サポートセンターホーム


StackStorm統合

LogicMonitorをStackStormと統合すると、アラートを監視してStackStormに送信できます。 トリガーされたアラートがStackStormのルールと一致する場合、ルールはアクションまたはワークフローをトリガーします。 アクションまたはワークフローは、要求をLogicMonitorに送り返すように、またはStackStormがインストールされているデバイスでカスタムスクリプトを実行するように構成できます。 たとえば、リソースのメモリが不足しているというアラートを受け取った場合、スクリプトを自動的に実行し、影響を受けるリソースのキャッシュを削除するようにStackStormを構成できます。

LogicMonitorをStackStormと統合するには、StackStormExchangeからLogicMonitorPackをインストールしてから、LogicMonitorでStackStorm統合を構成する必要があります。 StackStorm統合を構成する前に、認証に使用されるStackStormAPIキーを作成する必要があります。

見る https://stackstorm.com StackStormの詳細については。

Requirements

LogicMonitorをStackStormと統合するには、次のいずれかのデバイスにStackStormをインストールする必要があります。

  • RedHatの
  • CentOSの
  • Ubuntuの

StackStormのインストール手順については、StackStormの次のドキュメントを参照してください。
インストール

ネットワークトラフィックがポート5000に到達できるように、StackStormがインストールされているデバイスのネットワークを構成する必要があります。

LogicMonitorパックのインストール

  1. StackStormにログインします。
  2. 次のコマンドを使用して、StackStormExchangeからLogicMonitorパックをダウンロードしてインストールします。
st2 pack install logicmonitor

注意: あなたは LogicMonitorパック StackStormExchangeから。

  1. コピー /opt/stackstorm/packs/logicmonitor/logicmonitor.yaml.example 次のディレクトリにファイルします。
  2. /opt/stackstorm/configs/
  1. 名前を変更する /opt/stackstorm/configs/logicmonitor.yaml.example ファイルへ logicmonitor.yaml ファイルに次の適切な値を入力します。
    • LogicMonitorポータルの会社名
    • LogicMonitorAPIアクセスID
    • LogicMonitorAPIアクセスキー

推奨事項: LogicMonitor APIアクセスキーは秘密の値であり、動的構成値として保存する必要があります。 適切な値とシークレット値を安全に保存する方法の詳細については、StackStormの次のドキュメントを参照してください。 動的構成値

  1. 次のコマンドを使用してパックを登録します。
st2 pack register logicmonitor

注意: LogicMonitorパックに追加の変更を加える場合は、提供されたコマンドを使用してパックを再登録する必要があります。

認証用のStackStormAPIキーの作成

  1. StackStormがインストールされているデバイスでターミナルを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
st2 apikey create -k -m '{"used_by": "my integration"}'

このキーは、LogicMonitorポータルでStackStorm統合を構成するために使用されます。

StackStorm統合の構成

  1. LogicMonitorで、次の場所に移動します 設定 > コネクター をクリックし 追加.
  2. [新しい統合の開始]ペインで、[ StackStorm.
  3. StackStorm統合の名前と説明を入力します。
  4. StackStorm環境のURLを追加します。
  5. 以前に作成したStackStormAPIキーを追加します。
  6. 設定する アラートデータ 必要に応じてフィールド。 見る LogicModuleアラートメッセージで使用可能なトークン 可能なトークンのリストについては。

注意: 「apiKey」プロパティを削除または変更しないでください。

  1. 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 セールで節約.

使用例:ディスクスペースの使用量に対応するカスタムアクション

次の例では、StackStorm統合を使用して、環境内のディスクスペース使用量に対応するアクションを自動化する方法について説明します。 この例では、StackStormでアクションを実行するルールを設定する方法と、StackStormルールのLogicMontorアラートを構成する方法について説明します。

ディスクスペースの使用量がLogicMonitorのアラートで指定されたしきい値を満たしている場合、StackStormで構成したルールにより、関連するアクションがトリガーされ、ディスクスペースの使用量に応答します。

注意: この例では、StackStormがインストールされているデバイスにLogicMonitorコレクターがインストールされている必要があります。

StackStormのルールとアクションの設定

StackStormがデバイスにインストールされた後、StackStormでルールを確立して 使用率 アラート。 ルールがアクションを実行してカスタマイズされたスクリプトを実行するように指定できます。 ルールの作成とルールに基づいてアクションを実行する方法の詳細については、StackStormの次のドキュメントを参照してください。
キャンペーンのルール

注意: 世界 使用率 アラートはLogicMonitorポータルで構成されます。

StackStormルールのLogicMonitorアラート構成

アラートをLogicMonitorからStackStormにルーティングできます。 これには、LogicMonitorポータルでデータソースを構成し、 使用率 アラート。 これにより、StackStormで作成したルールが関連するアクションを実行できるようになります。

を設定する 使用率 アラートには、インポートが含まれます SNMP_ファイルシステム_使用法 LogicMonitorExchangeからのデータソース。 このデータソースには、 使用率 DataPoint。

このデータソースを作成するときは、次の点に注意してください。

  • データソースは、StackStormがインストールされているコレクターまたはデバイスに適用する必要があります。
  • のアラートしきい値 使用率 DataPointはルールの設定に影響を与えます。

見る データソースの作成.

注意: この例では、以下を追加する必要があります snmp.conf Collectorがインストールされているデバイスにあるファイル:
extend diskstats /bin/cat /proc/diskstats
これにより、LogicMonitorはデバイスからディスクスペース使用量データを収集できます。

StackStormにアラートをルーティングするには、LogicMonitorポータルの受信者としてStackStorm統合を使用してエスカレーションチェーンを設定する必要があります。 これにより、このエスカレーションチェーンでアラートルールを追加できます。 使用率 DataPointからStackStormへ。 見る エスカレーションチェーン 影響により アラートルール.

StackStormアラート応答

StackStormがインストールされているデバイスの合計ディスク容量が、LogicMonitorポータルで構成したアラートしきい値に達すると、LogicMonitorはアラートをトリガーします。 このアラートはStackStormにルーティングされ、StackStormは、StackStormで構成したルールに基づいてアラートに応答するアクションをトリガーします。

StackStormがアラートを受信して​​応答するのを観察し、アクションの実行前後にデバイスのディスク容量を測定できます。

記事上で