シルバーピークオーケストレーションモニタリング

最終更新日: 02 年 2022 月 XNUMX 日

LogicMonitorのSilverPeak Orchestrator監視では、Orchestrator REST APIを使用して、Silver PeakSD-WAN展開と個々のSilverPeakアプライアンスを監視します。

Silver Peak デバイスの監視については、次を参照してください。 シルバーピークモニタリング.

互換性

LogicMonitorのSilverPeak Orchestratorパッケージは、Orchestrator RESTAPIバージョン8.3と互換性があります。

セットアップ要件

監視にリソースを追加する

Silver PeakOrchestratorとアプライアンスホストを監視に追加します。 監視にリソースを追加する方法の詳細については、を参照してください。 デバイスの追加.

資格情報を提供する

LogicMonitorには、OrchestratorとアプライアンスデバイスのデータについてOrchestrator RESTAPIをクエリするための適切な資格情報が必要です。 これらの資格情報は、読み取り専用の役割を持つユーザーアカウントに属している必要があります。

リソースにプロパティを割り当てる

次のプロパティは、LogicMonitor内のSilver PeakOrchestratorおよびアプライアンスリソースで設定する必要があります。

プロパティ 商品説明 必須
silverpeak.orchestrator.user
silverpeak.orchestrator.pass
Silver Peak Orchestrator RESTAPIのユーザー名とパスワード。 このアカウントには読み取り専用の役割が必要です。 Silver PeakOrchestratorデバイスとSilverPeakアプライアンスを監視するために必要です。
silverpeak.orchestrator.host Silver PeakOrchestratorデバイスのsystem.hostname。 Silver PeakOrchestratorによって管理されるSilverPeakアプライアンスを監視するために必要です。
silverpeak.orchestrator.logintype Silver Peak Orchestratorログインタイプの整数値:
  0ローカル(デフォルト)
  1RADIUS
  2 TACACS +
  3 OAuth
  4 JWT
  5 SAML
別のログインタイプを使用する場合は必須です。

移行

以前のSilverPeakパッケージは、VXOA REST APIとsilverpeak.userおよびsilverpeak.passクレデンシャルを使用して、個々のSilverPeakアプライアンスデバイスを監視していました。 最新のLogicModuleに移行する場合、silverpeak.orchestrator.user、silverpeak.orchestrator.pass、およびsilverpeak.orchestrator.hostのクレデンシャルを、Silver Peak Orchestrator RESTAPIをサポートするSilverPeakアプライアンスデバイスに適用する必要があります。

トラブルシューティング

  • Silver Peakアプライアンスデバイスの監視が欠落している場合は、Silver Peakアプライアンスデバイスに対してaddCategory_SilverPeak_Applianceを実行して、auto.silverpeak.applianceidプロパティを設定し、デバイス監視を有効にします。

パッケージ内のLogicModules

Silver Peak Orchestratorモニタリング用のLogicMonitorのパッケージは、次のLogicModuleで構成されています。 完全にカバーするには、これらすべてのLogicModuleをLogicMonitorプラットフォームにインポートします。

表示名 種類 商品説明
addCategory_SilverPeak_Orchestrator プロパティソース Silver PeakOrchestratorデバイスとして識別されるリソースのsystem.categoriesプロパティに値として「SilverPeakOrchestrator」を追加します。

「auto.silverpeak.orchestrator.statsinterval」を追加して、Orchestrator RESTAPIから統計データを取得するまでの時間を秒単位で指定します。
addCategory_SilverPeak_Appliance プロパティソース SilverPeakアプライアンスデバイスとして識別されるリソースのsystem.categoriesプロパティに値として「SilverPeakAppliance」を追加します。

「auto.silverpeak.orchestrator.statsinterval」を追加して、Orchestrator RESTAPIから統計データを取得するまでの時間を秒単位で指定します。

「auto.silverpeak.appliance」と「auto.silverpeak.applianceid」を追加します。これらは、Orchestrator RESTAPIへのデバイス固有の呼び出しを行うために使用されます。
addERI_SilverPeak_Orchestrator ERIソース SD-WANトポロジマッピング用のSilverPeakOrchestratorデバイスERIを追加します。
addERI_SilverPeak_Appliance ERIソース SD-WANトポロジマッピング用のSilverPeakアプライアンスERIを追加します。
SilverPeak_Orchestrator_トポロジー トポロジーソース Silver PeakOrchestratorトンネルのSD-WANトポロジをマップします。
SilverPeak_Orchestrator_Info データソース 一般的なシルバーピーク情報を監視します。
SilverPeak_Orchestrator_DiskUsage データソース モニターは、使用されたSilver PeakOrchestratorと空きディスク容量を集約します。
SilverPeak_Orchestrator_アプライアンス データソース OrchestratorレベルでSilverPeakアプライアンスを監視します。
SilverPeak_Orchestrator_Disks データソース OrchestratorレベルでSilverPeakアプライアンスディスクを監視します。
SilverPeak_Orchestrator_Tunnels データソース SilverPeakアプライアンス間のSD-WANトンネルを監視します。
SilverPeak_Orchestrator_Appliance データソース デバイスレベルでSilverPeakアプライアンスを監視します。
SilverPeak_Orchestrator_Appliance_Disks データソース デバイスレベルでSilverPeakアプライアンスディスクを監視します。
SilverPeak_Orchestrator_Appliance_Tunnels データソース デバイスレベルでSilverPeakアプライアンス間のSD-WANトンネルを監視します。

このパッケージによって追跡されるさまざまなメトリックに静的データポイントのしきい値を設定する場合、LogicMonitorはテクノロジ所有者のベストプラクティスのKPI推奨事項に従います。 必要に応じて、これらの事前定義されたしきい値を調整して、環境固有のニーズを満たすことをお勧めします。 データポイントのしきい値の調整の詳細については、を参照してください。 データポイントの静的しきい値の調整.

記事上で