MQ

最終更新日:16年2022月XNUMX日

LogicMonitorには現在、MQを監視するためのXNUMXつのデータソースがあります。

  1. AWS_MQ_Broker
  2. AWS_MQ_StandbyBroker

AWS_MQ_Broker

ソース:CloudWatch

データポイント:

  • バーストバランス
  • cpu使用率
  • 現在の接続数
  • 確立された接続数
  • ヒープ使用量
  • activateDurableTopicSubscribersCount
  • journalFilesForFastRecovery
  • journalFilesForFullRecovery
  • networkInBytes
  • networkOutBytes
  • openTransactionCount
  • storePercentUsage
  • totalConsumerCount
  • 合計メッセージ数
  • totalProducerCount
  • volumeReadOps
  • volumeWriteOps

デフォルトのポーリング間隔: 5分。

追加構成 必要ですか?:いいえ。このデータソースは、AWSアカウントで検出されたMQブローカーリソースに自動的に適用され、データの収集を開始します。

AWS_MQ_StandbyBroker

ソース:CloudWatch

データポイント:

  • バーストバランス
  • cpu使用率
  • 現在の接続数
  • 確立された接続数
  • ヒープ使用量
  • activateDurableTopicSubscribersCount
  • journalFilesForFastRecovery
  • journalFilesForFullRecovery
  • networkInBytes
  • networkOutBytes
  • openTransactionCount
  • storePercentUsage
  • totalConsumerCount
  • 合計メッセージ数
  • totalProducerCount
  • volumeReadOps
  • volumeWriteOps

デフォルトのポーリング間隔: 5分。

追加構成 必要ですか?:いいえ。このデータソースは、AWSアカウントで検出されたMQStandbyBrokerリソースに自動的に適用されてデータの収集を開始します。

記事上で