管理アプリケーションは、ServiceNowによって、最新の都市リリースで動作することがすでに認定されており、今日一般に公開されています。

自動化をダブルダウン

LogicMonitorではデータが重要かもしれませんが、自動化も同様に気に入っています。 インフラストラクチャとアプリケーションをサポートするコンポーネントとサービスの数は驚異的です。数百万の潜在的なメトリックを含む数百または数千のデバイスです。 私たちが収集する膨大な量のデータでは、自動化なしで拡張することは不可能です。 これはCMDBアプリにどのように適用されますか?

ServiceNowからLogicMonitorでデバイスを開きます

 

ServiceNowとLogicMonitorの間でデータを共有することは、すでに多くのお客様がCMDBの健全性と精度を向上させるのに役立っていますが、手を汚してシステム間を移動しなければならない場合もあります。
元のコードでは、LogicMontiorは直接URLをServiceNowCIに書き込みます。 sn.cmdb_url プロパティ。

LogicMontiorは、sn.cmdb_urlプロパティのServiceNowCIに直接URLを書き込みます。

ベースアプリケーションのこのリリースに追加された、LogicMonitorと同期された各CIに新しいボタンがあり、ServiceNowから直接構成済みポータルでLogicMonitorリソースを開きます。 タブジャンプに別れを告げます。

LogicMonitorと同期された各CIの強調表示されたボタン。これにより、構成されたポータルでLogicMonitorリソースがServiceNowから直接開かれます。

自動バランスコレクタプロビジョニング

コレクターへのデバイスの割り当ては、従来、1対1の関係でした。 これらの接続を管理し、コレクターが適切にスケーリングされ、バランスが取れていることを確認する負担は、お客様の負担となりました。 デバイスの作成には、コレクターの割り当ても必要でした。 どのコレクターが新しいデバイスを使用できるかを判断するには、デバイスの数のみに基づいたガイダンスのみを使用して、顧客側で創造的な推測を行う必要があります。

紹介 オートバランスコレクターグループ (ABCG)。 この機能により、デバイスの作成プロセスが合理化され、コレクターのグループ内の容量管理が簡素化されます。 本日利用可能な1.1.xリリースとAutoBalanced Collector Group – Update Setにより、ユーザーは特定のコレクターではなくABCGにデバイスをプロビジョニングすることができます。 これのいくつかの利点は次のとおりです。

  • 個々のコレクターがオーバーサブスクライブになるのを防ぐために、ABCG内でデバイスをあるコレクターから別のコレクターに動的に移動します。
  • デバイスフェイルオーバーのスケーラビリティを向上させます。 ABCGのコレクターがダウンすると、そのコレクターによって監視されていたデバイスは、ABCGの他のコレクターに分散されます。
  • デバイスの作成プロセスを合理化し、コレクターのグループ内での容量管理を簡素化します。