v.171リリースノート

LogicMonitor v.171は、13月22日からXNUMX月XNUMX日までカスタマーポータルに展開される予定です。

特徴

  • 機能ハイライト: ログクエリを使用して、新しいログパイプラインとログアラート条件を作成します。 サービスレベルのAWSECSContainerInsightsメトリクスとPaloAltoSD-WANサイトおよび要素の新しいモニタリング。 新しいEAおよびGDコレクターのリリース。
  • 一般的な更新: PagerDuty EUAPIURLのサポートが拡張されました。 LM Cloudの場合、AWSCloudWatchメトリックスタイムスタンプを更新しました。
  • 更新された監視: AWSバックアップを監視し、Common ConfigsでTelnetをサポートし、KubernetesKSMの自己監視を追加するための新しいモジュールなど。

機能のハイライト

ログパイプラインとログアラート条件の改善

ログパイプラインとログアラート条件を作成するときに、ログクエリ言語を使用できるようになりました。 ログクエリを使用すると、論理演算子とログメタデータ値を使用してイベントをフィルタリングおよび解析できます。 ログパイプラインとログアラートの作成が、ポップアップモーダルではなく、[ログ]ページの下部にあるパネルで開くようになりました。

AWSECSContainerInsightsの更新

サービスレベルのAWSECSContainerInsightsデータソースを、新しいマルチインスタンスデータソースであるAWS ECSContainerInsightsServiceに移動しました。 複雑なデータポイントのそれぞれに動的しきい値を追加し、既存のすべてのECSデータソースの既存の複雑なデータポイントで動的しきい値を有効にしました。 詳細については、を参照してください。 LogicModuleリリース.

新しいパロアルトSD-WANモニタリング

Palo Alto SD-WAN(以前のCloudGenix SD-WAN)監視サイトとそれらが生成するトラフィック、およびCloudGenix SD-WAN要素(またはデバイス)とそのステータス用の新しいモジュールスイートをリリースしました。 詳細については、を参照してください。 Palo AltoPrismaSD-WANモニタリング.

新しいコレクターリリース

EAコレクター32.100

32.100年3月2022日にリリースされたEACollectorXNUMX。このコレクターリリースには、CIDR範囲をスキャンするためのNetscanポリシーの改善が含まれています。 アップデートの完全なリストについては、を参照してください。 EA Collector32.100リリースノート.

GDコレクター32.000

GD Collector 32.000は3年2022月31.200日にリリースされ、以前にリリースされたEACollectorXNUMXに基づいています。 アップデートの完全なリストについては、を参照してください。 GD Collector32.000リリースノート.

一般的な更新

アラート

バグの修正

  • アラートがクリアされても複数のSMS通知が送信される問題を修正しました。

ダッシュボード

バグの修正

  • 特殊文字が含まれている場合にSLAダッシュボードウィジェットが正しくレンダリングされない問題を修正しました。 

LMクラウド

機能強化

  • AWS CloudWatchデータの場合、AWSCloudWatchで表示されるタイムスタンプと一致するようにメトリックスタイムスタンプを更新しました。 

バグの修正

  • ユーザーがアクセス許可ページの[サブスクリプションの取得]ボタンをクリックしたときに空白の画面が表示されるAzureIntegrationセットアップのバグを修正しました。

LM統合

機能強化

  • PagerDuty EUAPIURLのサポートを拡張しました。 これで、統合に使用するPagerDutyURLリージョンを使用できます。

LMログ

既知の問題点

  • 世界 承認をクリアする ログアラート条件を追加するとき、機能は直感的ではありません。 The 後に自動クリア 設定すると、トグルがオフの場合でも、指定した時間(分単位)後にアラートがクリアされます。 アラートは、設定のトグルがオンになっている場合にのみ確認されます。

プッシュメトリック

バグの修正

  • OpenMetrics DataSource Wizardで、列のサイズを変更できない問題を修正しました。

LogicModuleリリース

新規および更新されたLogicModuleは、LogicMonitorパブリックリポジトリからインポートできます。 このセクションでは、このリリースで新しく、このリリースで更新された、または将来のリリースで削除されるLogicModuleを一覧表示します。 LogicModule機能に関連する変更は以下に一覧表示されます 一般的な更新.

新しいLogicModules

LogicModule名お問い合わせ内容
(2つのConfigSources)
Telnet_Interactive_Dynamic
Telnet_Interactive_Standard

(1つのPropertySource)
ConfigCheck_5_Telnet
CommonConfigsのTelnetサポートが追加されました。 Telnet Common Configチェックを追加し、それを考慮に入れるために他のCommonConfigチェックのAppliesToを更新しました。
一般的な構成の改善については、更新されたLogicModuleを参照してください。
(3つのデータソース)
AWS_Backup_Protected_Resources
AWS_Backup_Vaults_1h
AWS_Backup_Vaults_24h
AWSバックアップの新しいモニタリング。
(1データソース)
AWS_ECS_ContainerInsights_Service
AWSECSコンテナのサービスレベルメトリクスを提供する新しいモジュール。
AWS_ECS_ * DataSourcesの関連する変更については、更新されたLogicModulesと非推奨のLogicModulesを参照してください。
(2つのデータソース)
Kubernetes_KSM
Kubernetes_KSM_Resources

