LogicMonitorが2015AutoTask CommunityLiveを後援

カリフォルニア州サンタバーバラ–(Sys-Conメディア)- LogicMonitor主要なSaaS自動パフォーマンス監視プラットフォームであるは、Autotask Community Live 2015のゴールドスポンサーです。LogicMonitorは、との最近の統合を実証します。 自動タスクとショーケース サービスプロバイダー市場向けに構築された新しいプラットフォーム機能。

LogicMonitorは、マネージドおよびクラウドサービスプロバイダーに強力なパフォーマンス監視機能を提供します。 その機能には、ネットワークギア、スイッチング、データベース、ストレージ、仮想化、アプリケーションなど、インフラストラクチャスタックのすべてのレベルでテクノロジーを監視することが含まれます。 そのマルチテナント展開モデルにより、主要なサービスプロバイダーは、ローカルまたは同じ場所にあるデータセンター、顧客の構内、またはパブリックまたはプライベートクラウドデータセンターにあるデバイスとサービスを監視できます。 最近のLogicMonitorプラットフォームの追加には次のものがあります。

  • ネットワークトラフィックフロー分析: LogicMonitorのネットワークトラフィックフロー分析により、ユーザーは次のことを判断できます。 正確な情報源 IT運用チームとMSPは、変化するネットワークの状態や困難なネットワークの状態、輻輳、ユーザーの行動をプロアクティブに管理して、ネットワークのパフォーマンスを最適化できます。
  • AWSモニタリング: LogicMonitorはCloudWatchAPIと統合され、Amazonインスタンスとサービスのパフォーマンスに関するメトリクスを表示、保存、トレンド分析するための簡単な方法を顧客に提供します。 モニタリング機能には、DynamoDB、EC2、SQS、S3を含むCloudWatchメトリックスの表示、課金およびカスタムメトリックス、複雑なデータポイントを含むカスタマイズ可能なAWSサービステンプレート、LogicMonitorCollectorからのAWSDynamoDBおよびS3インスタンスのモニタリング、およびAWSインスタンスの管理の改善が含まれます。 LogicMonitorの堅牢なアラートルール、通知エンジン、ダッシュボード、レポート。

さらに、LogicMonitorはその展示を行います 双方向のLogicMonitorと自動タスクの統合 ブースで。

LogicMonitorのCEOであるKevinMcGibbenは、次のように述べています。 「LogicMonitorのプラットフォームは、米国とヨーロッパ全体でますます多くのITサービスプロバイダーによって利用されています。 XNUMXつのクラウドベースのプラットフォーム間の統合は、共有のお客様にとって重要です。」

マクギベンは、イベントでのトピックに関するパネルセッションを主催します クラウドプラクティスを確立する高成長MSPのベストプラクティス。 パネリストには、熟練したMSPビジネスリーダーが含まれます。CWPSのCEO、ジェイソンウォルドロップ。 TW Venturesの社長兼WhiteGloveTechnologiesの元CEOであるTommyWald; XtelesisなどのCEO、ScottStrochak氏。 パネルディスカッションでは、クラウドプラクティスを開発するITサービスプロバイダー向けの実際のアドバイスと、成功するクラウドサービスオファリングの作成、移行、および維持で学んだ教訓について詳しく説明します。

ブース番号#4でLogicMonitorに参加してください。 詳細についてはお問い合わせください [メール保護].

LogicMonitorについて:

LogicMonitor は自動化されたITパフォーマンス監視プラットフォームであり、IT運用チームがアプリケーションの可用性とインフラストラクチャのパフォーマンスを確保して、顧客エクスペリエンスを向上させるのに役立ちます。 導入が容易なSaaSプラットフォームを使用して、お客様は単一のアプリケーションからインフラストラクチャ(サーバー、ネットワーク、VM、ストレージ、アプリ、データベース、およびWebサイト)とクラウドを監視できます。 詳細については、次のURLをご覧ください。 www.logicmonitor.com またはツイートしてください @logicmonitor.

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET