カスタム ライブラリをコレクタに追加する

最終更新日: 30 年 2024 月 XNUMX 日

Groovy カスタム ライブラリと非 Groovy カスタム ライブラリの両方をコレクタに追加できます。 

Groovy 以外のカスタム ライブラリの追加

Groovy スクリプトベースの LogicModule の追加機能をサポートするためにコレクタに JAR ファイルを追加するには、次の手順に従います。

  1. jarファイルをCollectorインストールのライブラリフォルダーにコピーします(フォルダーを作成する必要がある場合があります)。
    • Windowsのデフォルトのライブラリパス– C:\Program Files\LogicMonitor\agent\custom
    • Linuxのデフォルトパス– /usr/local/logicmonitor/agent/custom

    以前は、JARが含まれているlibディレクトリにカスタムJARを配置するようにユーザーに指示していました。 これは引き続き機能しますが、カスタムjarを別のカスタムフォルダーに配置することをお勧めします。

  2. 今すぐ編集 wrapper.conf そのため、コレクターはjarをロードします。 構成ファイルは、マシン上で直接編集することも、ブラウザーのLogicMonitorポータル内から編集することもできます。 Collector構成ファイルの編集の詳細については、を参照してください。 コレクター構成ファイルの編集.
  3. wrapper.conf ファイルには、次のような行が表示されます。
    wrapper.java.classpath.85=../lib/jackson-core-2.6.6.jar
    wrapper.java.classpath.86=../lib/amazonlibs/*.jar
    
  4. 必ず番号を増やして、jarファイルの行を追加してください。
    wrapper.java.classpath.85=../lib/jackson-core-2.6.6.jar
    wrapper.java.classpath.86=../lib/amazonlibs/*.jar
    wrapper.java.classpath.87=../custom/customlib-0.0.1.jar
    
  5. 構成を保存して、コレクターを再起動します。

Groovy コア カスタム ライブラリの追加

GD Collector 35.001 以降では、次の Groovy コア カスタム ライブラリをコレクターに追加できます。

  1. Groovy カスタム JAR ファイルを カスタム Collector のインストール パス内のフォルダー ( カスタム フォルダーが存在しないため、フォルダーを作成する必要がある場合があります)
    • Windows のデフォルトのパス – C:\Program Files\LogicMonitor\エージェント\カスタム
    • Linux のデフォルトのパス – /usr/local/logicmonitor/agent/custom
  2. 構成を ラッパー.conf 設定を行います。
    • カスタム Groovy JAR ファイルが v2 と v4 の両方のバージョンをサポートしている場合は、共通の構成を使用して両方のバージョンに JAR ファイルをロードできます。
      例 – 一般的な構成
      groovy.jar.common.1 = custom/common-groovy.jar
    • カスタム Groovy JAR ファイルが v2 または v4 バージョンをサポートしている場合は、バージョン固有の構成を使用して、JAR ファイルをそれぞれの Groovy バージョンにロードできます。
      この JAR ファイルは Groovy v2 スクリプトにロードされます。例えば、
      groovy.jar.v2.1 = custom/example-2-1.jar
      この JAR ファイルは Groovy v4 スクリプトにロードされます。例えば、
      groovy.jar.v4.1 = custom/example-4-1.jar
    • 複数の JAR ファイルをサポートするには、構成の最後の桁を増分します。例えば、
      groovy.jar.v4.1 = custom/example-4-1.jar
      および
      groovy.jar.v4.2 = custom/example-4-2.jar
      どちらの JAR ファイルも Groovy v4 にロードされます。
      Note: 上記で追加した Groovy JAR ファイルが wrapper.java.classpath。 JAR ファイルが存在する場合、 wrapper.java.classpath 次に、それらを取り外して、ステップ 2 で説明した構成に従って配置します。
  3. 設定を保存し、コレクターを再起動します。

Collector インストーラーに同梱される AWS SDK JAR

他のインストール ファイルとともに、コレクター インストーラーには、コア モジュールとカスタム モジュール (データソース) で使用される複数の AWS SDK JAR ファイルも含まれています。コレクター インストーラーのサイズを軽く保つため、コレクター EA バージョン 34.100 以降では、コレクター モジュールとコア モジュールで使用される次の AWS SDK JAR ファイルのみが出荷されます。

  • aws-java-sdk-core
  • aws-java-sdk-autoscaling
  • aws-java-sdk-ec2
  • aws-java-sdk-s3
  • aws-java-sdk-cloudformation
  • aws-java-sdk-cloudwatch
  • aws-java-sdk-dynamodb
  • aws-java-sdk-sqs

EA 34.100 にアップグレードした後、AWS SDK JAR (コレクタインストーラには同梱されていません) カスタム データソース (既存または新規) の Groovy スクリプト内にある場合、そのデータソースのデータは収集されません。 「クラスを解決できません」などのエラーが表示されます。 ”。このような場合、またはビジネスで追加の AWS SDK JAR が必要な場合は、それらをカスタム JAR として追加できます。

記事上で