(1つのPropertySource)
selfMonitor_KubernetesKSM
kube状態メトリック(KSM)の新しいKubernetes自己監視。
関連するPropertySourceについては、更新されたLogicModulesを参照してください。
(4つのデータソース)
PaloAlto_SDWAN_Elements
PaloAlto_SDWAN_Site_Performance
PaloAlto_SDWAN_Site_WANLinkQuality
PaloAlto_SDWAN_WatchDog

(1 EventSource)
PaloAlto_SDWAN_SiteEvents

(1つのPropertySource)
addCategory_PaloAlto_SDWAN
Palo Alto Networks Prisma SD-WAN(旧称CloudGenix SD-WAN)の新しいカバレッジ。

更新されたLogicModules

LogicModule名お問い合わせ内容
(8つのConfigSources)
SCP_Dynamic
SCP_Standard
SFTP_Dynamic
SFTP_Standard
SSH_Exec_Dynamic
SSH_Exec_Standard
SSH_Interactive_Dynamic
SSH_Interactive_Standard

(13つのPropertySources)
ConfigCheck_1_SFTP
ConfigCheck_2_SCP
ConfigCheck_3_Exec
ConfigCheck_4_Interactive
Config_Arista_Generic
Config_Aruba_Generic
Config_Brocade_Generic
Config_Fortinet_Generic
Config_HPE_Generic
Config_Juniper_Generic
Config_Netscaler_Generic
Config_PaloAlto_Generic
Config_Sophos_Generic
ActiveDiscoveryに対する一般的な構成の改善。 タイムスタンプのCommonConfigフィルターが改善されました。 利用可能な実行時間をより有効に活用するために、すべての「共通のConfigSource」のタイムアウトを更新しました。
(3つのデータソース)
AWS_ECS_ClusterServices
AWS_ECS_ContainerInsights_TaskFamily
動的しきい値およびその他の一般的な改善を有効にしました。
AWS_ECS_ *データソースへの関連する変更については、新しいLogicModulesと非推奨のLogicModulesを参照してください。
(1データソース)
Cisco_Multicast_Groups
未使用のコードを削除しました。
(1データソース)
Cisco_Wireless_AP
低速のデバイスでのタイムアウトを防ぐために、SNMPウォークに明示的なタイムアウトを追加しました。
(8つのデータソース)
Dell_Compellent_Controller_Fans
Dell_Compellent_Controller_PowerSupply
Dell_Compellent_Controller_Temperature
Dell_Compellent_Controller_Voltage
Dell_Compellent_SC_EnclosurePower
Dell_Compellent_SC_Fans
Dell_Compellent_SC_IOModules
Dell_Compellent_SC_Temperature
インスタンスの検出を妨げていたActiveDiscovery正規表現フィルターの問題を修正しました。
(17つのデータソース)
DellEMC_XtremIO_BBU
DellEMC_XtremIO_Clusters
DellEMC_XtremIO_ConsistencyGroups
DellEMC_XtremIO_DAEControllers
DellEMC_XtremIO_DAEPSU
DellEMC_XtremIO_DataProtectionGroups
DellEMC_XtremIO_InfiniBandSwitches
DellEMC_XtremIO_Initiators
DellEMC_XtremIO_SSD
DellEMC_XtremIO_Snapshots
DellEMC_XtremIO_StorageControllerLocalDisks
DellEMC_XtremIO_StorageControllerPowerSupplies
DellEMC_XtremIO_StorageControllerStats
DellEMC_XtremIO_Targets
DellEMC_XtremIO_Volumes
DellEMC_XtremIO_XEnvironments
DellEMC_XtremIO_XMS
呼び出しのバッチバージョンに切り替えることにより、全体的なAPI呼び出しを削減しました。 グラフの更新、一般的なクリーンアップ、および保守性のためのスニペットとしてのモジュールの書き直し。
(9つのデータソース)
HP_3PAR_CPG
HP_3PAR_Controller
HP_3PAR_Disk
HP_3PAR_HardwareHealth
HP_3PAR_Port
HP_3PAR_VLUN_by_Host
HP_3PAR_VLUN_by_Volume
HP_3PAR_Volumes
HP_3PAR_iSCSI
HPE 3PARスイートは、出力のフォーマットに関係なく正しいデータ収集を保証するために、出力を動的に解析するように書き直されました(動的に解析できない状況では、ハードコードされたフォールバックが残ります)。 スニペットを使用してグラフと保守性を改善しました。

注意: コレクターは、エージェントでgroovyスクリプトを実行する必要があり、コレクター構成ファイルagent.confでgroovy.script.runner=agentを実行します。 詳細については、を参照してください。 コレクター構成ファイルの編集.

HP_3PAR_HardwareHealthのバッテリーおよびPSUインスタンスでデータ損失が発生します。 以前、インスタンスで名前の衝突が発生したため、監視が不完全になりました
(4つのデータソース)
Kubernetes_KSM_Daemonsets
Kubernetes_KSM_PersistentVolumes
Kubernetes_KSM_Replicasets
Kubernetes_KSM_Statefulsets
スタイルガイドラインに一致するように表示名を更新しました。
(1データソース)
Microsoft_SQLServer_AlwaysOnAvailabilityReplicas
のステータスコードマッピングを更新 operating_status データポイント。
(1データソース)
PaloAlto_FW_IPSecTunnelStats
queryコマンドの問題を修正しました。
(1データソース)
PaloAlto_FW_証明書
証明書チェックのtryandcatchを追加しました。
(3つのデータソース)
Rubrik_Node_Drives
Rubrik_Node_Statistics
Rubrik_Storage_UnmanagedObjects
スクリプトが失敗する原因となっていたHTTP関数呼び出しに渡されるパラメーターの問題を修正しました。
(1データソース)
SNMP_ネットワーク_インターフェース
MACアドレスが関連付けられていないインターフェイスが除外されないように、MACアドレスを削除しました。 トポロジが改善されました。
(1データソース)
VMware_VCSA_CPU
debugprintステートメントを削除しました。
(1データソース)
WinIf-

(1つのPropertySource)
addERI_Windows
トポロジが改善されました。
(1つのPropertySource)
addCategory_KubernetesKSM
Kubernetesモニタリングを拡張して、kube状態メトリックの自己モニタリングを追加しました。

関連する監視の更新については、新しいLogicModuleを参照してください。
(1つのPropertySource)
addCategory_Ruckus_SZ
拡張されたAPIバージョンのサポート。
(1つのPropertySource)
addCategory_snmpUptime
Netscalerデバイスを含むようにappliesToを拡張しました。
(2つのPropertySources)
addERI_Cisco
addERI_F5
F5およびCiscoデバイスのトポロジタグを更新しました。
(1つのPropertySource)
addERI_NetApp
名前空間スクリプトエラーを修正しました。
(1つのPropertySource)
Microsoft_SQLServer_Connections
手動インスタンスが無視される問題を修正しました。 空白または欠落しているmssql.integrated_securityデバイスプロパティの処理が追加されました。
(1 TopologySource)
Networking_L2_snmpSwitch
特定のLLDPIDOUIマッチングルーチンをAraknisデバイスに適用することをブロックしました。

非推奨のLogicModules

この表に、このリリースで廃止されるLogicModuleを示します。 これは、これらのLogicModuleが将来のリリースで削除されることを意味します。 可能な場合は、交換用のLogicModuleが一覧表示されます。 非推奨のモジュールの履歴については、を参照してください。 非推奨のLogicModules.

LogicModule名
非推奨/交換
お問い合わせ内容サポートの終了
日付
非推奨:
AWS_ECS_ContainerInsights

置換:
AWS_ECS_ContainerInsights_NoService
サービスを適切にフィルタリングせず、多数のデータポイントで断続的またはデータがないことを報告した古いモジュールを交換しました。06 / 17 / 2022

今後

このセクションでは、今後のベータ機能に関する発表、進行中のベータ機能に関する更新、および既存の機能のサポート終了に関する情報を確認できます。

WMIコレクション通知のトラブルシューティング

Microsoftは、WMIの脆弱性に対処するために、Windows DCOMサーバーのセキュリティ機能バイパス(CVE-2021-26414)を公開しました。 問題を解決するには、最初にコレクターデバイスにパッチを適用し、次に監視対象デバイスに最新の更新プログラムを適用する必要があります。 詳細については、を参照してください。 WMIの脆弱性によるデータ収集の失敗.

MongoDBコレクタータイプ削除通知

将来のLogicMonitorEACollector 32.200リリースでは、別個のコレクタータイプとしてMONGOは使用されなくなります。 このリリースにアップグレードすると、agent.confからすべての「mongo」設定が削除されます。 SCRIPTやDataSourcesなどの他のコレクタータイプを引き続き使用して、MongoDBインスタンスをモニターできます。 詳細については、を参照してください。 MongoDBモニタリング.

Azure China Regions Monitoring Beta

一部のユーザーは、オプトインしてAzureChinaCloudアカウントの監視を開始できます。 LogicMonitorサポートに連絡して、LogicMonitorポータルでこのベータ機能を有効にしてください。 機能を有効にした後:

  1. 新しいクラウドアカウントを追加して、中国がホストする地域に関連付けます。 クラウドアカウント(レガシー) オプションを選択します。
  2. メディア パーミッション タブを選択 中国のアカウント チェックボックスをオンにします。
  3. メディア サービス/製品 タブで、監視する中国の地域を選択します。

さらにサポートが必要な場合は、LogicMonitorサポートにお問い合わせください。 

古いアラートページの削除通知

古いアラートページ(https://accountname.logicmonitor.com/santaba/uiv4/alert)のサポートは削除されました。 古いアラートページに関連する問題は解決されなくなり、ページへのアクセスは次のリリースで削除されます。 

最新のアラートページを使用していることを確認するには、をクリックします アラート LogicMonitorナビゲーションサイドバーで、またはLogicMonitorURLに「/uiv4/alerts」を追加します。

記事上で