サポートセンターホーム


レッドシフト

LogicMonitorには現在、Route53を監視するためのデータソースがXNUMXつあります。

  1. AWS_レッドシフトクラスター
  2. AWS_RedshiftNodes

AWS_RedshiftCluster

ソース: クラウドウォッチ

データポイント:

  • CPU使用率
  • データベース接続
  • 健康状態
  • メンテナンスモード
  • NetworkReceiveThroughput
  • NetworkTransmitThroughput
  • PercentageDiskSpaceUsed

デフォルトのポーリング間隔: 1の時間(分)

追加の構成が必要ですか?: いいえ。このデータソースは自動的にRに適用されますエドシフト AWSアカウントでインスタンスが検出され、データの収集を開始します。

AWS_RedshiftCluster

AWS_RedshiftNodes

ソース: クラウドウォッチ

データポイント:

  • CPU使用率
  • NetworkReceiveThroughput
  • NetworkTransmitThroughput
  • PercentageDiskSpaceUsed
  • 読み取りIOPS
  • ReadLatency
  • 読み取りスループット
  • 書き込みIOPS
  • 書き込み遅延
  • 書き込みスループット

デフォルトのポーリング間隔: 1の時間(分)

追加の構成が必要ですか?: いいえ。このデータソースは自動的にRに適用されますエドシフト AWSアカウントでインスタンスが検出され、データの収集を開始します。

AWS_RedshiftNodes

記事上で