LogicMonitorのvSphere統合により、価値実現までの時間と運用効率が向上

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

VMwareのvCenterに対するLogicMonitorの現在の監視範囲は、クラス最高です。ポータル内の単一のデバイスから、仮想環境のすべてのコンポーネントと、それぞれのパフォーマンスメトリック(ホスト、クラスター、仮想マシン、リソースプール、データストア、仮想)を確認できます。スイッチ、ネットワーク、スナップショットなど。  

実際には、これはあなたの後 vCenterを追加します ホスト名とESX資格情報、LogicMonitorのコレクターは、これらのメトリックの収集、表示、およびアラートをすぐに開始します。 LogicMonitorの新しくリリースされた VCSAデータソース、LogicMonitorのvCenter監視範囲は拡大を続けています。

VMwareVMパフォーマンスダッシュボード。

上記の方法は迅速であり、あなたに提供しますが 高レベルの洞察 vSphere APIの構造により、仮想マシンのパフォーマンスに影響を与えるため、LogicMonitorはvCenterデバイス上のOSおよびアプリケーションの統計情報を提供できません。

OSおよびアプリケーションレベルのメトリックを可視化するには、VMを独立したデバイスとしてLogicMonitorに追加する必要があります。 このプロセスもかなり簡単です。仮想マシンのホスト名とSNMPまたはWMI資格情報(それぞれLinuxまたはWindowsのどちらを実行しているかによって異なります)を追加すると、数分以内にすぐにメトリックが表示されます。

LogicMonitorには、vCenterまたはOSの観点からVMを監視するオプションがあります。

あなたが vCenterは、おそらく数百または数千の仮想マシンを備えているため、可能な限り多くの自動化を組み合わせて導入する必要があります。  

これに関連して、多くのユーザーはvSphere内のフォルダー構造を利用して仮想マシンを整理しています。 これらの点を念頭に置いて、運用効率と価値実現までの時間の改善を目的としたXNUMXつのデータソースを作成しました。

最初のデータソースは、すべての仮想マシンを自動的に監視するため、OSおよびアプリケーションレベルの統計を可視化できます。 LogicMonitorのように LM-クラウド AWSタグに基づいてリソース検出をフィルタリングできる製品であるこのデータソースを使用すると、vSphereの「カテゴリ」と「タグ」を使用して、または仮想マシンの名前で、この「包括的な」モニタリングに取り込まれる仮想マシンをフィルタリングできます。

おそらく、「環境」カテゴリがあり、そのカテゴリの「製品」仮想マシンの包括的な監視のみが必要です。 これは、以下に示すLogicMonitorポータルのvCenterデバイスに「vcenter_integration_tags_include」プロパティを追加することで簡単に実現できます。


カンマで区切られたカテゴリとタグのペアを追加することで、複数のカテゴリとタグを追加できることに注意してください(例:Environment:Prod、Project:TimeMachine)。

このデータソースは、オプションでLogicMonitorを利用できます。 自動バランスコレクターグループ (ABCG)。これにより、包括的な監視に追加する仮想マシンが多数ある場合でも、コレクターの負荷について心配する必要がなくなります。 ABCGを構成した後、以下に示すように、コレクターグループIDを値として「guests_collector_group」プロパティを追加するだけです。


LM-Cloudと同様に、このデータソースは30分ごとに新しい仮想マシンをチェックし、それらを監視に追加します。

データソースを直接ダウンロードできます こちら、およびセットアップのドキュメント こちら.

このソリューションのXNUMX番目のデータソースは、LogicMonitorリソースツリーにvCenterフォルダーを自動的に作成(および更新)します。 これらは 動的グループ LogicMonitorでは、ポータルに追加された仮想マシンは、対応するフォルダーに表示されます。 グループの名前変更やグループ間でのVMの移動など、vCenter内のグループおよび仮想マシンへの更新は、LogicMonitorに反映されます。 これは、vSphereで仮想環境構造を管理し、監視操作をこの構造に合わせることができることを意味します。

最近、ある顧客がこのソリューションを使用して、1200を超える仮想マシンと300を超えるデバイスグループを数分で監視できるようにしました。 このデータソースはダウンロードできます こちら、ドキュメントとともに こちら.

これらのデータソースの両方を互いに組み合わせて使用​​することには直感的な価値があります。展開までの時間の短縮、LogicMonitor環境とvSphere環境の整合性の維持、単一のポータルでグループ化構造を管理することによる運用効率の向上です。 そうは言っても、これらのデータソースは、独立して動作するように意図的に開発されました。 したがって、もう一方を使用せずに、どちらかのデータソースを適用することを選択できます。

今後は、運用効率と価値実現までの時間を改善するための手段を常に調査しています。 このvCenter統合または他のLogicMonitorモジュールを改善する方法についてアイデアがある場合は、 コミュニティフォーラム!

質問がありますか? カスタマーサクセスマネージャーに連絡するか、 無料トライアル.

ジェイク・コーエン

ジェイクはLogicMonitorのシニアセールスエンジニアであり、テクノロジーをビジネス価値に結び付けることを高く評価しています。 ITヘルプデスクコンサルタントとして数年を過ごした後、ジェイクは現在、顧客がLogicMonitorを使用してあらゆる種類のIT運用の問題を解決するのを支援しています。 Jakeは、LogicMonitorを使用して、データウェアハウスなどのビジネスクリティカルなアプリケーションを監視する方法も見つけました。 データソースと統合を作成していないときは、ジェイクがロードバイクに乗ってサンタバーバラのサンタイネス山脈を登ったり、時折自転車レースをしたりしているのを見つけることができます。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET